オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市のサイディングの外壁でひび割れたシーリングの打ち替え


阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。
S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前にサイデイングの継ぎ目に充填しているシーリングを打ち替えて防水性を確保します。サイディングの外壁には必ず継ぎ目があり、その隙間を埋めるため、また、雨水の浸入を防止するためにシーリングという防水材を充填しています。シーリングは紫外線や外気の影響で次第に硬化し、割れや剥離などの劣化症状が出てきます。そうすると防水性が低下して雨漏りに発展することがあるため、塗装工事の際には打ち替えをお勧めしています。
阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します
S様邸の既存シーリングは、紫外線などの影響で硬化して肉痩せし、割れている状態でした。
上記でご説明しましたが、目地のシーリングがこのように割れてくると、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、内部の木部を腐食させることがあります。また、サイディングの表面は塗装により防水性を持たせていますが、内側は水分を吸収してしまいますので、雨水が浸入するとサイディングが水を含むことになります。そうすると、雨が降った時に水を含んで膨張し、天気がいい日に乾燥しますので、その時の動きを繰り返すうちにサイディングが徐々に反ってきてしまいます。サイディングの反りがひどくなると、ビスで留め付けて戻す時に割れて、補修できなくなりますので、それらの劣化事象を防止するためにも定期的にシーリングを打ち替えや塗り替え工事をしないといけません。
阪南市の目地の既存のシーリングを撤去します
傷んだシーリングの上に新しいシーリングを充填することも可能ですが、シーリングの性能を発揮させるためには十分な厚みが必要です。そのため、既存のシーリングをすべて撤去してから新しいシーリングを充填することがほとんどです。

カッターで切り込みを入れてからペンチでつかんで引っ張りだすと、写真のように剥がれます。
阪南市の窓周りにもシーリングが充填されています
シーリングは、サイディングの目地だけでなく、窓周りや換気フード周りなど、外壁に付帯している部分で防水が必要な箇所に充填されています。建物全体の防水性を向上させるためにもすべて打ち替えが必要です。
阪南市の外壁の目地にプライマーを塗布します
既存のシーリングを撤去したあと、プライマーを塗布します。
プライマーは透明の塗料で、接着効果があるため、この上に充填するシーリングをしっかりと密着させてくれます。
プライマーに塗りムラがあると、その部分だけ密着力が弱くなり、シーリングが破断したり浮いてくる原因になりますので、刷毛を往復させて丁寧に塗布しないといけません。
阪南市の窓周りプライマー塗布状況
プライマーの塗布状況です。
窓は外壁に開口を開けて取付けられている為、きちんと防水しないと部屋内に雨漏りしてしまいます。
窓の下端には雨水が直接あたりにくいですが、外壁を伝ってきた雨水や吹き降りの雨の時のことを考えてシーリングが充填されています。また、窓と外壁との取り合いにシーリングを充填することで気密性がアップします。
阪南市のプライマー塗布状況
S様邸は外壁の中間部に帯(見切り材)が取り付けられています。帯の中にはサイディングの継ぎ目があり、雨水が入らない形状になっていますが、防水性を高めるためにシーリングを充填しています。この部分のシーリングも打ち替えるので、既存のシーリングを撤去してプライマーを塗布しました。
阪南市の目地にシーリングを充填
プライマー塗布後、シーリングを充填します。
シーリング充填後、ヘラで押さえますので、目地からはみ出るくらいに充填します。目地からはみ出ても、両サイドにマスキングテープを貼っていますので、外壁が汚れることはありません。
阪南市の窓周りシーリング充填状況
窓周りのシーリング充填状況です。
シーリングは充填したあとからすぐに乾燥してきますので、ある程度充填したらヘラで押さえて、両側のマスキングテープを剥がさないと、マスキングテープにシーリングがくっついてきて仕上がりに悪影響を与えてしまいます。
阪南市のベランダのシーリング充填状況
ベランダの手すり壁と外壁の取り合いにも継ぎ目部分になりますので、シーリングで防水しています。
また、床の立ち上がり部と手すり壁との取り合いにもシーリングが充填されていますので、すべて打ち替えます。
阪南市のシーリングをヘラで押さえて完了
シーリングを充填し、ヘラで押さえて余分なシーリングを撤去し、表面を整えてから両側のマスキングテープを剥がしました。
充填したシーリングをヘラで押さえないと、奥に空洞ができてしまい、防水性を確保できませんので、必ずヘラ押えします。
阪南市の窓周りシーリング充填完了状況
窓周りのシーリングも同じように仕上げました。
窓周りには奥に防水テープが控えていますので、シーリングを撤去する際に防水テープを傷つける可能性がある場合は打ち替えせずに上から充填する「打ち増し」で作業することがあります。
阪南市の帯上シーリング充填完了状況
外壁の帯の上部のシーリングも、周囲すべてきちんと打ち替えました。
帯の下端は、万が一中に水が入った時に抜けるようにシーリングは充填されていません。
阪南市の換気カバー周りシーリング充填完了状況
換気フード周りのシーリングも打ち替えました。
換気フードも外壁に開口を開けて取付けられている為、取り合い部を防水しないと雨水が入ってしまいます。既存のシーリングを撤去してきちんと打ち替えました。
阪南市の外壁レンガ取り合い部シーリング充填
S様邸は玄関の正面の壁にレンガ調のタイルを貼っています。その取り合い部のシーリングも打ち替えました。

外壁は新しい塗料を塗ると見た目がきれいになり、イメージチェンジすることもできます。そして、塗装工事は美観性を高めるだけでなく、建物全体の防水性をアップさせる意味合いもあります。劣化したシーリングの上に塗装をしてもシーリングが修復されるわけではありませんので、建物を雨水から守るためには打ち直しなどの工事が必要です。
サイディングの外壁の場合、状態を一度確認し、シーリングが割れたり剥離していることがあれば、ご相談ください。

次は外屋根塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

和泉市の1階の天井から雨漏り発生

泉南市のベランダ防水です。M様邸は、台風でベランダの下にある洋室の天井から雨漏りが発生しました。M様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、床や壁の立ち上がり部にひび割れが生じていました。立ち上がり部は通常の雨の時はあまり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747