オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の雨漏り修理でベランダにウレタン樹脂塗膜防水を施しました


貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。
前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。

ベランダは外部にありますので、防水を施していますが、経年で傷んでくると外部のことですから、雨漏りにつながる可能性が高くなってしまいます。そのため、定期的なメンテナンスが必要になります。雨漏りして初めてご相談をいただくことがほとんどですが、その都度適切なメンテナンスを行うと安心です。
貝塚市のベランダをきれいに清掃します
今回は、ウレタン樹脂塗膜防水という防水方法を採用しました。防水工事の流れを分かりやすくご紹介します。

まずはベランダのケレン・清掃を行います。
ベランダが汚れたまま防水を施すと、防水層と素地の間に汚れの層ができることになりますので、うまく密着せず剥がれの原因になってしまいます。そのため、隅々まできれいにすることがポイントです。
貝塚市のベランダをカチオンクリートで下地を調整
ベランダを清掃した後、下地調整を行います。

傷んだベランダ面を円滑にし、防水層を長持ちっせるための工程です。
カチオンクリートという下地調整材を、立ち上がり部から床面にかけてしごき塗りします。
貝塚市のベランダの床面にもカチオンクリートを塗布
カチオンクリートは薄塗りで新しい下地を形成できますので、重量的に建物に負担をかけることがありません。
また、素地やこの後に施工する防水層との相性も良く、しっかりと密着します。

このように、下地を一旦リセットしてあげると、防水層の性能も発揮できます。
貝塚市のベランダにプライマーを塗布
下地調整後、立ち上がり部からプライマーを塗布します。

プライマーは接着剤のような塗料で、防水層と素地をくっつける役割があります。
ムラができるとそこだけ密着性が弱くなりますので、ローラーを往復させて丁寧に塗布していきます。
貝塚市のベランダの笠木も防水
K様邸のベランダの笠木(手すり壁の上部の仕上げ)はモルタル仕上げでした。表面がモルタルなので少なからず雨水を吸い込んでしまいます。笠木にひび割れが発生して雨漏りの原因になることがありますので、この部分にも防水を施すことになりました。
ベランダ面と同様に、下地調整後、プライマーを塗布します。
貝塚市のベランダにウレタン樹脂1回目塗布
プライマー塗布後、いよいよ防水層の形成を行います。

ウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布します。
ウレタン樹脂は乾くと弾力のあるゴム状となり、雨水の浸入を防ぐ防水層になります。
貝塚市のベランダの床面にもたっぷりと塗布します
液体状ですので、壁の立ち上がりから床面にかけて継ぎ目のない防水層を形成することができます。
塗布したウレタン樹脂に適切な厚みがないと、性能を発揮できないので、2回に分けて塗り重ねて塗布します。
貝塚市のベランダの笠木にもウレタン樹脂を塗布しました
笠木にもウレタン樹脂を塗布しました。
笠木も防水することで雨水を弾くようになります。
貝塚市のベランダにウレタン樹脂1回目乾燥後2回目を塗布
1回目に塗布したウレタン樹脂が乾いてから2回目を塗り重ねました。
乾燥してから塗り重ねることで、防水層が2層になり厚みを確保できます。
貝塚市のベランダ防水をトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、直接当たらないように表面にトップコートを塗って仕上げます。
また、ウレタン樹脂の表面はベタベタしているので歩行できる状態ではありませんが、トップコートを塗ると歩行可能になります。

貝塚市のベランダの床面もトップコートで保護します
防水層はトップコートに守られている状態です。
経年でトップコートが薄くなり剥がれや亀裂などの症状が出てくると、防水層が紫外線に晒されて劣化し、雨水の浸入を許してしまい雨漏りすることがあります。ですので、定期的にトップコートを塗り替えてあげると防水層が長持ちします。
貝塚市のベランダ防水完了です
ベランダ防水完了です。
貝塚市のベランダの笠木も防水
笠木も防水完了です。
防水完了後、雨が何度か降りましたが、雨漏りは止まったとのことです。

ベランダの下のお部屋の天井に雨漏りが発生した場合、ベランダに原因があることが多いですが、そのほかにも原因があることもありますのでまずは業者に見てもらいましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747