泉大津市の瓦屋根の応急処置/ブルーシートと土のう、板金を使用


泉大津市の台風被害に遭った屋根の応急処置のご紹介です。
M様邸の屋根は和瓦で、台風21号の強風で大屋根の降り棟が崩れ、下屋に落ちて瓦が数枚割れていました。また、強風に煽られた瓦がめくれ上がって下地の土が見えている状態でしたので心配されており、応急処置をしてほしいとのことでした。
大きく崩れた降り棟にはブルーシートと土のうで養生し、めくれた瓦は元のように並べ替えました。
泉大津市の大屋根の降り棟が崩れています!
大屋根(一番高い屋根)の降り棟が崩れて瓦が散乱していました。このままでは飛散した瓦が落下する可能性があり大変危険です。
この部分は被害の範囲が広いのでブルーシートをかけて養生します。
泉大津市の大屋根の瓦がめくれています!
屋根の平場(平らな面)の瓦が強風でめくれ上がって隙間が開いていました。
めくれた瓦は元通りに並べ替えておくと雨水は入りません。
泉大津市の下屋の瓦が割れています
瓦が大きく割れている部分にはガルバリウム鋼板という錆に強い板金を差し込んで雨水の浸入を防ぎます。
泉大津市の下屋の瓦が割れて飛散しています!
瓦が割れて飛散し、大きく口をあけている部分にも、瓦の大きさに合わせてカットした板金を差し込んで処置します。
泉大津市の散乱している瓦を集めます
まずは、大屋根の降り棟の養生を行っています。

棟は屋根の山状になった部分のことで、雨仕舞で瓦を高く積み上げています。そのため、風の影響を受けやすく、今回の台風でも被害に遭われた住宅が数多くありました。

M様邸の降り棟(軒先に向かって下りる棟)は大きく崩れて、その瓦が散乱している状態でしたので、瓦が落下しないように集めてまとめておきます。
泉大津市の降り棟をビニールシートと土のうで養生します!

集めた瓦を屋根の上の安全な位置に仮置きし、続いてビニールシートで棟と一緒に包み込みます。

ビニールシートが風でバタついたり飛ばされないように土のうで数か所押さえます。
この土のうがとても重たく、屋根の上に上げるのが大変です。一人での作業では時間がかかりますし危険なので二人一組で作業することがほとんどです。
泉大津市の降り棟の養生完了
降り棟の養生完了です。
屋根が急こう配だと、土のうが落下する可能性がありますので土のう同士を紐で縛りますが、M様邸の屋根は勾配が緩やかなので土のうを置くだけにしました。
棟の一番高い位置から軒先までシートで覆い、上から雨水が入るのを防ぎました。
泉大津市の屋根のめくれた瓦は元に戻します
強風に煽られてめくれ上がった瓦は元のように並べ替えたので、雨水が入ることはありませんが、瓦がめくれるということは下地の土が痩せたり乾燥するなど、固定する力が弱くなっているということなので、また飛散する可能性があります。ですので、修復工事では、飛散した部分の瓦をめくって新しい下地の土を入れてしっかりと密着させます。
泉大津市の屋根を板金でひび割れを隠します
瓦が大きくひび割れている箇所にはカットした板金を差し込んで、割れた部分から雨水が入らないように処置します。

この板金はガルウバリウム鋼板という錆に強い板金です。
泉大津市の瓦の隙間に板金を差し込んでコーキングで固定
瓦の割れの処置状況です。
取り合い部分から雨水が入らないようにコーキングで隙間を埋めました。
泉大津市の板金の上に雨水が流れます
上から流れ落ちてきた雨水が板金の上を流れるので、ひび割れから水が浸入しません。
街の屋根やさん岸和田店は、台風被害に遭った住宅の養生なども承っておりますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

次は屋根の修復工事の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。