オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!


工事のきっかけ

貝塚市の木製テラスの入替工事の施工事例です。

N様邸は台風でご自宅の屋根の板金がめくれるなどの被害を受けて、その時にテラスの雨樋も破損し、波板も剥がれてしまいました。

木製テラス本体の木部が経年で腐食し、強度が低下していたのでこの工事で本体を入替!

既存の波板は耐用年数が短い塩ビ製でしたが、耐久性のあるポリカ波板に張り替えています!

貝塚市 台風 波板張替え・テラス入替

ビフォーアフター

before
貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
horizontal
after
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了

工事基本情報

施工内容
台風
施工期間
3日間
使用材料
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
施工内容その他
波板張替え・テラス入替
築年数
約42年
保証年数
2年
工事費用
約8万円(税込み)
建坪
約18坪
ハウスメーカー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貝塚市N様邸の1階に設置している木製テラス入替工事の様子を施工事例でご紹介します。

皆さまは【テラス屋根】と聞いて「あぁ、あれね!」と思われますか?

そうです。テラス屋根は1階の大きな窓(掃き出し窓)や勝手口から
お庭や通路に繋がる部分に設置される屋根のことです。


この記事では、貝塚市N様邸の事例を参考に【木製テラス】についてご紹介したいと思います!

まずは、テラス屋根について少しお話しますね。

テラス屋根ってどんな屋根のこと??

貝塚市のテラス屋根

  テラス屋根ってどんな屋根?どういう目的で設置するの??  

テラス屋根は、1階の掃き出し窓や勝手口の前に設置する小さな屋根のことです。

テラス屋根を設置すると、雨や日差しを防ぐことができるので、
洗濯物を干したり、ちょっとした荷物を置くときにとても便利です。

テラス本体の素材には「アルミ製」「木製」「鉄製」があり、
屋根材は「波板」「パネル」「金属」など、数種類あります。

アルミ製のテラスは耐用年数が長くてデザインが豊富なので、
お家の外観に合わせておしゃれなテラスを設置することもできます。

今回ご紹介するのは木製のテラスの入替工事になります。

貝塚市N様邸の木製テラスの現況

貝塚市の波板を張り替えます
貝塚市N様邸のテラスは、お住いの裏側のちょっとしたスペースに設置されています。

台風でテラスの雨樋が破損して波板も一部剥がれている状態でした。

台風でお住いの屋根の板金や屋根材が飛ばされて修理することになったので、
傷んだテラス屋根も入れ替えることになりました。

既存の波板は「塩ビ波板」で、経年で劣化が進んで変形し、割れやすくなっていました!

この工事では、塩ビ波板よりも耐用年数が長いポリカ波板に張り替えます。


N様邸は台風でご自宅の屋根にも被害を受けました!
  台風被害についてのお勧めの記事   ➡ 台風などの自然災害で火災保険が適用される屋根工事

貝塚市の劣化した木下地も入れ替えます
テラス本体を確認すると、木部が腐食して強度が低下している状態でした。

台風で屋根が飛ばされたり、倒壊しなくて良かったです。

波板を張り替えると一見きれいに見えますが、本体は強くならないので、今後安心してご使用いただけるように、本体も入れ替えることになりました。

貝塚市の波板屋根の樋が割れて変形しています
テラスの軒先に取り付けている軒樋(のきどい・横方向の雨樋)も、経年で劣化が進んで変形し、その役割を果たしていない状態でした!

また、割れている箇所もあったので、再利用することができません。

テラス本体を入れ替えた後、新しい雨樋を取付させていただきます。(軒樋はN様邸にあった在庫の樋を使用します)

雨樋とは・・屋根に落ちてきた雨水を受けて、地上や地下に排出するための設備


貝塚市N様邸の木製テラス入替工事の様子

貝塚市の木製テラスを撤去
建物の外壁に取り付けられている「垂木掛け」だけを残して本体はすべて撤去します。


  垂木掛け(たるきかけ)について  

垂木は屋根の一番高い棟部分から軒桁(のきげた・屋根の一番低い部分に設置する横木)
に渡す材のことで、垂木掛けとは、垂木を壁側で受けて支える横木のことです。

垂木掛けに溝を掘り、その溝に垂木を差し込んで固定します。

垂木掛けは壁に取り付けられていて、まだ使用できる状態だったので、そのまま残すことになりました。

貝塚市の既存のテラス本体を撤去
壁に取り付けている垂木掛けを残してテラス本体を撤去しました。

続いて新しい柱を設置し、軒先側に軒桁を横に渡して取付けてから垂木掛けに垂木を差し込んで一定間隔で固定していきます。

貝塚市で木製のテラス屋根を設置
  テラス本体の造作・設置完了です!!  

