泉大津市の外構フェンスや屋根と外壁の塗装の調査も行いました


泉大津市のY様より「台風21号で外構のフェンスが倒れてカーポートの屋根も飛んでしまったんです。そろそろ屋根と外壁の塗装もしないといけないので、両方とも見積もりをお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
泉大津市の台風被害のご相談です
Y様邸はカラーベストの屋根で、外壁はサイディングパネルです。

カラーベストの劣化症状である、色褪せや苔の発生、また外壁の劣化の症状であるパネルの継ぎ目のシーリングの剥離、チョーキングなどが見受けられたので、フェンスなどの被害箇所の復旧と同時に塗装リフォームも行うことになりました。

台風被害箇所の調査状況

泉大津市のフェンスが飛散しています
Y様邸は家の周りに建物が建っておらず、外構にブロックを積み、その上に目隠しフェンスを設置されていました。
台風21号の風の向きによって、玄関側と右側のフェンスが写真のように倒壊・飛散していました。
玄関側のフェンスはパネル部分がズレたり一部の破損でしたが、右側はパネルがすべて飛んでしまい、柱だけが残っている状態でした。
ロープを張って養生されていましたが、防犯面でも心配です。
泉大津市のカーポートの屋根がすべて飛散
カーポートの平板は全て飛散していました。

飛散物の影響で、本体にも傷がついていましたが、火災保険の適応の範囲内で平板を復旧する方法をとることになりました。
カーポートの平板は強風が吹いたときに、一定の風速を超えると外れる仕組みになっています。平板が外れないと本体に荷がかかりすぎて、本体が倒壊してしまうからです。
泉大津市の呼び樋が飛散しています
2階の屋根の呼び樋も飛散していました。

呼び樋とは軒樋(横方向の雨樋)から流れてきた雨水を竪樋(縦方向の雨樋)に送る斜めに渡した短い樋のことです。
呼び樋が飛んでしまったので、雨の時はここから大量の雨水が漏れてくることになります。
屋根の高い位置にありますので、落ちた時にバシャバシャと大きな音をたてるでしょう。
泉大津市の竪樋も飛散しています
飛散した呼び樋につなげられていた竪樋も外れて無くなっていました。

樋は通常はあまり気にすることはないかもしれませんが、いざ無くなると、雨降りの時に音が気になったり、落ちてくる雨の影響で地面が削れたり、外壁や土台を傷める原因になってしまいますので、必ず修理が必要です。

塗装リフォームの調査状況

泉大津市の屋根の塗装もお考えです
冒頭でお伝えしましたがY様邸はカラーベストの屋根です。

カラーベストは、屋根材メーカーのケイミュー株式会社が製造・販売している屋根材のことです。セメントや繊維質を主に補強されて圧縮形成されており、「スレート」「平型スレート」「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。
一般的な陶器瓦よりも軽量で、色も多数ありますので住宅に合わせて施工可能です。
泉大津市の屋根に苔が生えています
カラーベストは経年で劣化すると、外気の影響で色褪せや苔の発生、反りや割れなどの症状が出てきます。
また、カラーベストそのものには防水性がないので、表面に塗装を施して防水しています。塗膜は永久的ではないので、それらの劣化の症状を抑えるために10年を超えてくると塗装によるメンテナンスが必要とされています。


泉大津市の外壁がチョーキングを起こしています
外壁はサイデイングパネルです。

サイディングとは、パネル状の外壁材のことで、カラーベストと同様に、素材自体に防水性がないため表面を塗装して防水性能を確保しています。
表面の塗膜が劣化すると、塗膜が粉状になって剥がれてくる「チョーキング」という塗膜の劣化症状が出てきます。(チョーキングを起こしにくい塗料もあります)
Y様邸の外壁もチョーキングを起こしていました。
泉大津市の外壁のシーリングが傷んでいます
サイディングの外壁は長い板状のパネルを張り合わせて施工しています。しのためパネル同士の継ぎ目に必ず隙間ができますので、そこから雨水が入らないようにシーリングという防水材を充填して防水しています。
シーリングを充填した当初は弾力があり密着していますが、紫外線などの影響で硬くなってひび割れたり断面から剥離してきます。
泉大津市の外壁のシーリングがほとんど残っていません
Y様邸のシーリングはかなり劣化が進んでいて、剥がれてほとんど残っていない状態でした。
シーリングが割れたり剥がれてくると、そこから雨水が浸入してサイディングの内側に廻ることがあります。サイディングの表面は塗装により防水処理されていますが内側は水分を含んでしまいますので、濡れたり乾いたりを繰り返すうちにサイディングが反ってきてしまいます。また、壁の内側に入りこんだ雨水が部屋内にまで浸入し、雨漏りすることもあります。
泉大津市の窓周りのシーリングも傷んでいます
シーリングは建物の至る所で使用されています。
窓周りや庇の周り、換気フードの取り合いなど防水が必要な箇所には必ず充填されています。
窓周りのシーリングは、外壁との隙間を埋めて防水する重要な役割がありますので、そのシーリングが傷むと雨漏りに直結する危険性があります。
シーリングも劣化するので塗装と同じく打ち替えなどのメンテナンスをしないといけません。
シーリング工事には足場が必要になりますので、塗装リフォームで足場を建てた時に一緒にメンテナンスすることがほとんどです。また、外壁を塗り替えただけでシーリングがそのままだと、せっかく塗装をしたのに建物の防水性能が維持できません。
今回は、台風被害箇所の復旧、シーリング打ち替え、屋根・外壁の塗り替えを行うことになりました。

次は外壁のシーリング打ち替えの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市で屋根足場を建てました

和泉市U様邸のテレビのアンテナの立て直しや雨樋交換工事の様子をご紹介します。U様邸は台風で屋根に設置しているテレビのアンテナが倒れて、下にある軒樋にぶつかって割れてしまいました。アンテナは倒れましたがテレビは映っているとのことで、立て直して...........

和泉市の屋根が急こう配で上がれません

和泉市の化粧スレートの差し替え工事です。U様邸は台風で2階の天窓から雨漏りが発生し、アンテナの倒壊や樋の破損などの被害がありました。

和泉市の雨漏りなどのご相談

和泉市にお住いのU様より「台風でテレビのアンテナが倒れて樋に刺さって穴が開いたんです。ベランダの樋からも水が漏れてて、天窓から雨漏りもしてるので調査に来てもらえますか?」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747