オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市包近町の鉄骨の増築部からの雨漏りで陸屋根を防水します!


岸和田市包近町の増築部の屋根の勾配
岸和田市包近町で増築部の廊下が以前から雨漏りしているということで、先日雨漏りの現地調査にお伺いしました。
M様邸は木造の本宅に繋げて鉄骨造りで増築されていて、本宅と増築部の取り合いがきちんと雨仕舞できていなかったことと、増築部の陸屋根の勾配が緩いので、雨水の流れが悪くなり、雨漏りしていたとの見解で、陸屋根と取り合いを防水することになりました。工事の内容は、本宅の壁の前に新しく壁を設置し、その壁を巻き込みようにウレタン樹脂塗膜防水を施します。(ウレタン塗膜防水は後程詳しくご説明します)
岸和田市包近町の廊下の雨漏り現調
増築部の廊下の天井二カ所から発生した雨漏りの状況です。
天井から浸入した雨は壁を伝い、床にまで達していました。
水分を含んだことで、クロスがめくれてきているので、長い間、雨漏りの心配をされていたと思います。
岸和田市包近町の増築部の取り合いに穴が空いています!
黒い壁が木造本宅の壁で、水平方向に広がるのが鉄骨の増築部の陸屋根です。
本宅の壁と陸屋根の取り合いが防水処理されておらず、壁には穴が空いていました。これでは、陸屋根の勾配が緩いので、本宅側に流れてきた雨がどんどん建物の内側に入ってきてしまいます。
岸和田市包近町の陸屋根応急処置
増築部の陸屋根の先の方から半ばくらいまでビニールのシートをかけて応急処置をされていました。
屋根の先のコンクリートが劣化し、割れ落ちて大きく欠損していたので、そこから雨が浸入しないようにと保護されていました。
岸和田市包近町の陸屋根の欠損
シートを撤去すると、屋根の軒先から軒天井にかけて、コンクリートが割れ落ちて木の下地が見えていました。
シートをかけずにいると、ここからも雨が浸入していたでしょう。
岸和田市包近町の陸屋根の欠損
反対側も同じように欠損していました。
周りにもひび割れが見られますので、割れが広がる恐れがあるので補修を行います。
今回は、陸屋根に防水層をつくる工事をしますが、屋根の側面も防水を巻き込むので、先に欠損部分をモルタルで復旧します。
岸和田市包近町の陸屋根の劣化したコンクリート
割れた部分を補修する前に、周りの劣化している部分を叩いて落としました。割れた部分の周りは同じように弱くなっていることが多く、そのまま補修しても弱い部分が残っているので、また同じことになりかねません。ですので、傷んでいる部分を先に取り除くことが重要です。
岸和田市包近町の陸屋根の補修で下地設置
割れた部分にモルタルを塗って補修するので、大工が下地を設置しています。この上にモルタルを塗ります。
一回塗りでは復旧できないので、二日に分けてモルタルを塗り重ねます。
岸和田市包近町の陸屋根補修で防水層の壁設置
増築部の陸屋根と本宅の壁の取り合いをしっかりと防水するために、本宅の壁際に新しく壁を設置しました。
陸屋根からこの立ち上がりの壁を包み込むようにウレタン樹脂塗膜防水を施して、防水層をつくります。
ウレタン樹脂塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布して防水層をつくる防水の種類です。その樹脂が固まるとゴム状で弾力のある、継ぎ目のない防水層が出来上がります。
岸和田市包近町の劣化した陸屋根を補修
陸屋根の欠損していた箇所に木材で下地を設置し、上からモルタルを塗り補修しました。
屋根の下端の端部にモルタルで立ち上がりの水切り(雨水が建物内部に浸入するのを防ぐ部分)をつくるので、乾いてから型枠を設置して再度モルタルを塗って仕上げます。
岸和田市包近町の劣化した陸屋根の下端仕上げ
先に塗ったモルタルを乾かすのに一日空けました。
下端の端部にモルタルで水切りをつくるので、その型枠を設置しています。特殊な金具で型枠を挟み込んで固定します。
岸和田市包近町の劣化した陸屋根の下端水切り設置
型枠の隙間にモルタルを詰めて水切りを作ります。
側面や下端にもモルタルを塗って、コテで均してきれいに仕上げます。
次は屋根の側面のクラック(ひび割れ)補修をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747