オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市の屋根の割れた瓦の差し替えや袖瓦の固定及びラバーロック


泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。
T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風や地震の被害を受けやすい棟部分の銅線の取り直しなどを行いました。この記事では割れた瓦はめくって不足分の葺き土を足して新しい瓦に差し替え、袖瓦の補強や瓦のラバーロックの作業を詳しくお伝えします。
泉南市の瓦が割れています
被害に遭った屋根の様子です。
T様邸はシルバーの釉薬瓦を使用している屋根で、台風で飛散してきた物がぶつかり瓦の端の方が割れて隙間が空いている状態でした。
割れている部分は地瓦の山状になっている部分ですので、雨水が流れる面ではないため、雨の影響をまともに受けることはありませんが、雨の量が多いと隙間から雨水が浸入して雨漏りする危険性もありますのですべて新しい瓦に差し替えます。
泉南市の屋根に葺き土を足して瓦を差し替えます
割れた瓦をめくると、下には瓦を固定している葺き土があります。この葺き土は経年で乾燥し、痩せてきてしまいます。また、瓦の内側に雨水が廻ることがあると雨水と一緒に流れることもあります。
乾燥して痩せた葺き土の上に瓦を差し込んでもきちんと固定できませんので、新しい葺き土を足します。
泉南市の屋根の新しい瓦に差し替えました
葺き土を足して、新しい瓦に差し替えました。
色が濃い瓦が差し替えた瓦です。
同じシルバーの釉薬瓦を使用していますが、色褪せなどの影響でどうしても新旧の差ができてしまいます。これは、どの屋根材でも同じです。
泉南市の屋根の袖瓦を固定します
近年は、強い勢力の台風が頻繁に上陸しますし、今後、大地震が発生する可能性もあります。その時にできるだけ備えられるように、被害に遭いやすい箇所はしっかりと補強することになりました。


この記事では、同じく被害に遭いやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。
袖瓦とは、屋根の三角になった面の一番端の瓦のことで、屋根の流れに沿って施工されています。屋根の端にあることから風や揺れの影響を受けると瓦が落下してしまいます。


泉南市の屋根の袖瓦に穴を開けました
袖瓦のズレや落下を防ぐために、ビスでしっかりと固定させていただきます。
木下地の位置に合わせて袖瓦に電動ドリルで穴をあけて、そこをビス留めします。
泉南市の袖瓦をパッキン付きの長いビスで固定
袖瓦に穴をあけて、パッキン付きの長いビスで木下地に向かってビスを打ち付けて固定します。
ビス頭の下にある黒い部分がパッキンで、弾力がありますので隙間が埋められて雨水の浸入を防止することができます。
泉南市の袖瓦をコーキングで固定
袖瓦をビスで固定してから、更にコーキングを用いて子令させていただきました。
コーキングを袖瓦の山状の部分とその反対側に充填し、瓦同士を繋いでズレを防止しました。これにより、強風で瓦が動くのを防ぐことができます。
泉南市の瓦をラバーロックしました
被害に遭いやすい棟部分の補強に加えて、屋根面の瓦もできるだけ飛散を防ぐために全体的にラバーロックしました。
ラバーロックとは、コーキングにより瓦同士を繋いで連結させて固定する工法のことです。瓦同士が繋がっていますので、ズレや飛散を防止するのに有効な工法です。
ラバーロックは適切な方法があり、施工方法を間違えると雨漏りの原因になることがありますので注意が必要です。
泉南市の雨樋の中に砂が溜まっています
樋の中には砂が溜まっていました。
T様邸は棟部分の応急処置で土のうを使用しており、その袋が傷んで中に入っている砂が流れ出ている状態でした。
泉南市の樋の中をきれいに掃除しました
樋が詰まっていると、雨水が溢れて建物に悪影響を与えてしまいますので、工事の終わりに樋の中をきれいに掃除させていただきました。

before1
泉南市の降り棟の瓦がバラバラに飛散
屋根修理前の様子です。
台風被害直後の様子を写真に撮影されていました。降り棟の一部が崩れて瓦が屋根面に飛散していました。
horizontal
after1
泉南市の屋根修理完了です
被害に遭った箇所を修復し、今後の自然災害に備えて銅線やコーキングを用いてしっかりと補強させていただきました。見た目にもきれいに屋根になり、以前よりも丈夫になりました。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根の修理などのご相談を承っております。些細なことでも構いませんので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747