オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の台風被害で破風板とスレートが飛散し張り替えました!


忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理です。N様邸は木造・3階建ての住宅で、台風の強風で破風板とスレートが剥がれてしまいました。破風板とは屋根の雨樋が付いていない面に取り付ける板のことです。N様邸は破風にケイ酸カルシウム板(ケイカル板)を張っている形状で、剥がれた部分の木下地が露になっていました。木部に直接雨水があたると腐食し強度が低下しますので、早めに修繕させていただきました。既存の破風板は釘留めされていましたが、この工事で既存の破風板を含めて抜けにくいビスでしっかりと固定させていただきます。また、割れたスレートも差し替えました。

破風板の修理

忠岡町の破風板と鼻隠し
まずは破風板(はふいた)のご説明をさせていただきます。
黄色い点線部分が破風板で、赤い点線部分が鼻隠しです。

破風板は屋根内部に風や雨水が吹き込むのを防止する役割があり、鼻隠しは屋根の垂木の鼻先を隠し、風や雨水に当たるのを防いでいます。どちらも美観性を確保する役割を兼ねています。
忠岡町の破風板が飛散しています!
N様邸は台風の強風で破風板が数カ所で割れて飛散してしまいました。
このまま放置し続けると木下地が腐食する可能性がありますので、飛散した部分に既存と同じケイカル板を張って復旧させていただきます。(ケイカル板は吸水性が少なく、耐火性があるボードです)
忠岡町の破風にケイカル板を張ります
割れて飛散した部分の断面をきれいにカットして、新しいケイカル板を張ります。
今回は抜けにくいビスでしっかりと固定させていただきますので、以前よりも耐久性がアップします。
忠岡町の既存の破風板もビスで固定
破風に残っていた既存の板も、今後の台風などで飛散しないようにビス留めしたので安心です。
最近は台風でなくても、強風が吹き荒れることがありますので、きちんと補強させていただきました。
忠岡町の破風板をしっかりとビス留め
忠岡町の破風板復旧完了
破風板修理完了です!

留めるビスを増やし、一定間隔で強固に固定しました。破風板の継ぎ目にはシーリングを充填して防水させていただきます。
N様邸はこの工事で屋根と外壁の塗り替えも行いますので、その時に破風板もきれいに塗装して仕上げます。塗装工事をしない場合は、破風板のみ塗装することも可能です。

スレート張替え工事

忠岡町の飛散したスレートを復旧
スレート屋根の修理です。スレートは軽量で厚みが薄い屋根材のことで、1枚1枚釘留めして葺いています。
写真の黒っぽい部分が飛散した部分で、今見えているのは下に葺いているスレートです。通常は上に葺いているスレートで隠れていますので、色褪せしていません。
スレートは軒先から順に釘留めし、釘留めした箇所を上に葺くスレートで隠しています。そのため、部分的な張替の場合は釘で固定することができないので、シーリングで密着・固定することになります。N様邸は屋根の頂点のスレートが飛散していたので、一番最後に葺くスレートになります。ですので、釘留めして復旧することが可能です。

棟に取り付けている板金と貫板(下地の長い板)を仮撤去し、スレートを復旧します。(スレートを棟板金の下に葺くため)
忠岡町の板金と貫板を仮撤去してスレートを復旧
棟板金を仮撤去し、スレートが飛散した部分の貫板も取り外しました。
続いて、新しいスレートを供御留めします。
N様邸のスレートと同じ形状のものがもう製造・販売されていなたかったので、代用のスレートで復旧しています。
忠岡町の貫板をビスで固定
飛散した部分のスレートを固定した後、仮撤去していた貫板と板金を復旧します。
写真は、貫板を復旧した後の様子です。既存の貫板は釘留めされていましたが、今回は抜けにくいビスで固定させていただきました。
忠岡町の貫板の取り合いをシーリングで固定
貫板の上には板金を被せますので、貫板が直接雨水にあたることはありませんが、板金とスレートの隙間から雨水が入ることがありますので、取り合いにシーリングを充填して防水しました。
忠岡町の抜けにくいビスで固定
続いて、仮撤去していた板金を復旧します。
棟板金も釘留めしている状態でしたので、ビスでしっかりと締め付けて固定させていただいております。
忠岡町の板金の継ぎ目にシーリング充填
棟板金は数枚の板金を繋いで固定しています。
板金同士の継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填しました。充填したシーリングは、板金同士を繋ぐ役割もあります。
忠岡町の板金の上からもシーリングで防水
棟板金を復旧した後、板金の継ぎ目の上にもシーリングを充填して防水しました。
板金の継ぎ目から雨水が浸入して雨漏りした事例もありますので、不安要素が無いようにきちんと処置させていただきました。
忠岡町のスレート復旧完了
屋根修理完了です!

釘が抜けて浮いていた板金も固定しました。スレートの形状が異なりますが、この後の塗装で色が揃いますので、ほとんど差異なく仕上がります。
屋根の上の工事はご自身では危険ですし、なかなか応急処置することも難しいので、台風から修理するまでの期間、心配だったと思います。この工事で塗装もして美しくなりますので、今後の生活が楽しみですね。

次は屋根塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747