泉大津市のベランダの下のお部屋で雨漏りが発生しウレタン防水しました


泉大津市で1階のお部屋の窓の上に雨漏りが発生し、上にあるベランダを防水することになりました。
M様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、その保護モルタルが割れて防水層の劣化を進行させて雨漏りの原因になっていました。今回は、新しく防水層を形成する工事で、ウレタン樹脂塗膜防水を施すことになりました。
泉大津市のベランダの掃き出し窓の下にひび割れが発生
泉大津市のベランダの下地調整完了
前回、ベランダの下地調整までをご紹介したので、その続きの防水層形成の工程をお伝えします。

ベランダについた汚れなどをきれいに除去し、ひび割れなどの劣化部を補修してからカチオンクリートという下地調整材をしごき塗りして新たな下地を作りました。
泉大津市のベランダにプライマーを塗布
カチオンクリートで新たに健全な下地を作り、乾燥させてから防水層の形成の工程を行います。

まずは、立ち上がりの壁を含めて床面にもプライマーを塗布します。
泉大津市のベランダにこの上に防水層を形成
プライマーは接着剤のような塗料で、この上に形成する防水層をしっかりと密着させる役割があります。
ですので、薄塗だったり塗り残しがあると、剥がれや浮きの原因になりますので丁寧に塗布しました。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂を塗布します

プライマー塗布後、防水層となるウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状ですので、段差があったり複雑な形状の箇所にも継ぎ目のない防水層をつくることができます。
立ち上がりの壁と床との取り合いも一体性のある防水層ができます。
泉大津市のベランダの床面にも広げて塗布します
ウレタン樹脂は乾くとゴム状になり、雨水の浸入を防いでくれます。
その性能を確保するには既定の厚みがあり、膜が薄いと耐久性も低くなってしまいます。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂1回目塗布完了
できるだけ均等になるようにウレタン樹脂を塗布しました。
厚膜に仕上げるために、2回に分けて塗布します。
写真は1回目塗布後の様子で、乾いてからもう一度塗りかさねて仕上げます。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂塗布完了
1回目塗布後、乾燥させてから2回目を塗布し、丈夫で厚膜な防水層を形成しました。
この部分が雨水をシャットアウトしてくれる防水層となりますので、ここが傷まないと雨漏りすることはありません。
泉大津市のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂は紫外線にあたると急速に劣化してしまい、雨漏りの原因になります。また、このままでは粘着力があり上を歩行できないので、上にトップコートを塗って仕上げます。
泉大津市のベランダ防水完了
トップコートを塗って、防水層が紫外線に直接あたるのを防ぎます。
先ほどもご説明したように、ウレタン樹脂は紫外線にあたると急速に劣化しますので、トップコートが剥がれたりひび割れが発生すると防水層の劣化の原因、そして雨漏りの原因になります。今後は定期的にトップコートを塗り替えてあげると、防水層が長持ちします。

ご自宅のベランダで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........