オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の割れた瓦の差し替えと倒れたテレビアンテナの立て直し


岸和田市の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。S様邸は台風の強風で瓦が飛散したり割れる被害がありました。この記事では下屋の修理と倒れたテレビアンテナの立て直し、割れて飛散した軒樋の交換の様子をご紹介します。下屋の地瓦(屋根面に葺いている瓦)が数枚割れて下にある和室の天井に雨漏りが発生しました。地瓦は屋根に落ちてきた雨水が流れる水路のような形状をしている為、割れて穴があくとそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になってしまいます。応急処置のブルーシートを撤去して新しい瓦に差し替え、今後の自然災害に備えてシーリングで瓦を固定させていただきました。
岸和田市の下屋を修理します
大屋根(一番高い屋根)から見た下屋の様子です。
台風で瓦が割れて雨漏りしていたので現地調査の時にブルーシートをかけて応急処置してほしいとのご依頼がありました。
岸和田市の下屋の割れた瓦を差替えます
応急処置のブルーシートを撤去すると、瓦が割れた部分が現れました。
先ほどもお伝えしましたが、地瓦を葺いている面は雨水が流れる経路になっていますので、雨水が軒先に流れる過程で屋根の内側に雨水がどんどん浸入してしまいます。
岸和田市の下屋の不足している土を足して瓦を復旧
S様邸は土葺きの瓦屋根です。
土葺きの屋根は下地の葺き土により瓦を固定していることから、土が乾燥して痩せてくると瓦が動きやすくなってしまいます。割れた瓦を撤去して新しい瓦に差し替える際に葺き土が流れたり不足している場合は葺き土を足して復旧します。
岸和田市の下屋の瓦差し替え完了
割れた瓦の差し替え完了です。
下地の土が乾燥して痩せてくると屋根の上を歩くと瓦が動いて「カタカタ」と音がします。S様邸は全体的に土が痩せてきている状態でしたが、瓦をすべてめくって土を足すとなると葺き替えに相当する費用が掛かってしまいますので、今回はシーリングで瓦同士を繋いで補強することになりました。
岸和田市の下屋の瓦をシーリングで瓦を固定
近年は勢力の強い台風が上陸しますし、巨大地震がいつ発生するかもわかりません。災害にできるだけ備えるためにシーリングで瓦同士を繋いで固定させていただきました。

土葺きの瓦屋根は、瓦と葺き土が大量に屋根に載っているため、それらの災害時に不利な状況です。ですので、軽い屋根材に葺き替える方も増えています。
岸和田市の下屋の棟もシーリングでしっかりと固定
被害に遭いやすい棟(屋根の頂点部分)は瓦が飛散しないように銅線で固定されていますが、銅線の間から瓦が抜け落ちたりズレることがありますので、シーリングを充填してしっかりと固定しました。もちろん大屋根も同じように補強しています。
岸和田市の倒れたアンテナを立て直します
S様邸は台風で屋根に設置していたテレビアンテナが倒れてしまいました。
アンテナが倒れた状態でもテレビは映っていましたが、落下すると危険ですので、きちんと立て直すことになりました。
岸和田市で太いステンレス線を張ってアンテナを立て直しました
電気専門の職人が太いステンレス線をしっかりと張って頑丈に立て直し、電波状況も確認しました。
テレビアンテナの設置や立て直し工事では、電波状況を確認するため、必ずお部屋の中に入らせていただかないといけません。
岸和田市の軒樋が飛散しています
台風で2階の屋根の軒樋(横方向の雨樋)が一部飛散してしまいました。
軒樋は屋根に落ちてきた雨水を受ける役割がありますので、飛散するとその部分から雨水が直接流れ落ちてしまいます。
屋根の高い位置から雨水が大量に落ちてくると、その勢いで地面を削ったり、跳ね返りの雨水で不快な思いをします。また、下に下屋がある場合は屋根を傷めることもあります。そればかりか、雨水が外壁にあたって雨漏りすることもありますので必ず修理しましょう。
岸和田市の樋を復旧
板金職人が新しい軒樋を取付けました。
軒樋は「受け金具」とう金具に差し込んで固定されていますが、金具が傷んだり経年で樋が変形すると強風を受けた時に飛散する可能性が高くなってしまいます。今後、樋の飛散を防ぐために金具に銅線をかけて樋の上に渡して固定しました。

岸和田市の既存の樋も銅線で固定
飛散せず残っていた既存の軒樋にも銅線を通しきちんと固定させていただきました。
2階以上の樋の工事では足場が必要ですので、足場がある面のみの補強です。
岸和田市の大屋根修理完了
大屋根の修理完了状況です。
大屋根はケラバ(屋根の雨樋が付いていない面の端)の瓦がほとんど落下してしまいましたが、新しい瓦に差し替え、屋根全体の瓦をシーリングで繋いでしっかりと固定しました。
ズレも戻したので隙間もなくきれいな屋根になりました。倒れたアンテナも立て直したので安心です。
岸和田市の下屋修理完了
下屋の修理完了状況です。
大屋根と同様に、割れた瓦を差替え、瓦のズレを戻してからシーリングで補強しました。
下屋は大屋根から瓦が落ちてくるなど二次被害に遭いやすい箇所ですが、この工事で大屋根の瓦をシーリングで固定したので以前よりは被害に遭いにくい状態を確保できました。

街の屋根やさん岸和田店は瓦屋根の点検や修理、葺き替えなどのご相談も承っております。
「最近、台風が多いし地震も心配なので屋根をメンテナンスしたいな・・・」とご検討されている方はお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の棟の内部で劣化が進行!貫板と棟板金を交換しました

岸和田市の降り棟の板金が飛散
岸和田市の棟板金取付完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金・スレート・コーキング
築年数
約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約48万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747