オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の剥がれた化粧スレートの差し替えや棟板金の交換など


泉大津市の台風被害に遭った住宅の屋根修復工事のご紹介です。
化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根で、台風の強風でスレートが数枚めくれて棟の板金も飛散していました。
泉大津市の屋根材がめくれています
化粧スレートの飛散状況です。

台風21号の強風で、スレートが数枚割れて飛散していました。
化粧スレートは平型で薄い屋根材ですが、屋根材同士にわずかに隙間があり、そこに強風が入り込んでめくれてしまうことがあります。
泉大津市の棟板金が飛散
棟板金の飛散状況です。

棟とは屋根面と屋根面が合流する頂点部分のことで、棟を覆うように取付けられているのが棟板金です。
写真は大屋根(一番高い屋根)の水平棟(横方向の棟)の板金が飛散している様子ですが、このほかに降り棟(軒先に向かって降りる棟)の板金も被害に遭いました。(被害状況は下のリンクの記事をご覧になってください)
泉大津市の破損している屋根材を撤去
屋根の修復工事の様子です。

割れて屋根に残った化粧スレートを撤去します。
化粧スレートは1枚1枚釘で固定されていますので、専用の工具を使用して釘を抜かないと撤去できません。
泉大津市の屋根材をシーリングで固定
化粧スレートは、釘留めしている箇所が隠れるように次の屋根材を重ねて葺いていますので、部分的な差し替えの場合、釘留めで復旧できません。釘で固定しようとすると、上に重なっている屋根材をめくらないといけませんので、結果、棟まで屋根材をめくることになります。ですので、基本的にスレートの差し替えはシーリングで接着・固定することがほとんどです。
シーリングもたくさん充填すればいいという訳ではなく、屋根の流れに沿って筋状に間をあけて充填します。(雨水をせき止めないように)
泉大津市の屋根材を密着させて固定
シーリング充填後、新しいスレートを差し込んで密着させて固定します。

今回のように、スレートが割れて飛散している場合は、釘を抜いて差し替えますが、割れただけで屋根の上に残っている場合は、その部分をシーリングで接着して復旧することも可能です。(あくまでも応急処置的な復旧となりますので、破損した数が多い場合や屋根材の劣化が進んでいる場合は差し替えも検討します)
泉大津市で新しい貫板を取付け
続いて棟板金の復旧の様子です。

棟板金が飛散した時に下地の貫板も一緒に飛散していたので、新しい貫板を取付けました。
屋根面に向かってビスでしっかりと固定!
泉大津市の既存の貫板も固定しました
既存の貫板も飛散するのを防止するためビスで留めて補強しました。

貫板の状態を見て腐食したり劣化が進んでいる場合はすべて交換します。
泉大津市の棟板金をビスで固定
貫板の上に板金を被せてビスでしっかりと固定しました。

貫板は板金で覆うので板の上から固定しましたが、板金は雨に直接あたりますので、横方向からビス留めしました。(上から固定すると水が入りやすいため)
泉大津市の板金の継ぎ目はシーリングで防水
こちらは降り棟の板金を復旧した様子です。

棟は長さがありますので、数枚の板金をつなげて施工します。板金同士の継ぎ目から雨水が浸入して下地の貫板の腐食を進めることがありますので、継ぎ目にシーリングを充填して防水しました。
泉大津市の屋根を塗装して仕上げます
めくれ上がった化粧スレートの差し替えと棟板金の復旧が完了しました。

既存の屋根及び板金と色を合わせるため塗装して仕上げます。
泉大津市の屋根の補修箇所を塗装
屋根の色合わせ状況

塗装専門の職人が差し替えた化粧スレート部分をローラーで塗装しています。
泉大津市の棟板金も塗装
棟板金塗装状況

棟の板金はすべて塗装して仕上げました。
泉大津市の屋根修理完了
屋根補修復工事完了です。

屋根面の塗装した部分は色が少し濃く見えますが、色褪せのことをふまえて新品のスレートに合わせました。
今回は、修復箇所のみの塗装でしたが、屋根の塗り替え時期に来ている場合など、屋根全体を塗装することも可能ですので、現地調査の時にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747