オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました


工事のきっかけ

岸和田市で行ったベランダ防水工事の施工事例です。

トイレの天井やその周辺で以前から雨漏りしていたそうですが、最近の雨でひどくなってきたので、雨漏りの調査のご依頼をいただきました。雨漏りしているトイレの上にはベランダがあり、確認すると、ひび割れがいくつも発生していたのでベランダをウレタン防水し、防水性を向上させました!

岸和田市 雨漏り修理,防水工事

ビフォーアフター

before
岸和田市のベランダ防水前
horizontal
after
岸和田市のベランダ防水後

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理,防水工事
施工期間
5日間
使用材料
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
施工内容その他
築年数
約42年
保証年数
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
建坪
約17坪
ハウスメーカー
岸和田市の雨漏り修理に伴うベランダ防水工事のご紹介です。

「以前から雨漏りしてたんですが、最近の雨でひどくなってきたので雨漏りの調査をお願いできますか?」
というご相談をいただき、雨漏り調査にお伺いしました!

岸和田市の雨漏り現地調査
岸和田市N様邸は木造・2階建ての住宅です。

雨漏りしているのは写真に写っているベランダの下にあるトイレの天井とその周辺です。

まずは、雨漏りしているトイレなどを確認させていただきました。

岸和田市N様邸の雨漏り調査の様子

街の屋根やさん岸和田店の雨漏り修理

雨漏り調査では、お家の中に入らせてただき、雨漏りしている部分を確認させていただかないといけません。

お部屋のどの位置で雨漏りしているか確認させていただくと、雨水がどれくらい入っているか、どこが原因なのかおおよその検討が付きますので、それから調査を行った方が原因をつきとめやすいからです。


 雨漏りについて詳しくご説明した記事です 

岸和田市の雨漏り現地調査中
岸和田市にお住いのN様邸の雨漏り調査でも、まずは雨漏り箇所から確認させていただきました。

手前にキッチンがあり、奥にトイレとお風呂があります。
キッチンとの取り合いの垂れ壁(天井から下がった短い壁)の開口枠に雨漏りの形跡がありました。


岸和田市の開口枠の雨漏り
開口枠を近くで確認すると、両端が白っぽくなっていることが分かるかと思いますが、これが雨漏りの跡です。

お話をお聞きすると、枠から雨水がポタピタと落ちてくるそうで、最近入る雨の量が増えてきたので「何とかしないと!」と、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

岸和田市のトイレの天井の雨漏り
雨漏りが一番ひどいのは、キッチンの奥にあるトイレの天井で、雨が降ると必ず雨漏りする状況です。

天井の仕上はクロスでしたが、水が廻ったことで接着力が低下して剥がれてきていました。
雨漏りは、その時の風向きや雨の量によって発生する時としない時があり、中には「大雨の時に一度だけ雨漏りしてその後は止まっている」という事例もあります。

N様邸のように一定の雨が降るたびに雨漏りする場合は、出来るだけ早めの処置が必要です。



岸和田市のトイレの建具に濡れた跡
トイレの天井から流れてきた雨水がドアまで達して、ドアの表面が剥がれてきていました。

このドアは、プリントした化粧板を貼って仕上げているので、クロスと同様に水が廻ったことで接着力が低下して剥離している状態です!

繰り返す雨漏りを修理しないままでいると、本来は修理しなくていい部分が傷んで費用がかさんでしまうことがあります。早めの処置が修理費用を抑えることに繋がりますので、異変を感じたらできるだけ早めに相談しましょう。

岸和田市のお風呂場の天井の雨漏りの可能性
トイレの奥にあるお風呂場にも雨漏りの形跡がありました。

天井に水が廻り苔が生えています!
在来のお風呂には換気扇が無いことが多く、湿気がこもりやすいので写真のように苔が生えることがありますが、N様邸は上にあるベランダから雨水が入り、内部に湿気が溜まって苔が生えているという見解です。

