忠岡町の外壁の目地シーリングが割れてサイディングが反っていました


忠岡町のサイディングの外壁の目地シーリングのご相談です。
サイディングは、主な原料がセメント質と繊維質で、それらの材料を圧縮してパネル状に形成した外装材になります。大きさが決まったサイデイングを外壁に張り付けて施工しますので必ず継ぎ目が発生します。その継ぎ目を繋ぐために、また、雨水が浸入するのを防ぐためにシーリング材という弾力のある防水材を充填します。シーリングは紫外線や外気の影響で月日とともに劣化するもので、代表的な劣化症状の一つとしてひび割れや剥離などがあげられ、K様邸の目地のシーリングもひび割れが多数発生していました。
忠岡町の屋根の点検と外壁シーリングのご相談です
サイディングの外壁の目地に充填されたシーリングの劣化はよくあることですが、K様邸は次の段階の劣化症状まで引き起こしていました。それはサイディング自体の劣化で、下記の記事で詳しくご説明させていただきます。
シーリングのご相談の他に、台風で屋根に被害がないか、また、屋根と外壁の塗装のご相談もありました。
忠岡町の屋根庁瀬でカラーベストの屋根で台風被害はありません
まずは屋根の調査の様子をご紹介します。
K様邸はカラーベストという屋根です。隅々点検させていただきましたが台風での被害は見受けられませんでしたが、メンテナンスの時期にはきていました。
カラーベストはもともと水を吸い込む素材(セメントや繊維質)を使用していますので、塗装により防水性を持たせています。ですので、塗膜が傷んでくると、防水性が低下してしまいますので、定期的に塗り替えて防水性を確保することをお勧めしています。K様邸の屋根は塗膜が剥がれて薄くなり、塗り替えの時期にきていました。
忠岡町の屋根の板金を固定している釘が抜けてきています
カラーベストの屋根は雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)が必要な箇所に板金を取付けられています。
屋根の頂点の隙間を埋めるための「棟板金」や、軒先から雨水が染み込むのを防ぐ「軒先水切り」、ケラバ部(屋根の三角になった端部)から雨水が吹き込むのを防ぐ「ケラバ水切り」などがあります。それらの板金はスクリュー釘で固定されていますが、経年で緩んで抜けかかってきていました。
風や揺れの影響でこのように抜けてくることがありますが、釘が錆びついても固定力が弱くなり、板金が飛散する原因になってしまいます。塗装する際は事前に釘を打ち直して処置させていただきます。
忠岡町の外壁の目地のシーリングが切れています
続いて外壁の調査です。
ご相談があった目地部分を確認すると、ほとんどのシーリングが大きくひび割れていました。
シーリングが割れるとそこから雨水が浸入してサイディングの内側に水が廻り雨漏りの原因になることがあります。また、内部の木部が濡れ続けて腐食し、耐久性にも影響を与えることがありますので、シーリングの打ち替えなどの定期的なメンテナンスが必要です。
忠岡町の外壁のシーリングが剥離しています
シーリングが剥離している箇所もありました。
シーリングを充填する際にプライマーという接着剤を塗布するのですが、そのプライマーが薄塗だったり、塗りムラがあるとこのような症状を引き起こすことがあります。また、シーリングが劣化すると硬化するのでその時の収縮の動きでも剥離することがあります。どちらにしても傷んだシーリングを剥がしてから新しいシーリングを充填しないといけません。
忠岡町の外壁のサイディングが反って浮いています
冒頭でお伝えしたシーリング割れの劣化症状の次の段階のお話です。それはサイディングの「反り」です。
サイディングはもともと吸水性があり、防水性をもたせるために表面を塗装しているのですが、内側は雨水が入らないという前提で処置されていません。シーリングが切れてサイディングの内側に雨水が廻るとサイディングが水を含んで乾燥する時の膨張・収縮の動きで少しづつ反り返ってしまいます。ですので、雨水が浸入する可能性がある目地の際から反ることがほとんどです。
忠岡町の外壁のサイデイングが割れています
忠岡町の外壁を釘留めしている箇所から割れています
サイディングが反り返り割れている箇所もありました。
サイディングは両端(目地の際)で釘留めされているので、サイディングが反ってくると押さえつけている釘部分から亀裂が入りこのように割れてしまいます。割れているだけなら、割れた部分をビス留めして押さえてシーリングで防水することが可能ですが、大きく欠損しているとその部分を埋める修理をしないといけません。また、反りがひどい場合はサイディングをビス留めする時に割れてしまいますので、最悪の場合張り替えないといけない場合があります。シーリングの劣化だけならシーリングや塗装工事でメンテナンスできますが、張替えとなると費用がかさんでしまいます。
忠岡町の窓周りのシーリングも切れています
シーリングは目地だけでなく、外壁に付帯している部分の取り合いのほとんどに使用されています。代表的な部分が窓周りです。窓は外壁に開口を開けて取付けている分、雨仕舞をきちんと行わないと雨漏りしてしまいます。施工の段階で様々な防水処置を施されていますが、シーリングは表装面での防水を果たす重要な役割があります。そのシーリングも割れてきていたので、雨漏りを引き起こさないためにも打ち替えをお勧めしました。
忠岡町のサイディングを留めている釘頭が見えています
塗装のご相談についてお話します。
K様邸のサイディングに施された塗膜はチョーキングという塗膜が剥離する劣化症状が出にくく色褪せも目立いちにくいので一見きれいに見えますが、よく見るとサイデイングを固定している釘頭が見えていました。通常、釘は塗膜に隠れて見えない状態なのですが、塗膜が薄くなるとこのように露になります。見た感じは古い印象を受けなくても塗膜は確実に劣化し続けているのです。
シーリング工事には足場を全体的にたてないといけなないので、塗装とセットで行うことがほとんどです。
同時に行う利点は足場の費用だけではありません。打ち替えたシーリングを塗膜で覆ってあげるとシーリングが直接紫外線に当たるのを防ぐことができますので、さらに長持ちします。

K様邸へのご提案は、シーリングの打ち替え、反りかえったサイディングをビス留めして復旧、そして屋根・外壁の塗り替えです。サイディングの反りがさらに進むと修理できなくなり費用がかさんでしまいますので、今後の改修設計を踏まえてご検討していただくことになりました。

サイディング外壁のシーリングや反りの点検はご自身でも可能です。確認していただき気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の外壁塗装前に躯体補修を行います

岸和田市の外壁のひび割れを補修しました。K様邸はこの工事で雨漏り修理や軒天井修理、晒し葺きの屋根の葺き替えなどを行いました。そろそろ外壁の塗り替えの時期にきていたことから、最後に塗装を行うことになりました。

泉佐野市の陸屋根の軒天井の塗膜が膨れています

泉佐野市のドレン周りの防水です。台風被害に遭った屋根の修理中に、会社の担当の方より「陸屋根の軒天井の塗膜が膨れていているんですが、大丈夫でしょうか」とのご相談があり確認すると、陸屋根に落ちてきた雨水を排出するためのドレン(排水溝)周りが傷ん...........

泉大津市のベランダにカチオンクリートで下地を調整しました

泉大津市のベランダ防水工事です。この記事ではウレタン樹脂を塗布した防水層の形成などの様子をご紹介します。Y様邸はベランダの下のお部屋で雨漏りが発生し、調査を行うとベランダに施している防水が傷んで切れていることが原因の可能性が高いことからベラ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747