オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の応急処置した屋根の修復工事で袖瓦をビスで固定しました


和泉市のK様の初めのご相談は「台風で屋根の瓦が飛散してテープを貼って応急処置してるんですが、工事が先になるなら心配なのでしっかりと応急処置してもらえませんか?」というものでした。
ブルーシートで応急処置させていただき、工事に至ります。
和泉市の瓦がめくれています
屋根の被害状況です。

K様邸は和瓦で、台風21号で地瓦がめくれ上がって飛散やズレなどの被害に遭いました。
屋根を応急処置する前に写真を撮っていただいていたので大変参考になりました。

地瓦とは屋根面で使用する瓦のことです。
和泉市の瓦を並べてテープで処置
屋根の応急処置状況です。

台風の時に雨漏りしたのでご自身で瓦を並べ直してテープを貼って応急処置されていました。
和泉市の棟の両側でしっかりと押さえました
「工事がだいぶ先になるなら、雨でテープが剥がれたら心配なのでシートできちんと応急処置してもらえませんか?」とご相談があり、ブルーシートと土のうで応急処置させていただきました。
和泉市の養生を撤去
工事で必要な部分足場を設置しました。
これで、職人が安全に上り下りでき、作業効率も上がります。
まずは屋根に施していた応急処置のブルーシートを撤去しました。
和泉市の屋根にガムテープの跡が残ります
続いて、瓦を固定していたガムテープを剥がしました。
慎重に剥がしてもテープの跡が残ってしまいます。先にお伝えしましたが、屋根の上は見えないので大丈夫、とのことでご了承いただきました。
和泉市の動いていた瓦をめくりました
続いてめくれ上がって動いていた瓦を仮撤去しました。

土葺きの屋根は瓦の下に粘り気のある葺き土を載せてそこに瓦を押し付けて密着・固定しています。
動いていた瓦の下の葺き土は残ってはいましたが部分的に少なくなっている箇所がありました。
和泉市の屋根に新しい葺き土を使用します
良く練りこんだ葺き土を用意し、バケツに入れて少しづつ屋根の上に運びます。

和泉市の屋根に葺き土を載せて瓦を復旧
新しい葺き土を載せてめくれ上がった瓦を復旧していきます。
葺き土が痩せたまま瓦を復旧してもただ載せているだけになりますので、このように土を足してしっかりと密着させます。

和泉市の瓦をしっかりと密着・固定
土を足しながら順番に瓦を重ねて復旧・固定していきます。

幸い、めくれた瓦が屋根の上にほとんど残っていたので、再利用させていただきました。
和泉市の軒先の瓦が割れています
軒先の瓦が1枚割れていたので新しい瓦と差し替えます。
和泉市の軒先の瓦を復旧
割れた瓦を撤去して、新しい瓦と差し替えました。
和泉市の袖瓦の取り合いの漆喰がボロボロです
屋根の三角になった面の端にある袖瓦は風や地震の影響で動きやすいので、今後のことを踏まえて補強することになりました。袖瓦に電動ドリルで穴をあけて、木下地に向かってビス留めします。
K様邸の屋根は袖瓦と地瓦の取り合いに漆喰を詰めて補強されていましたが、劣化してボロボロに剥がれてきていました。今回は、抜けにくいビスで固定します。
和泉市の袖瓦はビス留めしました
袖瓦をビス留めし、ビス頭から雨水が入らないようにコーキングを充填して防水しました。
1枚1枚ビスで留めていますので、以前よりも飛散しにくくなりました。
和泉市の瓦復旧完了
瓦の復旧完了です。

屋根面に施工している地瓦は、雨水が流れ落ちる経路あたりますので、その部分が割れると雨水が瓦の内側に流れ込んで雨漏りする可能性が高くなってしまいます。地瓦が1枚割れただけでも雨漏りした事例もございます。

もしあなたも、屋根のことで気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747