お風呂場の天井は塗装されているので、上から入った雨水が塗膜によって遮られ、排出されにくく、湿気が滞在している可能性がありました。


岸和田市の雨漏り調査
室内の雨漏りの状況を確認した後、雨漏りの原因を探るため、外部の調査を行いました。

雨漏りは必ずしも屋根が原因とは限りません。
例えば外壁のひび割れや、窓周りなどの開口部、ベランダやバルコニーからも雨水は浸入します。

N様邸の雨漏りはトイレの天井ですので、天井よりも高い位置に雨漏りの原因があります。
トイレとお風呂場の上にはベランダがあり、そこに雨漏りの原因がある可能性が高いので一番初めに調査を行いました。

岸和田市のバルコニーに大きな亀裂あり
岸和田市N様邸のベランダは防水層の上に保護塗料を塗っている形状でしたが、
床や立ち上がり壁にひび割れがいくつも発生していました。

ベランダやバルコニー、屋上などは外部に面しているので必ず防水処置されていますが、
その防水が傷むと内部に雨漏りしてしまいます!

表面の保護塗料だけのひび割れなら雨漏りしませんが、下に控えている防水の要の防水層まで
割れてしまうとたちまち雨漏りしてしまいます・・・・!
N様邸はベランダの下のトイレやお風呂場の天井で雨漏りしていますので、
ベランダの防水が傷んだことが原因で雨漏りしている可能性が高いという見解で
ベランダを防水するご提案をさせていただきました。


 ベランダ防水について詳しくご紹介した記事はこちら 

岸和田市のバルコニーに大きな亀裂あり
N様邸のベランダの周囲には鉄製の手すりが設置されています。

手すりを確認すると、支柱の根元部分にもひび割れが発生していました。

手すりは立ち上がり壁の天端に穴を開けて設置されていますので、取り合い部にひび割れが生じると、雨水が内部に浸入しやすくなってしまいます!

雨漏り調査で、雨漏りの原因の可能性が一番高いのはベランダの防水が傷んでいることだという判断で、
ベランダを防水するご提案をさせていただき、後日ベランダの防水工事を行いました。

ご提案させていただきたのは「ウレタン防水」です。

まずはウレタン防水について分かりやすくお伝えしていきますね!

ウレタン防水ってどんな防水のこと?

ウレタン防水とは
ウレタン防水とは「ウレタン樹脂」という液体状の防水材を防水面に塗布して防水層をつくる防水工法です。

ウレタン防水材は液体状ですが、時間が経過するとともに硬化して(化学反応により固まります)最後には雨水を通さない弾力のあるゴム状になります。
液体状の防水材なので、立ち上がり壁から床面にかけて継ぎ目なく施工することができますし、段差がある部分や複雑な箇所にも塗装により対応できるのが最大の特徴です!また、メンテナンスの時に既存の防水の上に重ね塗りができるという利点も!(既存の防水を剥がさなくてもいい為、施工費や撤去・処分費用がい抑えられます)

ウレタン防水には「密着工法」と「通気緩衝工法」がありますが、岸和田市N様邸でご提案したのは密着工法です。

それでは、岸和田市N様邸のベランダ防水工事の様子の様子をご覧ください!

岸和田市のバルコニー清掃中
  ケレン作業  

ケレン作業とは、塗装面についた汚れや古い塗膜、錆などを落とす作業のことです。

スクレーパーという大きなヘラのような工具を使用して、ベランダの表面の剥がれかかった塗膜やこびりついた汚れなどをそぎ落としました。

岸和田市のバルコニー清掃中
  清掃作業  

ケレン作業により剥がした塗膜や汚れ、また、ベランダにつもったほこりなどをきれいに掃除して防水を施す準備を行いました。

防水面となるベランダに汚れなどが付着したまま防水すると、防水層に間に汚れが挟まることになるのでうまく密着しません!健全な防水層を形成するために、下地をきれいに整えることから始まります。


