忠岡町の棟に塗られたモルタルを剥がしてコーキングで処置しました


忠岡町の台風被害に遭った屋根修理のご紹介です。F様邸は化粧スレートと土葺きの陶器瓦の屋根があり、台風の被害に遭ったのは陶瓦の屋根の方です。袖瓦と言う屋根の端の瓦が飛散していたので、新しい葺き土と瓦をご用意し、修復させていただきました。今回は棟瓦の補修の様子をお伝えします。
忠岡町の棟にモルタルを詰めています
F様邸の棟(ふたつの屋根面の取り合いの頂点)には、雨漏りを止めるためか、瓦を固定する目的のためか、モルタルを詰められていましたが、これは棟にとってあまりいいことではありません。
このようにモルタルで棟をガチガチに塞いでしまうと、万が一雨水が棟の内側に浸入した時に雨水が溜まって雨漏りの原因になることがります。
忠岡町の棟に詰められたモルタルが剥がれてボロボロです
また、棟の換気状態が悪くなり、湿気の影響で木部の劣化を早めてしまう可能性もありますので、塗りつけられたモルタルをすべて撤去して、コーキングという防水材を適切な箇所に充填して補修することになりました。
忠岡町の棟のモルタルを撤去します
棟に塗られていたモルタルをすべて剥がします。
ヘラを際にあてて金づちで叩いて少しづつ取り除いていきます。
陶器瓦の屋根で雨漏りした場合、怪しい箇所にこのようにモルタルを塗って処置されていることがありますが屋根に負荷をかけますし、かえって雨漏りする危険性がありますので注意が必要です。
忠岡町の棟の際がきれいになりました
棟に塗られていた漆喰をすべて撤去し、元の状態のきれいな棟になりました。こうして見るだけでも棟が呼吸しているように思えます。
この状態が通常なのですが、近年は猛烈な勢力の台風が頻繁に上陸することがありますので、銅線とコーキングを用いて固定・補強させていただきます。
忠岡町の棟に銅線を通して補強します
棟を施工する時にあらかじめ銅線などを通しておき、棟に巻き付けて固定されていますが、細いステンレス線でしたので、今回は太い銅線で冠瓦(一番上にのせる瓦)を2カ所押さえるかたちで固定しました。
忠岡町の棟を銅線で補強完了
棟の端から端まで銅線で固定しました。
冠瓦の両端を銅線で押さえていますので、風に煽られたときに抜け落ちにくくなっています。
忠岡町の棟をコーキングで固定します
続いて瓦同士の取り合いにコーキングを充填して固定します。
コーキングでの固定もモルタルと同様に、隙間をすべて埋めてしまうと雨仕舞が悪いので、冠瓦の継ぎ目部分、冠瓦とのし瓦の取り合いの一部にコーキングを充填します。コーキングがなるべく目立たないように瓦に似た色を使用しました。
忠岡町の棟の漆喰も復旧しました
棟の端には鬼瓦という大きな装飾瓦があります。
鬼瓦が落下すると危険ですので、棟と同様に銅線で固定しました。また、鬼瓦と棟の取り合いには隙間ができますので、その部分の漆喰もきちんと詰め直しました。
漆喰は雨水が入るのを抑えるのと瓦を固定する役割があります。
忠岡町の瓦のズレを戻してコーキングで固定
地瓦(屋根面で使用する瓦)も軒先方向にズレている箇所があったので、ズレを戻してコーキングで瓦同士を繋いで固定しました。
コーキングを充填する箇所は、瓦の山になった部分と側面です。瓦の谷になっている部分は雨水が流れる経路になりますので、下端をコーキングで塞いでしまうと内側に廻った雨水が溜まって雨漏りする可能性があります。ですので、瓦の下端はあけておかないといけません。

土葺きの屋根は粘土のある葺き土で瓦を固定していますので、月日とともに土が痩せてズレやすくなってきます。そうすると強風や地震などの揺れで瓦が飛散する原因になります。土葺きの屋根で年数が経っている場合、一度点検してもらいましょう。

次は2階のテラス屋根の波板張替えの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟瓦復旧完了

和泉市のS型の洋瓦屋根の棟の修理及び補強のご紹介です。M様邸の棟は棟包みのみ施工されていますが、台風の強風で大量に飛んでしまい、瓦が割れるなどの被害に遭いました。(棟とは、屋根の頂点の取り合い部分のことで、棟包みとはそこに施工される半月状の...........

和泉市の足場にはしごをしっかりと固定

和泉市の棟瓦修復工事のご紹介です。M様邸は台風で棟の瓦が飛散し、テレビのアンテナも倒れてしまいました。また、飛散した瓦が下の屋根に落ちて瓦が割れる被害も発生していました。

岸和田市の雨漏りの現地調査

貝塚市にお住いのM様より雨漏りのご相談をいただきました。台風で2階のバルコニーに設置していた木製のテラス屋根が倒壊して飛ばされ、バルコニーの下にあるトイレや玄関、洗面所で雨漏りが発生したとのことです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747