オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市で台風で瓦がめくれてベランダの下のお部屋に雨漏りが発生


泉南市のM様より「台風で瓦がめくれて雨漏りもしてるので点検してもらえませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
和泉市のスレート屋根と瓦屋根
M様邸は土葺きの瓦屋根と化粧スレートの屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根のほうで、雨漏りしているのはスレートの建物のベランダの下のお部屋です。瓦屋根の方は、強風で瓦がめくれ上がって屋根の上に散らばっている状態でした。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられました。雨漏りはベランダの防水が傷んでいることが原因の可能性が高いので屋根修理と同時にベランダ防水も行います。また、屋根・外壁の塗装も行うことになりました。
和泉市の瓦がめくれています
台風被害に遭った瓦屋根です。
台風の強風で瓦がめくれ上がり、飛散した瓦が屋根の上に散らばっていました。幸い、この下のお部屋には雨漏りしていませんでした。
和泉市の瓦がズレています
瓦がズレている箇所もありました。
土葺きの屋根は下地に粘り気のある葺き土をのせて、そこに瓦を密着させて固定しているのですが、経年で土が乾燥してやせてくると固定力が弱まり、動きやすくなって、強風で瓦がめくれる可能性が高くなってしまいます。
和泉市の瓦が欠けています
台風時に何かが飛んできたのか、瓦が欠けている箇所もありました。
瓦が欠けたり割れて隙間があくと、そこから雨水が浸入して雨漏りすることがあります。写真に写っている箇所は、瓦の山状の部分ですので、入る雨水は少ないと思いますが、雨水が流れる部分で割れてしまうと雨水が大量に浸入してしまいます。
和泉市の屋根の漆喰が剥がれています
また、屋根の鬼瓦の取り合いに詰めている漆喰も剥がれてきていました。
漆喰は瓦同士の隙間に詰められていて、雨水が浸入するのを防いだり、下地の土が直接雨水にあたるのも防いでいます。漆喰は経年で傷んできますので、定期的なメンテナンスが必要です。
和泉市のスレート屋根に被害はありません
化粧スレートの屋根には被害はありませんでした。
化粧スレートはカラーベストとも呼ばれるセメントと繊維を混ぜて平らに加工した薄型の屋根材です。
台風の後には、スレート屋根の板金が飛ばされたり、劣化が進んだスレートが強風に煽られてめくれた等の郷相談もたくさんありました。M様邸の屋根は、板金も飛ばされることなく無事でした。

化粧スレートはもともと雨水を吸い込む性質があるため、表面を塗装して防水性を持たせています。その塗膜が傷んでくると、防水性が低下してスレート自体の劣化が進んでしまいますので、定期的な塗り替えをして長持ちさせて使用します。台風の被害はありませんでしたが、そろそろ塗り替えをご検討されているとのことで、屋根修理と同時に屋根・外壁の塗装も行うことになりました。
泉南市の1階の天井から雨漏り発生
室内に雨漏りした、とのことで確認させていただきました。1階の洋室の天井から雨水がポタポタと落ちてきたそうです。
雨漏りしている天井の上にはお部屋がなく、ベランダがのっていますので、ベランダを調査しました。

2階のお部屋の天井に発生する雨漏りの原因は屋根にあることが多いのですが、1階のお部屋の雨漏りの場合、外壁のクラック(ひび割れ)や、窓周りの防水の劣化、今回のように上にベランダがある場合は、ベランダの防水が傷んでいる可能性があります。
泉南市の保護モルタルを敷いたベランダです
雨漏りしているお部屋の上にあるベランダを確認しました。
このベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いた防水工法です。
表面に施された、防水層を守る保護モルタルが割れてくると、下にある防水層の劣化している部分から雨水が浸入して雨漏りしてしまいます。
F様邸の保護モルタルにもいくつかひび割れが生じていました。
和泉市の立ち上がり壁にひび割れが発生
床面の目地や立ち上がり壁にひび割れが生じていました。

立ち上がり壁は普段はあまり濡れることはありませんが、台風時など、強風を伴う雨が降った時、風向きによってはひび割れに直接雨水があたり、雨漏りすることがあります。
雨漏りの原因の可能性がある箇所を確認しましたが他に問題が無かったので、雨漏りを止めるためにベランダを防水することになりました。
和泉市のテラス屋根のアクリル板が割れています
屋根の他にも台風で被害を受けていました。
1階に設置されているテラス屋根の平板が4枚割れていました。この平板はアクリル板で、経年で割れやすい状態になっていました。アクリル板は昔は多くの住宅で使用されていましたが、紫外線などの影響で割れやすくなってしまうため、最近では割れにくいポリカ素材の平板が多く普及されています。
F様邸のテラスの平板は5枚のうち4枚が割れてしまったので、5枚すべてをポリカの平板に張り替えます。
和泉市のカーポートアクリル板も割れています
カーポートの平板もテラス屋根と同様にアクリル板で、1枚が大きく割れてしまったので、ポリカ平板に張り替えます。
カーポートは割れた箇所が1枚だけでしたので、今回は割れた部分だけ張り替えることになりました。

劣化したアクリル板は割れやすくなりますので、物がぶつからなくても強風に煽られるだけで割れることがあります。1枚から張替えのご相談を承っておりますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。
和泉市の外壁を塗装します
上記でお伝えしましたが、F様邸は屋根修理と同時に、ベランダの防水や屋根・外壁塗装も行います。瓦屋根の方の外壁はモルタルの塗り壁で、スレート屋根の外壁はサイディングです。両方とも表面の塗膜が剥がれてきている状態でしたので、塗装でメンテナンスすることになりました。

次は台風被害に遭った屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

泉南市でベランダの立ち上がりを含めてウレタン防水を施工!

泉南市のベランダを防水します
泉南市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・下地調整材(カチオンクリート)・トップコート
築年数
約25年
建坪
約9坪
保証
2年
工事費用
約19.8万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747