オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市の屋根の塗り替えで日本ペイントのサーモアイSiを使用しました


阪南市の屋根・外壁塗装で、この記事では屋根塗装の様子をご紹介します。S様邸は化粧スレートの屋根で、築20年が経ち、表面の塗膜が劣化して剥がれてきていました。化粧スレートはもともと雨水を吸い込む性質を持っていますので、表面を塗装処理して防水性を持たせています。その塗膜は紫外線や外気の影響で色褪せて剥がれてきますので、美観性を高めたり、防水性を確保するために定期的な塗り替えが必要です。屋根の塗膜が傷むと、スレート自体が劣化する原因になり、劣化が進んだスレートは割れや反りがひどく塗り替えでのメンテナンスができないことがありますので注意しましょう。
今回は日本ペイントのサーモアイSiという耐久性のある塗料を使用して塗装します。
阪南市の屋根の塗膜がほとんど剥がれています
S様邸の屋根の現況です。
化粧スレートとは厚みが約5mmほどの平らな屋根材で、スレートを並べて軒先から順に重ね葺きしています。軽量なので地震に強いとされて、多くの住宅の屋根で使用されています。
上記でお伝えしましたが、スレートは表面を塗装して防水性を持たせていますので、その塗膜が劣化して剥がれてくると防水性が低下してスレート自体を傷めることになります。そのため、定期的な塗り替えをお勧めしています。
スレートの塗り替え時期は10年~15年の間隔と言われていますが、建物の立地条件や日当たりなどによって状況が異なりますので、心配な方は業者に相談しましょう。また、下から屋根面が見える場合は、色褪せや苔の発生が見受けられると、塗り替え時期の目安になりますので、確認してみてください。
阪南市の屋根を高圧洗浄で汚れなどを落とします
屋根や外壁の塗装工事の中には必ず「高圧洗浄」の工程があります。
高圧洗浄は、塗装面についた汚れや苔、既存の塗膜などを洗い落とす作業のことです。汚れたまま塗装すると、塗料がしっかりと密着しないので耐久性に悪影響を与えてしまうため、必須の工程です。例えば、シールを貼る面に砂がついていたら、くっつかずうまく貼れないのと同じです。
阪南市の屋根洗浄後乾くと真っ白になりました!
S様邸の屋根の塗膜は劣化が進んで剥がれてきている状態でしたので、高圧洗浄でほとんど落とされました。密着性が低下している塗膜はできるだけ取り除いた方が、新しい塗膜が素地にしっかりと密着します。

阪南市の緩んだ釘は打ち直します
スレート屋根には、雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)が必要な箇所に板金が取付られています。
写真は屋根の頂点にある「棟板金」です。棟板金を含めた各板金は釘留めされていますが、長年にわたり風や揺れ等を受けているうちに釘が緩んでくることがあります。この釘が緩むと、台風などの強風で板金が飛ばされる原因になりますので、塗装前にきちんと打ち直さないといけません。釘を打ちこんでから上に塗料を塗ると、釘が抜けてくるのを防ぐことができます。
阪南市の屋根を板金を含めて下塗りします
昔はカラー鋼板という板金を使用されている住宅が多かったのですが、カラー鋼板は表面の塗膜が剥がれてくると酸化して錆が発生するため、最近の住宅では錆に強いガルバリウム鋼板の板金が使われています。屋根塗装では、板金類も長持ちさせるために同時に塗装することがほとんどです。また、屋根と同じ色で塗装することで馴染んで美観性がアップします。まずは、板l金を含めて下塗りの工程を行います。
阪南市の屋根を丁寧に下塗りします
下塗りは、塗装面の状態を整えてこの上に塗る塗料をしっかりと密着させる工程です。
スレートの場合、もともと水を吸い込む性質があるため、S様邸のように既存の塗膜が剥がれると、塗料をたくさん吸い込んでしまうことになります。そうすると、せっかく塗った塗料がスレートに吸収されて表面の塗膜が薄くなり、耐久性が確保できなくなるため、表面を固めて塗料の吸い込みを抑えるシーラーで下塗りして調整しないといけません。
阪南市の屋根の中塗りで色付けします
下塗りで塗料の吸い込みを抑えてから中塗りします。
今回は日本ペイントのサーモアイSiという耐久性のある塗料を使用して塗装します。
基本的に中塗りと上塗り塗料は同じ塗料を使用して塗分けますので、「上塗り1回目」「上塗り2回目」と表記されることもあります。
中塗り・上塗りでお好みの色で着色していきます。
阪南市の屋根中塗り完了
塗料の性能を確保するためには塗膜に規定の厚みが必要ですので、塗膜に厚みを持たせるために中塗りが乾いてから上塗りして塗膜を二重にして厚膜に仕上げます。
中塗り完了後、一見きれいに見えますが、必ず塗りムラができますし、塗膜が薄いので長期間耐久性を維持できません。
阪南市の屋根の上塗り
中塗り乾燥後、上塗りします。
「同じ色で塗装すると、塗りムラができるんじゃないの?」と心配される声をお聞きしますが、乾燥している面と新しく塗った面では色や質感が異なりますので、きちんと塗りムラなく塗装することができます。ご安心ください。
阪南市の下屋も3回塗り重ねました
下屋も同じように高圧洗浄から始まり、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。
大屋根(2階の屋根)と下屋の色を変えることもできますが、同じ色で揃えた方がごちゃごちゃせず美しい外観になります。
阪南市の屋根塗装完了です
屋根塗装完了です。色褪せたスレートに艶が蘇り美しく仕上がりました。
屋根を塗装し塗膜で覆ったので、雨水を弾く力も蘇りました。(塗膜が傷むとスレートが雨水などの水分を吸収し、汚れも付着しやすくなります)

S様邸の屋根は急こう配で下からよく見えます。これから見上げるたびにきれいな屋根が見えると思うと嬉しい気持ちでいっぱいになります。

次は外壁の塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の屋根塗装

泉佐野市の屋根塗装です。Y様邸は化粧スレートの屋根で、数年前に塗り替えた塗膜が傷んで剥がれてきており、2階のベランダから見た下屋がボロボロで気になる、とのことで屋根のみを塗り替えることになりました。以前塗り替えられた時に、スレートの隙間が塗...........

泉佐野市の屋根を塗装します

泉佐野市の屋根塗装です。Y様邸の屋根は化粧スレート葺きで、2階のベランダから下屋を見ると表面の塗膜が剥がれてきてボロボロになっているので気になる、とのご相談でした。数年前に屋根と外壁を塗り替えられたそうですが、屋根の塗膜の劣化が外壁よりも進...........

阪南市の屋根塗装完了です

阪南市の屋根・外壁塗装工事の中の付帯部の塗装の様子をご紹介します。付帯部とは外壁以外の部分のことで、外壁塗装では、壁はもちろん、窓や雨樋、木部などの付帯部も同時に塗装することがほとんどです。外壁がきれいになった時に、外壁に付帯している雨戸や...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747