岸和田市のバルコニーのクラック補修
  ベランダの躯体補修(くたいほしゅう)

「躯体補修」と聞くと、難しい響きですが、簡単にお伝えすると「傷んだ部分の補修」です。

防水する前に床面や立ち上がり壁に発生しているひび割れを補修していきます。

ひび割れの補修にはシーリングを用いるのですが、シーリングをしっかりと密着させるためにシールプライマーを塗布しました。

岸和田市のバルコニーの立ち上がりクラック補修
ベランダの床面や、立ち上がり壁に発生したひび割れにシールプライマーを塗布します。

シールプライマーとは接着効果がある塗料で、シーリングをよりしっかりとくっつける役割があるため、シーリング工事には欠かせません。
透明の塗料ですし、シーリングを充填すると見えなくなりますが、シーリングの耐久性を保つためにも必要な工程になります。

岸和田市のバルコニーの立ち上がりクラックにシーリング充填
ひび割れにプライマーを塗布した後、シーリングを充填しました。

シーリングはこの後に行うウレタン防水との相性がいい、ウレタン系のシーリング材を使用しています。
ウレタン系のシーリングは耐久性・防水性に優れていて、コンクリートや
モルタルのひび割れを補修する際に最適ですが、紫外線に弱いので、充填後に塗装が必要です。
(今回は上にウレタン防水を施工します)

岸和田市のベランダ防水で手すりの支柱を防水
ベランダの周囲に設置されている鉄製の手すりの支柱の根元にもシーリングを充填してしっかりと防水しました。

手すりの支柱との取り合い部は雨漏りの弱点になりやすいので、先にシーリングで防水して防水性を向上させています。

※鉄製の手すりは内部に水が溜まって雨漏りしやすいので、ベランダを防水するタイミングで防水性の高いアルミ製の笠木付き手すりに交換される方も多いです。

笠木とは・・立ち上がり壁の天端の仕上のこと


岸和田市で使用したカチオンフィラー
  ベランダの下地調整  

ベランダにウレタン防水を施工する前に下地を調整します。

どんなにいい防水材を使用しても下地の状態が悪いと長持ちしないので、新たに下地を形成する工程です。

今回は「カチオンフィラー」という下地調整材を使用しました。

岸和田市のバルコニーにカチオン塗布
カチオンフィラーをベランダの床面や立ち上がり壁(防水を施す部分)に塗布して新しい下地を形成します。

カチオンフィラーとはコンクリートやモルタルなどのあらゆる下地に対して高い接着力を発揮して
下地と一体化するので、薄塗でも新しい下地を形成することができます。

また、施工後の肉痩せも少ないので、平滑な下地を形成しやすく、作業性も良好!
薄塗でも健全な下地を作ることができるので建物に重量的な負担を掛けないですむので安心です。

岸和田市のバルコニーにプライマー塗布
  プライマーの塗布  

カチオンフィラーで新しい下地を形成した後、しっかりと乾燥させてからプライマーを塗布しました。

上記の躯体補修でお伝えしたのはシーリング専用のプライマーでしたが、ここではウレタン防水と相性のいい専用のプライマーを使用しています。

岸和田市のバルコニーにプライマー塗布
立ち上がり壁や床面全体にプライマーを塗布しました。

プライマーが薄塗りだったり、塗り残しがあるとその部分だけ接着性が弱くなり防水層が浮いたり剥がれる原因になるので、ローラーにたっぷり染み込ませて丁寧に塗布しました。

繰り返しお伝えしますが、プライマーはこの上に施工する防水層をしっかりと密着させるための工程なので、必ず行わないといけません!

