オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の平屋の屋根瓦が飛散し雑草が生えていました!


泉大津市にお住いのM様より「台風で瓦がズレたんです」とのお問い合わせをいただき現地調査にお伺いしました。
M様邸は2階建てと平屋建ての建物があり、平屋建ての瓦屋根に被害がありました。
泉大津市の平屋の屋根のご相談
平屋の屋根のケラバとその周辺の瓦が飛散し、下地の葺き土がむき出しになり流れていました。また、被害に遭ってから月日が経過して屋根の上に雑草が生えている状態です。2階建ての住宅の方は屋根への被害はありませんでしたが、樋が一部飛散したり、庇の板金が無くなり下地の木部が腐食していました。傘保険がほとんど下りないので、最低限の修理の見積もりが欲しいとのご希望です。
泉大津市の屋根の瓦が飛散
平屋建ての屋根の被害状況です。

ケラバとその周辺の瓦が飛散し、下地の土がむき出しになっていました。
ケラバとは屋根の流れの面の一番端のことです。端に位置することから風や地震の揺れの影響を受けやすいため、銅線を通すなど固定されていますが、昔の住宅では固定されていないことがあります。M様邸のケラバは地瓦(屋根面の瓦)と袖瓦(ケラバの瓦)の取り合いに丸瓦(半丸の瓦)をのせて固定している工法でした。
泉大津市の飛散した瓦が屋根の上にそのまま残っていました
ケラバ部の瓦が台風の強風でめくれ上がって飛散し、屋根の上にそのままの状態で残っていました。他の瓦は地面に落下して割れていました。

台風直後はこのように屋根の上に飛散した瓦が残っている住宅が多くありましたが、強風で落下する危険性があるため、日にちが経つにつれてほとんどが下ろされていました。
泉大津市の屋根に雑草が生えています
瓦が飛散し、業者に応急処置の依頼をされたそうですが、だれも来てくれず、部屋内に雨漏りしていないことからそのままの状態で落ち着くまで待っていたそうです。
瓦が飛散して土がむき出しになると、風で飛ばされてきた種でこのように雑草が生えることがあります。
屋根から雑草が生えると、見た目も悪くなりますし、根が張ると、雨水が根を伝って雨漏りすることがあるので注意が必要です。
泉大津市の屋根の漆喰の剥がれ
屋根に上がって全体的に調査をしました。
下から見ても確認できたのですが、飛散した瓦の取り合いに詰められていた漆喰が剥がれ落ちていました。

漆喰は瓦同士の隙間を埋めたり、瓦を固定する役割があり、経年で傷んでくるとポロポロと剥がれてくるようになります。
泉大津市の棟の表面の漆喰が剥がれています
棟の下の面戸漆喰も剥がれている箇所がありました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、雨水が入らないように瓦を積み上げています。屋根面と棟の取り合い部は隙間が大きくあきますのでその部分に漆喰を詰めて雨仕舞しています。
M様邸は1度漆喰の工事をされたのか、剥がれた漆喰の下に既存の漆喰がありました。
泉大津市の漆喰が手前に出過ぎています
面戸漆喰は上にあるのし瓦よりも奥に控えていないとかえって雨水を吸い込んで雨漏りすることがあります。
M様邸は既存の漆喰を剥がさずに上から新しい漆喰を塗られたのか、やや手前に出過ぎていました。

泉大津市の漆喰がのし瓦より奥へ控えないといけません
この写真は他の住宅で棟の積み直しをした時の様子です。
のし瓦の下に詰めている漆喰が、のし瓦よりも奥へ引っ込んでいることが分かります。棟に落ちてきた雨水はのし瓦を伝って屋根面に流れ落ちますので、漆喰が突き出ていると、雨水が直接あたって水を吸い込み、雨漏りすることがあるのです。
泉大津市の庇のスレートがめくれて下地がボロボロです
平屋建ての住宅で、ケラバの瓦が飛散した部分の下に設置されている庇も傷んでいました。
この庇にはアスファルトシングルという薄型の柔らかい屋根材を葺いていましたが、強風に煽られて剥がれていました。そして、下地の板が濡れて腐食し、ボロボロになっていました。アスファルトルーフィングは薄いシート状ですので、強風で破れたり剥がれることがあります。
泉大津市の雨樋が飛散しています
2階建ての住宅は屋根には被害はありませんでしたが、玄関庇の軒樋(横方向の雨樋)が一部と集水器、雨水を地上へ送る竪樋が飛散していました。
こちら側は雨水が流れる方向ですので、集まった雨水が直接流れ落ちてきてしまいます。
M様邸はご加入されている火災保険がほとんど下りないことから、できるだけ費用を抑えたいとのご希望でした。そのため、被害にあった箇所のみを修復するご提案をさせていただきました。

屋根修理には思った以上に費用が掛かってしまうことがあります。修理方法も様々ありますので、まずはお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747