和泉市の壁際に大きな水切りを取付け飛散した棟板金も交換しました


和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。
U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台風で2階の天井に雨漏りが発生し、その原因が壁際水切りの劣化や棟板金の飛散にあることから、各所を修理することになりました。
和泉市の壁際水切りを取付け
写真の正面の外壁がお隣さんの外壁で、手前の屋根がU様邸の屋根です。

黄色い点線部分に大きな壁際水切りを取付けます。
壁際水切りとは、外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入しないようにするための部材です。既存の壁際水切りはカラー鋼板で、経年で劣化して錆びついていました。また、台風21号の影響で、棟(屋根と屋根の取り合いの水平部分)板金が飛散し、壁際水切りの取り合いにも隙間が空いている状態でした。

壁際水切り取付状況

和泉市の水切りを採寸中
板金の職人が壁際水切りを取付けるための現地調査及び採寸をしている様子です。
形状に合わせて板金を加工、取付するためです。
和泉市の水切りを加工中
板金職人が工場でU様邸の水切りを加工している様子です。
既存の水切りはカラー鋼板でしたが、新しく取付ける板金はガルバリウム鋼板になります。
カラー鋼板は劣化すると錆びが発生しますが、ガルバリウム鋼板は錆に強いので長持ちします。
和泉市の壁際水切りを接着剤を塗布して固定します
以前に加工した水切りを現場に搬入して取付けます。

裏面に接着剤を塗布して接着・固定します。
和泉市の壁際水切りをビスで固定
接着剤を塗布して密着させてから壁に向かってビス留めしました。
ビス留めした箇所と板金の上部から雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填して防水しました。
和泉市の壁際水切り取付完了
壁際水切り取付完了です。
水切りの上部で、水が入りやすい箇所はシーリングでしっかりと防水しましたし、既存の水切りよりも大きいので屋根に落ちた雨水も入りにくくなっています。
和泉市の外壁の目地にシーリング充填
壁際水切りの上の外壁の誘発目地(ひび割れることを想定してあらかじめ設けた目地)がひび割れており、雨水が入る可能性があったのでそこにもシーリングを充填してきちんと防水させていだだきました。

棟板金交換状況

和泉市の降り棟に貫板を取付けます
続いて飛散した棟板金の交換です。

U様邸は台風の強風で水平棟(横方向の棟)と降り棟(軒先方向に降りる棟)の板金と下地の貫板が一部飛散してしまいました。
屋根に残った板金や貫板も劣化が進んでいたので、今後の台風のこともふまえてすべて交換することになりました。
写真は新しい貫板を屋根面にビス留めしている様子です。
和泉市の板金をビス留めします

貫板の上に板金を被せて、横方向からビス留めします。
なぜ横方向からビス留めするのかというと、上よりも横の方が雨の影響を受けにくく、雨水も入りにくいからです。

以前は釘留めでしたが、釘は経年で抜けてくることがありますので、緩みにくいビスで固定しました。
和泉市の継ぎ目にシーリング充填
棟板金は数枚の板金を並べて固定します。
そのため、継ぎ目部分には「水返し」という雨水が流れ込むのを防ぐ加工を施していますが、念のためシーリングを充填して防水し、つなぎ合わせます。
和泉市の板金の表面にも充填して防水
板金の継ぎ目の表面にもシーリングを充填しました。
シーリングが目立ちにくいように、板金に近い色のシーリングを使用しました。
和泉市の棟のかき合い部分もシーリングで処置完了
数本の棟が合流する部分を「かき合い」と言い、そこは形状が複雑になるため弱点になりやすい箇所です。
雨水を防ぐためにシーリングを充填して処置しました。
和泉市の棟板金交換完了
棟板金と貫板の交換完了です。
棟板金を固定している釘が緩んでくると、少しの風でもズレたり飛ばされる可能性があり危険です。
もし、屋根を見上げて気になることがありましたら街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟包みを撤去して板金で包みます

泉佐野市の屋根修理のご紹介です。T様邸は台風で棟包みが飛散し、隙間が空いてしまいました。ご相談があった住宅には現在お住いされておらず、物置として使用しているので、簡単な修理ができたら、とのご希望です。

泉南市のO様邸の釉薬瓦の搬入

泉南市の降り棟の修復工事です。台風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟の瓦が崩れて地面に落下してしまいました。棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。対して降り棟は、軒先方向に斜めに降りている棟を指します。どちらも屋根同士の取り合いになるので、雨...........

泉南市の瓦が割れています

泉南市の台風被害に遭った屋根修理で、割れた瓦の差し替えや飛散しやすい袖瓦の固定の様子をご紹介します。T様邸は台風の強風で降り棟(軒先方向に降りる棟)の一部が崩れて飛散し、地瓦(屋根面の瓦)が数枚割れてしまいました。崩れた降り棟を修復し、台風...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747