オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

忠岡町のスレート屋根を縁切りしきれいに塗り替えました!


忠岡町の屋根塗装です。K様の初めのご相談はサイディング外壁の目地のシーリングの劣化でした。建ててから20年が経過し、まだ一度も屋根や外壁の塗り替えをしておらず、「そろそろかな・・」とご検討されており、塗り替え工事に至ります。塗装前に傷んだシーリングをすべて打ち替え、サイディングの反りも補修しました。屋根・外壁を高圧洗浄し、下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けて塗装します。スレート屋根の塗り替え時に行う「縁切り」で、タスペーサーも使用しました。
忠岡町の屋根を塗装します
K様邸の屋根の現況です。

化粧スレートは薄型の屋根材で、水分を吸収する性質がありますので、表面を塗装して防水処理されています。表面の塗膜は永久的ではなく、紫外線や外気の影響で日々劣化していき、色褪せてきます。そうすると、雨水を弾く力が低下して吸い込むようになり、苔の発生やスレートのひび割れなど様々な劣化症状を引き起こしてしまいます。それらの劣化症状を抑えるためにも定期的な塗り替えが必要です。
忠岡町の屋根の板金を固定している釘をビスでしっかりと固定
塗装前に、屋根の各板金の釘をビスに交換させていただきました。(釘の緩みが見受けられたため)

化粧スレートの屋根には「棟板」や「ケラバ水切り」「壁際水切り」といった板金が取り付けられています。これらは屋根面同士の取り合いや屋根の端、壁際などの雨仕舞で取りつけられている板金です。(雨仕舞とは雨水が内部に浸入しないようにすることです)
板金は釘留めされていますが、風や揺れの影響で釘が緩んできます。釘が緩むと板金が風でズレたり飛ばされる危険性がありますので、抜けにくいビスに交換しました。
忠岡町の屋根を高圧洗浄で汚れや旧塗膜を落とします
屋根塗装の様子です。
高圧洗浄機で屋根面に付着した汚れや苔、旧塗膜などをきれいに洗い落とします。
塗装面が汚れている状態のまま塗装すると、汚れなどが塗料に絡んでしっかりと密着しないため、塗装工事では先に必ず高圧洗浄の工程を行います。
忠岡町の屋根の下塗りで塗装面を整えます
高圧洗浄後、水分を乾燥させてから塗装します。
まずは下塗りです。下塗りは塗装面を整えて上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程です。
シーラーという透明の下塗り材を塗布しました。
塗膜が劣化したスレートは水分を吸い込む状態になっていますので、下塗りで吸い込みを止めないといけません。
タスペーサーです
下塗り後、「縁切り」を行いました。
スレート葺きの屋根を塗り替えると、もともとあったスレートの隙間が塗料で埋まってしまいます。そうすると、毛細管現象(細い隙間に水分が吸い上げられる現象)を引き起こして雨漏りすることがありますので、隙間が塗料で埋まらないようにあらかじめ「タスペーサー」という部材をスレートの間に挿入し、隙間を確保します。

昔は塗装後にカッターなどで塗膜を切って隙間を開ける「縁切り」作業を行っていましたが、作業性が悪く時間がかかり、塗膜がガタガタになって見た目にも悪影響を与えていました。このことから開発された「タスペーサー」は、あらかじめ隙間を確保できる部材です。
忠岡町のスレートの隙間に挿入
タスペーサーをスレートの間に一定間隔で挿入しておくと、隙間が確保されて、上に塗料を塗り重ねても隙間が埋まることはありません。
忠岡町のスレート屋根の縁切り完了
縁切り(タスペーサー挿入)完了です。
タスペーサーは差し込むだけで縁切りができる便利な部材です。作業性が良く、仕上がりにも悪影響を与えません。
忠岡町の屋根を中塗りで色付け
下塗り後、タスペーサーを挿入し、中塗りの工程に入ります。
中塗りと上塗り塗料は一般的に同じ塗料を使用します。
中塗り・上塗りでお好みの色に着色します。
この塗膜が大切な屋根を雨水などの外気から守ってくれます。
忠岡町の屋根を上塗りで厚膜に!
中塗り乾燥後、上塗りします。
2回に塗り分けることで塗膜の厚みを確保し、塗りムラなくきれいに仕上げることができます。
どんなにいい塗料を使用しても塗膜が薄いと塗料の性能を発揮できません。
忠岡町の屋根塗装完了
屋根塗装完了状況です。塗膜が傷んで色褪せ防水性が低下していた屋根が新しい塗膜で覆われて、美しく、そして防水性を確保することができました。スレート屋根の定期的な塗り替えは、美観性を高めるだけでなく、雨漏りなどの被害から建物を守り、スレート自体の劣化を遅らせて長持ちさせるためにも必須です。
忠岡町の屋根の板金もきれいに塗装しました
板金も屋根材と同じ塗料で塗り込みました。
屋根と同じ色ですので一体性がありシンプルな見た目になりました。
板金は劣化すると錆が発生しますので、塗り替えのメンテナンスが必要です。
忠岡町の美しい下屋です
下屋も同じ工程できちんと塗装しました。
下屋は2階の窓からよく見えますので、傷んでくるとよくわかります。2階の屋根の方が過酷な状況下にありますので、下屋の色褪せなどを見極めて塗り替えの時期の目安にしましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)
施工事例

忠岡町で強風でめくれ上がったセメント瓦を固定して復旧!

忠岡町で台風で瓦がズレました
忠岡町の台風でズレた瓦の復旧完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
仮設足場、アルプス・アートストーン・桟木・シーリング
築年数
築約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
足場費用・約15万円 屋根修理費用・約19万円(ともに税込み)
施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747