岸和田市のバルコニーにウレタン樹脂塗布
  ウレタン防水材(ウレタン樹脂)の塗布  

プライマーを塗布した後、いよいよベランダ防水工事の本番です!
立ち上がり壁から床面にかけてウレタン防水材(ウレタン樹脂)を塗布しました。
立ち上がり壁の天端まで防水層を築くのでベランダ全体が防水層で覆われます!
また、継ぎ目が全くないので防水性が高い防水工法になります。

ウレタン防水を施工する際の注意点は「塗膜の厚みを均等に付ける」という点です。
塗膜の厚みに差があると、へこんだ部分に水たまりができていまい、劣化も早く進む危険性があるからです。

岸和田市のバルコニーにウレタン樹脂塗布
塗膜には既定の厚み(約3mm)が必要なので、初めに塗布した塗膜(ウレタン防水1回目)を乾燥させてから2回目を塗布して塗膜に厚みをもたせました。

ベランダ全体を防水層で包み込んだので、雨水が入る心配はありませんが、ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、このままではすぐに劣化が始まってしまいます。
ウレタン樹脂を紫外線から守るためには表面に保護塗料を塗って仕上げないといけません!

岸和田市のバルコニーにトップコート塗布
  トップコート(保護塗料)の塗布  

ウレタン樹脂を乾燥させた後、トップコートを塗布します。

トップコートは一番上に塗る塗料のことで、防水層を紫外線から守る役割がありますが、あくまでも保護する塗料ですので防水性はありません。トップコートの風化が進んでひび割れたり剥がれることがあると、防水層が紫外線に晒されるので傷んでしまいます。そうなる前に5年に一度の目安で(使用しているトップコートによって異なります)トップコートの塗り替えをして防水層を長持ちさせましょう。

岸和田市のベランダ防水完了
  岸和田市N様邸のベランダ防水完了です! 

防水工事の際に仮撤去してた洗濯物を干す物干し台のコンクリートを元の位置に戻しました。
防水層が傷付かないように、下にゴムのシートを敷いてから設置したので安心です。

ベランダ防水後は、繰り返していた雨漏りがようやく止まったとのことで、
お喜びいただき、安心してお過ごしいただいているとのことです。


 お住いを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要です!

岸和田市N様邸のベランダ防水に関する現場ブログは下記のリンクよりご覧になって下さい!


 ベランダ防水の下地調整はこちら  ➡ 岸和田市の雨漏り修理でベランダをウレタン防水します!

 ベランダ防水のウレタン樹脂の塗布はこちら  ➡ 岸和田市のバルコニー防水でウレタン樹脂を塗布!

街の屋根やさん岸和田店について

街の屋根やさん岸和田店の雨漏り調査について
街の屋根やさん岸和田店は雨漏りの無料調査、お住いの無料調査を実施しています!(※散水試験は別途費用が必要です)

「天井裏からポタポタと雨音がする」
「天井に雨染みがついている」
「窓枠から雨水が落ちてくる・・・」

など雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談くださいね!
  街の屋根やさん岸和田店のお住いの無料調査について  
ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません

お電話でのご相談(9時~19時まで受け付け中!) 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談(24時間受付中!) お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案(コロナが心配な方へ・・!) オンラインで無料点検!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

和泉市で行ったベランダのウレタン防水工事の様子をご紹介します。K様邸は鉄筋コンクリート造の2階建ての住宅で、1階と2階のお部屋で雨漏りしていました。1階で発生した雨漏りを止めるために真上に設置されているベランダを防水するご提案をさせていただ...........

和泉市のベランダの汚れをデッキブラシで掻き出します

和泉市の皆さま、いつも街の屋根やさん岸和田店の現場ブログをご覧いただきありがとうございます。皆さまのお家にはベランダが設置されていますか?そのベランダは定期的にメンテナンスされていますか?ベランダは外部に設置されていますので、防水処置しない...........

街の屋根やさん・ベランダの防水について

和泉市で不要になったサンルームの撤去をご検討されている方はおられますか?サンルームとは屋根や開口部をガラス張りにして太陽光を取り込むことができるようにしたお部屋のことです。「サンルームに洗濯物を干したいな」「サンルームで植物を育てたい」など...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747