オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高石市のカラーベストの屋根にタスペーサーを挿入し塗装しました


高石市の屋根・外壁塗装工事で今回は屋根塗装の様子をご紹介します。
Y様邸の屋根はカラーベストを葺いた形状です。カラーベストは厚みが約5ミリほどの薄型の屋根材で、表面を塗膜で覆って防水性を持たせています。その塗膜は永久的に防水交換が持続するわけではなく、紫外線や外気の影響で次第に劣化して剥がれてきます。そうすると水分を吸い込むようになり、乾燥・膨張の動きでカラーベストが反り返り、割れることがあります。カラーベストが反ってくると強風が吹き込んで飛散する危険性もありますので、そうなる前に塗装により塗膜で覆ってあげる必要があります。
高石市のカラーベストが全体的に色褪せています
屋根の現況写真です。
カラーベストの表面に施された塗膜が劣化し、全体的に色褪せている状態です。
塗膜が傷むことにより防水性が低下しており、このまま放置するとカラーベスト自体の劣化が進んで割れたり飛散する可能性がありました。
高石市の板金の釘を打ち直します
また、カラーベストの屋根には棟(屋根面同士の取り合いの頂部)や軒先、ケラバ(屋根の流れの一番端)部分の雨仕舞で、板金を取付けているのですが、その板金を固定している釘が緩んで抜けかかってきていました。
板金の釘の緩みは板金が飛散する原因になりますので、塗装前に打ち直します。
高石市で高圧洗浄で屋根を洗います
屋根の高圧洗浄状況です。
高圧洗浄機は強い水圧により汚れを落とすための機械です。最近では家庭用に市販されていますが塗装職人が使用する洗浄機は水圧が高いので、その分洗浄力もアップします。
屋根に付いた汚れや剥がれてきている古い塗膜などを落としていきます。
Y様邸は屋根と同時に外壁も塗装しますので、続けて外壁の洗浄も済ませます。
高石市の屋根の塗膜がほとんど剥がれました
塗膜が傷んでいると、高圧洗浄でほとんどが剥がれ、真っ白になる屋根もあります。
なぜ塗装前に洗浄するのかというと、汚れたまま塗料を塗ると、塗料に汚れが絡んでしっかりと密着しないからです。洗浄により、塗装面をできるだけきれいに整えることが塗膜を長持ちさせることに繋がります。
高石市の屋根を吹き付けで下塗りします
高圧洗浄後、しっかりと乾燥させるために1日おいてから塗装の工程に入りました。まずは下塗りです。
下塗りは、上に塗り重ねる塗料(中塗り・上塗り)を塗装面に密着させるための工程です。上に仕上げの塗料を塗るため、下塗りは隠れて見えなくなりますが、この工程を省くと塗膜の剥離の原因になりますので、必ず行います。
街の屋根やさん岸和田店は、各工程の作業状況を撮影して工事後にお施主さまにお預けしておりますのでご安心ください。
高石市の屋根にタスペーサーを挿入します
下塗り後、タスペーサーという部材を使用して屋根の縁切りを行います。
カラーベストは屋根材同士の間にもともと隙間があいていますが、塗装するとその隙間が塗料で塞がってしまいます。そうすると、毛細管現象(細い隙間に水分が吸い上げられる現象)を引き起こしてしまい、雨漏りの原因になることがあります。縁切りとは塗料で塞がってしまった部分を切って隙間を確保する作業のことですが、塗装前にタスペーサーという部材をカラーベストの間に差し込んでおくと隙間が確保されて、上に塗料を塗っても埋まることはありません。
高石市の屋根を中塗りで色付けします
屋根全体に一定間隔でタスペーサーを挿入してから、中塗りを行います。
基本的に中塗りは上塗りと同じ塗料を使用します。1度塗りでは必ず塗りムラができるため、中塗り・上塗りに分けて塗料を塗り重ねて仕上げます。
高石市の屋根の中塗り完了
中塗り完了です。
屋根を雨水や紫外線、外気の影響から守るため、塗膜には既定の厚みを付けないといけません。
中塗りを乾燥させてから上塗りすることで、塗膜が二重になり、その分厚膜に仕上がります。
高石市の屋根を中塗り乾燥後上塗りします
中塗り乾燥後、上塗りします。
今回は、Y様のご希望で中塗りと上塗りの色を変えました。
中塗りと上塗りの色を変えることで塗りムラがないように塗装できるのでは、ということです。
街の屋根やさん岸和田店は熟練の塗装職人により作業していますので、同じ色で塗装しても塗りムラなく塗装できますが、ご希望があれは色を変えることも可能です。
高石市の下屋もきれいに塗装します
下屋も同じように、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げました。
外壁との取り合いなどの細かい部分は刷毛を使用して丁寧に塗り込みました。
高石市の板金も3回塗装しました
屋根に取付けている板金も、下塗り・中塗り・上塗りしています。
板金を固定している釘の上も塗料で覆うので、以前よりも釘が抜けにくくなります。
高石市の屋根塗装完了
屋根塗装完了です。
色褪せた屋根が塗装により美しくなりました。
屋根の塗替えは、美観性を高めるだけでなく、屋根を長持ちさせるためにも必須です。劣化が進んで屋根材自体が傷んでしまう前に定期的に塗装しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市の詰まった雨樋を掃除し雨音が少なくなりました!

高石市の雨樋の詰まり
高石市の雨樋の詰まり掃除完了
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
清掃道具一式
築年数
築約5年
建坪
約16坪
保証
無し
工事費用
約5.3万円(税込)
施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

岸和田市のスレート屋根を塗装します

岸和田市にお住いのU様より「樋が詰まっているのか庇の上に雨水が落ちてくるんです。それと、夏場、2階の部屋が暑くてしょうがないので、そういうのを抑える塗料があるって聞いたんですが、塗装できますか?」というご相談をいただき工事に至ります。この記...........

岸和田市の雨樋などのご相談

岸和田市にお住いのU様より雨樋などのご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は木造の2階建ての住宅です。1階の庇やカーポート付近などに雨水が落ちてくるので「詰まっているのでは」と心配されていました。また、「夏場、2階の部屋が暑くてしょう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747