オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の屋根修理で屋根の端のズレた瓦を葺き直しビスで固定


泉大津市の台風被害に遭った片流れの屋根の修理です。N様邸はオレンジの釉薬瓦を葺いた屋根で、台風の強風を受けて袖瓦が2列、数枚繋がった状態でズレてしまいました。以前、瓦をシーリングで繋げて補強する「ラバーロック」をされていたことが原因です。
泉大津市の袖瓦がまとめてずれています!
N様邸の屋根の被害状況です。台風の後にご近所の家にお邪魔させてもらい、屋根を確認・撮影させてもらったそうです。
向かって右側の袖瓦(屋根の流れの一番端部)が数枚繋がった状態で下にズレていることが分かります。

ラバーロックは強風や地震の揺れが発生した時に瓦がバラバラに飛散するのを防ぐ効果がありますが、今回のように想定外の強風や地震の大きな揺れを受けると、瓦がまとめてズレることがあります。ですが、ラバーロックしていなければ、もっと広範囲の瓦が飛散していた可能性が高いともいえます。
今回の屋根修復工事は、ズレた瓦を撤去し、再利用できる瓦は使用して袖瓦を復旧・固定します。他、屋根面の瓦が割れたり、漆喰が剥がれたりしている箇所もありましたので、きちんと修理させていただきます。
泉大津市で足場を設置しました
N様邸の屋根は急こう配で、屋根の上に上がるだけで危険です。また、被害箇所が袖瓦部ということもあり、職人が安全に作業できるように一部足場を建てて工事することになりました。
泉大津市で使用するオレンジの釉薬瓦です
N様邸で使用するオレンジの釉薬瓦です。
釉薬瓦とは、粘土を瓦の形に形成し、釉薬といううわぐすりを塗って焼いた瓦のことで「陶器瓦」とも呼ばれています。釉薬により色付けすることが可能ですので、洋風の建物にも合う洋瓦もございます。
泉大津市の屋根の応急処置のシートなどを撤去します
瓦が大きくズレてしまったので、台風後に近所に修理に来ていた業者に依頼してブルーシートで応急処置してもらっていました。修理の際は、まずは応急処置のシートや土のう、防水テープなどを撤去するところから始まります。また、土のうの土が流れていたり、屋根の土が屋根面にのっていると、滑りやすく危険ですので周囲を掃除することも大切な作業の一つです。
泉大津市の瓦がシーリングで繋がっています
瓦がズレた部分です。
ラバーロックで瓦が数枚繋がった状態のままズレていました。棟(屋根の頂点の水平部)の瓦の隙間を埋めていた面戸漆喰もいくつか剥がれて落ちていました。
泉大津市のズレた瓦をめくって葺き直します
ズレた瓦をめくって、きちんと葺き直します。
瓦が繋がったままでは地上におろせないですし、再利用できる瓦は使用しますので、充填されているシーリングをカッターでそぎ落としてバラバラにします。シーリングは強力に密着していますので、剥がす作業がまた大変なのです。


泉大津市の屋根工事で葺き土がデコボコしていると瓦が馴染みません
葺き土が流れている部分には新しい土を足して瓦を密着させて葺きます。
屋根に残っている葺き土は乾燥しており、以前葺いていた瓦の形のまま固まっている状態です。葺き土がボコボコしていると、新しく葺く瓦がうまく馴染まず、カタカタと動いてしまうため、瓦をのせて合わせてみて、きちんと納まるまで土を削ったり足したりしながら葺いていきますので時間がかかります。
泉大津市の屋根の軒先方向から順に瓦を葺きます
軒先方向から順に瓦を葺いていきます。
瓦が動かずきちんと固定できるまで、葺き土を足したり乾燥した土を削ったりして調整して葺きます。
泉大津市の瓦をパッキン付きの長いビスで瓦を固定
また同じ勢力の台風が上陸した時に、瓦がズレたり飛散しないように、1枚1枚ビス留めして補強させていただきました。
瓦補強用の、パッキンが付いた長いビスです。
泉大津市の瓦をビスでしっかりと固定します
葺き土の下にある木下地に向かって長いビスで留め付けます。瓦の穴の位置が合わない時は、瓦に穴をあけてからビス留めします。
泉大津市の瓦を2カ所で固定しています
1か所で固定している場合、飛散はしにくくなりますが横方向に瓦がズレることがありますので、木下地に向かって2カ所で固定させていただきました。
泉大津市の袖瓦を上からもビス留めしました
袖瓦を復旧・固定した後、瓦の上からもビス留めしてしっかりと補強したので安心です。
泉大津市の袖瓦をシーリングで固定しました
既存と同じように、瓦の継ぎ目にシーリングを充填して繋げて補強しました。復旧した部分だけラバーロックしていないと、飛散する可能性がありますので現状復旧とさせていただきました。
泉大津市の袖瓦はすべてビス留めしました
袖瓦は屋根の一番端にありますので、風をまともに受けるとめくれ上がるなど被害に遭いやすい箇所ですので、既存の袖瓦はすべてビス留めして補強しました。これでどの方向から風が吹いても以前よりは飛散しにくくなりました。
泉大津市の棟巴復旧
袖瓦の一番上に葺いている棟巴という役物瓦も飛散していたので、袖瓦復旧後、上に積んで太い銅線と漆喰でしっかりと固定しました。重量がある鬼瓦もズレや飛散を防止するためにシーリングを充填して補強させていただきました。
泉大津市の面戸漆喰復旧
棟の面戸漆喰も数カ所で剥がれ落ちていたのですべて詰め直しました。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する役割があります。また、漆喰が剥がれるとそこから雨水が浸入して雨漏りしたり、下地の葺き土が流れて瓦がズレやすくなることがありますので必ず処置しましょう。
泉大津市の瓦をシーリングで固定!
屋根面の瓦も何枚か割れていました。
割れた瓦を撤去して、新しい瓦を差し込み、最後にシーリングを充填してしっかりと固定させていただきました。
割れた瓦の差し替えは、同じ形状の瓦を使用していても下地の葺き土の状態で隙間があいたり、瓦同士がぶつかってうまく納まらないことがあります。その場合、瓦の端を叩いて落としたり、葺き土を調整してきちんと納めないといけません。
N様邸の屋根工事は風雨被害箇所の修復及び補強で、主に袖瓦部が中心でした。
屋根の修理の際に今後の台風や地震に備えてできることはないかとご検討されている方は、街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。お電話が苦手な方はメールでも大丈夫です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747