オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の台風で破損した庇の修理でガルバリウム鋼板を葺きました


貝塚市の庇修理工事です。台風で木製の庇が破損しご相談をいただきました。
庇の天端に張っていたカラー鋼板(板金)がめくれて、下面の板も割れて穴があいている状態でした。
庇とは、窓や出入り口の上に設置している小さな屋根のことです。
天端の板金を剥がすと、下地板に水が廻って腐食し、更にベースの木枠も劣化が進んでいて強度が低下していました。傷んでいる木部を撤去して交換し、強い下地を入れてルーフィングという耐久性のある防水シートを敷ききちんと防水してからガルバリウム鋼板という錆に強い板金を葺いて修理したので、以前よりも耐久性のある庇になりました。
貝塚市の庇の下面の板が腐食してボロボロです
庇の被害状況です。この庇の下には1階に設置しているテラス屋根があります。
庇の下面には化粧合板を張っていましたが、腐食が進んでボロボロになっていました。
台風前はこのような状態になっていなかったそうですが、台風の強風を受けて破損してしまった、とのことです。
庇の内側に水が廻り、徐々に腐食してきたところに強風を受けて破損してしまったのでしょう。
貝塚市の庇の天端の板金が変形しています
庇の天端に取付けていた板金も変形していました。
よく見ると、ベースの枠から板金が外れています。
庇は外部に面していますので、外壁との取り合いから雨漏りすることがあります。また、H様邸のように庇の内部に雨水が浸入し、気づかないうちに躯体が腐食していることもありますので注意が必要です。

貝塚市の庇の下面の板が腐食して割れています
もう一カ所の庇も被害に遭っていました。
先ほどと同様に、庇の下面の合板が割れて穴があき、破損しています。割れた部分から中をのぞくと、天端の板金が見えたので、下地も破損していることが分かりました。
貝塚市の台風で破損し水が廻り腐食した庇の修理でガルバリウム鋼板を葺いた!
庇の天端の板金を確認すると、簡単に上に持ち上がる状態でした。
ベースの木部が腐食し、板金をしっかりと固定できなくなってしまったのでしょう。このまま次の台風が上陸すると、板金が飛散したり、庇本体が飛ばされる可能性もあります。
貝塚市の庇の下地にに水が廻ってボロボロです
波板の上に設置されている庇です。
天端の板金をめくると、下地板に水が廻ってボロボロになっていました。庇はほとんど水平に見えますが、水が溜まらないように、軒先方向へ少し勾配を付けています。ですので、水が集まる部分から腐食することが多いですし、雨に濡れやすいのも軒先です。
貝塚市の庇に新しい下地を入れて補強します
傷んでいた下地を撤去しました。
見た目がきれいになっても、躯体の強度が低下したままでは意味がないので、新しい下地を入れてきちんと補強しました。この上に構造用合板という強い下地を張ります。
貝塚市のもう一カ所の下地も傷んでいました
もう一カ所の庇の天端の板金もめくると、やはり内側に水が廻り下地板がかなり傷んでいました。
この修理では、このように下地が腐食するのを抑えるためにルーフィングという耐久性のある防水シートを敷きます。

貝塚市の庇のベースの木部も劣化が進んでいます
下地板をめくると、ベースの木部も傷んでいました。
板金を固定している枠が朽ちていますので、いつ板金が飛ばされてもおかしくない状況でした。
貝塚市の庇の枠が腐食しています
本来、厚みがあったはずの枠材が腐食して薄くなり、下地を支える木部が枠から外れていました。
庇の構造部が劣化していますので、天板の板金だけでなく、庇本体も飛ばされる危険性があります。
貝塚市の庇修理
ベース枠の劣化が著しく再利用できないため、撤去して新しい枠に交換しました。他、劣化している木部もすべて新しい木材に交換して耐久性を向上させました。
先ほどもお伝えしましたが、見た目がきれいになっても強度が低下したままでは台風の強風でまた被害に遭う可能性があります。
貝塚市の庇に構造用合板を張ります
庇のベースを補強し、天端に構造用合板という耐久性のある合板を張りました。
以前はパーチクルボードという木片を接着剤などを混ぜ合わせて熱圧成型させたボードで、水が廻ると粉々になって崩れてくるため、丈夫な下地に交換しました。
貝塚市の庇をルーフィングでしっかりと防水
構造用合板の上に、ルーフィングを敷きました。
ルーフィングは屋根の下葺き材です。破損しにくく長持ちしますので、庇への雨水の浸入をしっかりと防止してくれます。
貝塚市の庇にガルバリウム鋼板を葺きました
ルーフィングの上に、ガルバリウム鋼板という錆に強い板金を葺きました。壁を伝ってきた雨水が内部に浸入しないように壁際水切りもきちんと取付けました。
以前はカラー鋼板を葺いていましたが、カラー鋼板は表面の塗膜が傷んでくると、錆が発生しますので、今回は長くご使用いただけるガルバリウム鋼板を採用しました。
貝塚市の庇の下面には化粧合板を張りました
庇の下面は、周りの庇に合うように既存と同じ化粧合板を張りました。

化粧合板とは、合板(薄い板を何枚も重ねて加工した板)の表面に化粧(プリント)を施した板を張って意匠性を持たせた板のことです。以前のように内側から雨水が廻らないようにしっかりと防水したので、下面の板も長持ちするでしょう。
貝塚市の台風で破損し水が廻り腐食した庇の修理でガルバリウム鋼板を葺いた!
もう一カ所の庇も同じように修理し、見た目と耐久性が向上しました。腐食を防止するために木部も塗装したので安心です。
貝塚市の破損した雨戸も修理しました
雨戸の表面の板が台風で破損している箇所があったので、化粧合板を張り、枠の木部を塗装!合計4枚の雨戸を修理しました。
「近所の方が、きれいになったねぇ、良かったね!と言ってくれたんです。丁寧に工事してくださってありがとうございました」工事後のH様の声です。

H様のお力になることができて良かったです。ありがとうございました。

街の屋根やさん岸和田店は、庇の修理や塗装などのご相談も承っておりますのでお困りの方はお気軽にご相談ください。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

忠岡町の納屋の波型スレートの屋根葺き替え工事

忠岡町の納屋の波型スレートが破損
忠岡町の破損した納屋の波型スレートを張り替え
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
波型スレート(大波)・役物・傘釘・雨樋
築年数
約25年
建坪
約3坪
保証
3年
工事費用
約19.6万円(税込・雨樋交換費用含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

和泉市の屋根のモニエル瓦ってどんな瓦のこと?

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から約3年前(2018年)の9月、大型の台風が上陸しました。当時は予想外の強風が吹き荒れ、家の中にいても風で建物が揺れているのを感じたことを覚えています。家の窓から外を見た瞬間、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747