オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市包近町の劣化した陸屋根に発生したクラックの補修をご紹介します!


3362aacc53dc49a1020306903cb9af05-columns2
岸和田市包近町の雨漏り修理で前回、本宅と増築部の取り合いに壁設置や陸屋根の破損部をモルタルで補修した様子をご紹介しました。
M様邸は増築部の廊下に雨漏りが発生していて、原因は本宅と増築部の取り合いと陸屋根が防水処理されていなかったという見解で陸屋根をしっかりと防水処理することになりました。写真は陸屋根の破損部をモルタルで補修した様子です。
岸和田市包近町の陸屋根補修で防水層の壁設置
本宅の外壁の手前に防水層を立ち上げるための壁を設置した様子です。壁の部分がちょうど取り合いで、この下の天井に雨漏りしてました。
増築部の陸屋根の勾配が緩やかなこともあり、雨がこの取り合い部分に流れ込んでしまっているようでした。雨が流れ込んでも取り合いをきちんと防水していれば雨漏りをする可能性は低くなっていましたが、防水処理されていなかったので雨が直接建物内部に入ったようです。
岸和田市包近町の屋根の側面にクラック
増築部の陸屋根の側面にはクラック(ひび割れ)が数か所あり、屋根の軒先は割れて欠損していました。軒先部分は先にモルタルで補修しましたが、その他のクラックはエポキシ樹脂モルタルで補修します。
クラックは、髪の毛ほどの細いヘアークラック、大きなひび割れの構造クラックと呼ばれるものがあり、状態によって補修の仕方が変わります。
岸和田市包近町の屋根の側面に大きなクラック
M様邸のクラックは、写真のように大きくひび割れているものがほとんどで、軒先が割れて崩れ落ちたということも考慮し、エポキシ樹脂モルタルを充填し、しっかりと補修することになりました。
エポキシ樹脂モルタルは、主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用する補修材で、軽量で高強度(セメントモルタルと比較して相当の強度があります)なのが特徴です。
岸和田市包近の屋根のクラックカッター切
ここからはクラック補修の流れをご紹介します。
簡単に言うと、ひび割れの中にとても強い樹脂モルタル(補修材)を詰め込んで、ひび割れをくっつけて補修する作業です。樹脂モルタルを詰め込む際に、写真のようにひび割れ面がそのままの状態で詰めようとすると、樹脂モルタルがひび割れの奥まで達せず、中に空洞ができてしまいます。
岸和田市包近町のクラックカッター切完了
そのような状態にならないように、先にひび割れの面を電動工具でV字、もしくはU字にカットして広げてあげます。(写真はひび割れをV字にカットした様子です)
樹脂モルタルを詰める面が広くなると、奥までしっかりと充填することができ、なおかつ樹脂モルタルに厚みができるのでさらに強くなります。

岸和田市包近町の屋根のクラックの溝を刷毛で清掃
ひび割れをすべてカッター切りしたあと、カットする際に溝の中に溜まった粉塵を刷毛できれいに掃き出します。
補修する面が汚れたまま補修すると、樹脂モルタルがしっかりと密着せず、汚れと一緒に浮いたり剥がれたりする恐れがあるので、丁寧に掃除します。
岸和田市包近町の屋根のクラックの溝にプライマー塗布
溝の中をきれいに掃除した後、プライマーと言う接着塗料を塗布します。
プライマーはこの後に充填する樹脂モルタルをしっかりと密着させるためのもので、必須の工程です。強固な補修材を使用しても、それが補修面にきちんと定着しないと意味がありません。
岸和田市包近町の屋根のクラックを樹脂で補修
プライマーを塗りムラなくきちんと塗布した後、樹脂モルタルを充填し、ヘラを使って奥までしっかりと押し込みました。
岸和田市包近町の屋根のクラックを樹脂で補修
鉄筋コンクリートの防水補修では、バランスのいいエポキシ樹脂モルタルが最適の材料です。樹脂モルタルに厚みをもたせても、非常に軽量ですので建物に負担を与えません。
岸和田市包近町の屋根のクラックを樹脂で補修完了
クラックは、放置するとそこから雨が浸入し、雨漏りを引き起こすことがあります。それだけでなく、今回の増築部のように鉄筋コンクリート造の場合、浸入した雨が内部の鉄筋にまで達すると、鉄筋を錆らせ、膨張、膨れ、破損と徐々に症状がひどくなります。ですので、ひび割れが大きい場合はできるだけ早く補修することをお勧めします。

今回は、増築部の陸屋根のクラック補修をご紹介しました。
次回は陸屋根にウレタン樹脂塗膜防水を塗布して防水層をつくる工程をご紹介します。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747