和泉市の棟板金交換工事で降り棟の板金と貫板を交換しました!


和泉市にお住いのU様より「台風21号で屋根の板金がはがれたんです」とご相談をいただき、現地調査の時に応急処置をして、後日、棟板金交換工事を行いました。
和泉市の降り棟の板金が飛散
U様邸はカラーベスト(平型の薄い屋根材)で、降り棟の板金と貫き板が飛散していました。
棟とは勾配の付いた屋根と屋根が合流する頂点部分のことで、降り棟とは棟の中で軒先に向かって降りる棟のことです。
棟は屋根の取り合い部分になりますので必ず隙間ができます。その隙間から雨水が浸入するのを防ぐために板金をかぶせて雨仕舞しています。(瓦の屋根の場合はのし瓦を積み上げて冠瓦で仕上げています)
棟板金を固定するために、下地の貫き板(長い木材)を屋根に打ち付けているのですが、その貫き板も一部飛散していました。
和泉市の残っている板金も破損しています!

棟板金は数枚に分けて取り付けています。
大棟との取り合い部分の板金はかろうじて屋根に残っていましたが、破損して変形していたので撤去してすべて交換します。

「雨が降ったら心配なので、応急処置してもらいたい」とのことで、現地調査の時に処置させて頂き案下。
和泉市の降り棟を防水テープで応急処置完了

屋根に残っていた板金を撤去し、防水テープを貼って応急処置しました。
この防水テープは丈夫なので、工事まで剝れる心配がなく、雨水もしっかりと遮断してくれます。
カラーベストの屋根で、被害が少ない場合はブルーシートで養生するよりも、このように防水テープで処置する方がめくれることが無いので安心ですし長持ちします。
和泉市の降り棟に貫き板を取付けます
後日棟板金交換工事を行いました。

まずは板金を固定するための下地(貫き板)をビスで留めつけます。
貫き板が傷んでくるとこの上に取り付ける板金の釘が効かなくなり飛散する原因になります。
和泉市の降り棟の板金はビスでしっかりと固定
貫き板の上に板金をかぶせて固定します。
既存の板金は釘留めされていますが、釘は地震や強風などの影響で抜けてくることがありますので、今回はビスでしっかりと留めつけました。
和泉市の降り棟の継ぎ目はコーキングで防水
先ほどもお伝えしましたが、棟板金は数枚に分けて固定されていますので、板金同士に継ぎ目ができます。その継ぎ目から雨水が入るのを防ぐためにコーキングを充填して防水します。
和泉市の板金を上からもコーキングで防水
板金を取付けて、継ぎ目の上からもコーキングを充填して二重に防水しました。
和泉市の棟板金復旧完了
降り棟の板金復旧完了です。
既存の板金の色と同じ板金を使用しても、どうしても新旧の差がでてしまいますのでご了承ください。

棟は屋根の高い位置にありますので、地震や風などの影響を受けやすく、日々過酷な環境下に置かれています。台風21号でも、棟の被害のご相談が数多くありました。屋根を見上げて異変を感じることがあれば一度点検してもらうといいでしょう。

街の屋根やさん岸和田店は、棟板金の点検・交換なども承っておりますのでお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。