オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の棟包みをパッキン付きのビスで固定しコーキングでロックしました


和泉市のS型の洋瓦屋根の棟の修理及び補強のご紹介です。M様邸の棟は棟包みのみ施工されていますが、台風の強風で大量に飛んでしまい、瓦が割れるなどの被害に遭いました。
(棟とは、屋根の頂点の取り合い部分のことで、棟包みとはそこに施工される半月状の瓦のことです)
和泉市の棟瓦復旧完了
今回の修復工事では、何とか屋根に残っていた棟瓦を一度めくって、新しい葺き土をのせて、瓦を固定するための木下地を設置し、端から端まで積み直しました。
写真は棟瓦を復旧した後の様子です。
和泉市の棟に漆喰を詰めます
M様邸は洋風の屋根で、日本瓦の棟のように四角いのし瓦を積み上げず、棟包みをそのまま施工しています。棟包みを固定するためにのせた下地の葺き土が、屋根面の取り合い部から見えている状態で、このままでは雨で土が流れてしまいますので、漆喰を塗って仕上げます。
和泉市の棟の両側に白い漆喰を詰めていきます
棟の両側に漆喰を詰めて仕上げます。
この漆喰のことを「面戸漆喰」といい、下地の土が直接雨水に触れるのを防いでいます。その漆喰がないと、土が流れて棟の歪みやズレの原因になってしまいます。
和泉市の棟の木下地に向かってビス留め
前回の記事でご紹介しましたが、今後上陸するかもしれない勢力の強い台風に備えるべく、瓦を1枚1枚ビス留めすることになりました。棟の中で固定している木下地に向かって、パッキン付きの長いビスで瓦を留め付けていきます。
和泉市の棟包みをしっかりと固定
棟包みをビスでしっかりと固定しました。
パッキンが付いたビスですので、ビス頭と瓦との隙間に密着し雨水の浸入を防ぎます。
和泉市の棟にコーキング充填
ビス留めするだけでも丈夫な棟になりましたが、更に瓦の取り合いにコーキングを充填して固定しました。
絶対とは言えませんが、以前のように瓦がバラバラに飛散する心配が少なくなりました。
和泉市の割れた瓦を撤去
棟の瓦が飛散し、屋根面に落下して瓦が割れる被害も発生していました。
割れた瓦を撤去し、新しい瓦に差し替えます。
和泉市の葺き土をのせて瓦を復旧
瓦が飛散するということは、密着させている葺き土が乾燥したり痩せている可能性があります。割れた瓦を撤去すると、土が乾燥して少なくなっていたので、新しい葺き土を足して瓦を復旧しました。
和泉市の地瓦もコーキングで固定
地瓦(屋根面の瓦)も棟と同様にコーキングを充填して瓦同士を繋いで固定しました。
この工法を「ラバーロック」と言います。
ラバーロックはメリットとデメリットがあります。下のリンク先に詳しくご紹介していますので、よろしければご覧になってください。
和泉市の雨樋もきれいに清掃
雨で葺き土が流れたのか、雨樋の中に土が溜まっていたので、きれいに清掃させていただきました。
樋の中に土が溜まると雨水がスムーズに流れず、溢れることがありますので、必ずチェックし、必要であれば清掃します。
和泉市の屋根修理完了です
屋根修理完了です。
どうしても新しい瓦と古い瓦の新旧の差が出てしまいますので、先にお伝えしてご了承いただきました。

最近では想像を超えた強い台風が頻繁に発生しています。特に屋根は雨や風の影響をまともに受けてしまう箇所ですので、被害に遭う前にできることから準備を整えましょう。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747