オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市包近町の雨漏り修理で陸屋根をウレタン樹脂塗膜防水します!


岸和田市包近町の屋根のクラックの溝にプライマー塗布
岸和田市包近町の雨漏り修理で前回、増築部の陸屋根のクラック(ひび割れ)補修をご紹介しました。今回は陸屋根のウレタン樹脂塗膜防水工事をご紹介します。写真はクラックを補修している時の様子で、エポキシ樹脂モルタルという軽量で高強度の補修材を用いてきちんと補修しました。
岸和田市包近町の屋根のクラックを樹脂で補修
防水工事や塗装工事などでは、先に建物の傷んだところを修理する必要があります。下地となる部分が傷んだまま防水や塗装を行っても、下の部分がきれいになった訳ではないので、いずれまた劣化の症状が出てしまいます。せっかく工事をするなら、大切な家を守るためにも、傷んでいる元からきれいにしないともったいないですね。
今回の防水工事では、先に破損した屋根やクラックの補修をきちんと行いましたので安心ですね。
岸和田市包近町の増築部の屋根の勾配
M様邸は本宅と増築部の取り合いから雨漏りが発生していて、それは、取り合い部分が防水処理されていなかったことが原因だという見解です。
写真手前の増築部の陸屋根の勾配が緩やかで、雨が降った時に雨水が本宅の方に流れてしまっている状態でした。
3534ed8bfa1aeaa112574bac479586b9-columns2
本宅との壁の取り合いがきちんと防水処理されていれば、雨水が流れ込んだ時の雨漏りのリスクが少なくなっていましたが、全く防水されていなかったので、雨が直接建物内部に浸入したと思われます。
今回、防水を本宅と増築部の取り合いの壁に立ち上げることになったので、防水のための壁を新しく設置しました。
では、ウレタン樹脂塗膜防水工事の流れをご紹介します。
ウレタン樹脂塗膜防水は、ウレタン塗膜防水材を二回塗布し、防水膜を形成して、上からトップコートをかけて防水層を保護する方法です。
岸和田市包近町の陸屋根にカチオンクリート塗布
先に、防水を施す箇所をきれい清掃し、汚れなどを落とします。その後に、カチオンクリートという下地調整材を防水面にしごき塗りします。写真は新しく設置した取り合い部分の壁にカチオンクリートを塗っている様子で、この壁に防水層を立ち上げます。壁と陸屋根の取り合いは雨漏りしやすいので先にコーキングを充填して防水しました。
岸和田市包近町の陸屋根にカチオンクリート塗布
陸屋根面にもカチオンクリートをしごき塗りし、屋根の側面も防水層を巻き込むので同じようにカチオンクリートで下地を調整しました。
防水面の汚れ・大きな不陸がある・割れているなど、下地の状態が悪いまま防水すると、防水の機能が果たせない場合があるので、傷んでいる箇所を補修し、尚且つ下地をきちんと調整することも大切です。
岸和田市包近町の陸屋根にカチオンクリート塗布
カチオンクリートしごき塗りが完了した様子です。
コンクリートの素地がそのままで、ザラザラとしていた陸屋根の表面に、耐久性のある下地ができました。

岸和田市包近町の陸屋根にプライマー塗布
続いてプライマーと言う接着剤のような透明の塗料を全体的にムラなく塗布します。
プライマーはこの後に施工するウレタン樹脂をしっかりと密着させるためのもので、必須の工程です。
岸和田市包近町の陸屋根にプライマー塗布
新しく設置した立ち上がりの壁、側面にもまんべんなく塗布します。
プライマーに塗りムラがあると、剥がれの原因になるので丁寧に塗布します。
岸和田市包近町の陸屋根にウレタン樹脂塗布
プライマーを塗った後、立ち上がりの壁から順にウレタン樹脂(青色)を塗布します。
液体状のウレタン樹脂は時間が経つと硬化してゴム状で弾性のある防水膜ができます。
岸和田市包近町の陸屋根にウレタン樹脂塗布
陸屋根面にも広げて塗布します。
ウレタン樹脂は液体状ですので、様々な形状の場所で使用でき、継ぎ目のない一体性のある防水層を形成できます。
ウレタン塗膜は合計二回塗布します。
岸和田市包近町の陸屋根の側面にウレタン樹脂塗布
一回目の塗布後、しっかりと乾いてから二回目を塗布します。陸屋根の側面にも丁寧に塗布します。
岸和田市包近町の陸屋根の側面にウレタン樹脂塗布
屋根の側面の様子です。
ここは、劣化で大きなひび割れが多数あったので、防水層で包んであげると防水に加えてひび割れも発生しにくくなります。
岸和田市包近町の陸屋根の側面にウレタン樹脂二回目塗布
新しく設置した本宅との取り合いの立ち上がりの壁にもウレタン樹脂の二回目を塗布しています。
二回塗布することで厚みのある防水層ができます。
岸和田市包近町の陸屋根の側面にウレタン樹脂二回目塗布
ウレタン塗膜防水は乾いて固まると、ゴム状で弾力のある防水膜ができます。塗膜が薄いと劣化しやすくなるので、必ず所定の材料使用量を守り、なおかつ均等に塗布します。
岸和田市包近町の陸屋根にトップコート塗布
ウレタン樹脂塗膜防水は、紫外線に弱い性質を持っているので、表面にトップコートを塗布して防水層を保護する必要があります。写真のグレーがトップコートで、防水で使用されるトップコートの色はグレーが多いです。
陸屋根やベランダの防水ではウレタン樹脂塗膜防水が施されている場合が多く、定期的にトップコートの塗り替えを行うことで防水性能を延ばすことができ、長い目で見るとメンテナンス費のコスト削減にもなります。


岸和田市包近町の陸屋根にトップコート塗布完了
取合の壁の立ち上がりもトップコートを塗布しました。
岸和田市包近町の陸屋根にトップコート塗布完了
陸屋根の側面もトップコートで保護しました。
岸和田市包近町の陸屋根にトップコート塗布完了
陸屋根は勾配のある三角屋根に比べて水はけ・排水が弱いため防水処理をしっかりする必要があります。
ウレタン樹脂塗膜防水は液状のため、継ぎ目がなく施工できるので、屋上に手すりの基礎があったり複雑な形状にも適しています。トップコートが劣化し、下にある防水層が傷む前にトップコートを塗り替えると長持ちするので、メンテナンス性にも優れており、ベランダなどの防水に多く用いられています。
後日、強い雨が降った時に雨漏りしていなかったので、雨漏り修理及び陸屋根防水工事が完了となりました。

もしあなたも、陸屋根やベランダの防水や、止まらない雨漏りなどでお困りでしたらまずはお気軽にご相談ください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747