1.柱を建てる

2.軒桁を取付け

3.垂木を設置

4.鼻隠し(はなかくし)を取付け

5.横桟(よこざん)を取付け

以上の流れで作業を行いました。

鼻隠しとは、屋根の軒先に取り付ける板のことで、垂木や屋根の下地などの
鼻先を隠す役割があります。また、鼻隠しには雨樋が取り付けられます。

ここでの横桟は、波板を支えて固定するための下地になります。

貝塚市でポリカ波板を張りました
テラス本体の入替が終わった後、屋根にポリカ波板を張りました。

本体が木製なので、木下地用の傘釘で固定しています。

使用したのは透明のポリカ波板で、800mmの長さの波板を5枚使用しました。


  ポリカ波板について  

ポリカ波板とは、ポリカーボネート製の波板のことです。

ポリカ波板は塩ビ製の波板のように劣化による「変形」や「変色」
の症状が少なく、耐用年数が長い波板です。

衝撃にとても強いので割れる心配はほとんどありません。また、ポリカ波板は
透明度が高く光を通すので、屋根の下が明るくなるというメリットもあります!

貝塚市で軒樋を取付けました
波板を張った後、鼻隠しに樋の受け金具を取り付けて、軒樋をはめ込んで固定しました。

軒樋はN様邸で在庫があったので、そちらを使用しています。

軒樋はただ取付ければいいという訳ではなく、雨水が竪樋(たてどい・縦方向の樋)の方に流れるように勾配を付けないといけません。

貝塚市の木製テラスに雨樋取り付け
  雨樋取り付け完了です!!  

台風で破損した集水器や竪樋は新しい樋に交換しました。


雨樋は屋根に落ちてきた雨水を地上や地下に排出させるための設備です!
  雨樋についてのお勧め記事   ➡ 雨樋の重要性や気になる交換費用を大公開!  


雨樋の各部材の名称について下記の表でご説明しています!!

軒樋(のきどい) 横方向の雨樋 屋根に落ちてきた雨水を受けて竪樋へ流す樋
竪樋(たてどい) 縦方向の雨樋 軒樋から流れてきた雨水を地上や地下に流す樋
集水器(しゅうすいき) 軒樋に取り付ける桝 軒樋に流れてきた雨水を集める樋
呼び樋(よびどい) 集水器の下に取り付ける短い樋 軒樋に流れてきた雨水を竪樋に送るための樋
エルボ 雨樋の接続部分に取付ける樋 雨樋の向きを変えるための樋
つかみ金具 主に外壁や柱に取り付ける金具 竪樋を掴んで固定するための金具
受け金具 軒先の鼻隠しや垂木に取り付ける 軒樋を受けて固定するための金具

貝塚市N様邸の木製テラス入替完了です!!

貝塚市の木製テラス入替え完了
既存の波板は塩ビ波板で、変色や変形が著しく見た目が悪くなって
いましたが、ポリカ波板に張り替えて明るい空間に!

見た目よりも重要なのがテラス本体の強度・耐久性です!
N様邸の木製テラスは長年雨風に晒されて腐食し、強度が低下している状態でした。

テラスを解体した大工に話を聞くと、腐食により木がスカスカになり、
少しの力でバラバラになったということです。

台風時の強風で倒壊しなくて本当に良かったと思いました・・・。

垂木や横桟など、以前よりも太くなっているので耐久性も向上しています!!



  貝塚市N様邸の現場ブログ一覧  




老朽化した木製テラス入替工事を行った貝塚市N様の声

貝塚市で木製テラス設置完了状況
「前は、屋根が古いし暗いのであまり入ることも無かったんですが、きちんと工事していただいて明るくなったので、これからは有効活用したいです。きれいになると気持ちがいいですね!ありがとうございました」

これからは、小物などを置く時も明るくて使いやすいと思います。どんどん活用してくださいね!


  お客様のお喜びの声をたくさん
いただいています!!  

街の屋根やさん岸和田店に安心してお任せください

街の屋根やさん岸和田店は、テラスやカーポートの波板・パネルの張替や本体入替えのご相談も承っております。


ご検討されている方はお気軽にご相談くださいね!
◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

泉南市の穴が開いたベランダの波板をポリカ波板に交換!

泉南市の波板張替え
泉南市のテラスの波板張替え後
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
約7.4万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

和泉市の屋根のモニエル瓦ってどんな瓦のこと?

和泉市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から約3年前(2018年)の9月、大型の台風が上陸しました。当時は予想外の強風が吹き荒れ、家の中にいても風で建物が揺れているのを感じたことを覚えています。家の窓から外を見た瞬間、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747