泉大津市の雨樋が強風で飛んでしまい交換及び調整しました


泉大津市の雨樋修理です。台風の強風で軒樋(横向きの雨樋)が押されて勾配が変わり、下に垂れ下がってしまいました。樋が下がった箇所は竪樋に接続されておらず、通常なら反対方向に雨水が流れる形状なのですが、勾配が逆になり、端から雨水が溢れてお隣の住宅のガレージの屋根に落ちている状態でした。ガレージの屋根は折半屋根という金属の屋根なので、雨水が叩きつける音がして心配だとご指摘がありご相談をいただきました。他にも軒樋や集水器が飛散した箇所もあったので、新しい樋で復旧させていただきました。
泉大津市で修理した雨樋の名称
普段、雨樋のことはあまり気にすることがないと思います。これから記載する記事を分かりやすく読んでいただくために、修理した箇所の雨樋の名称からご説明させていただきます。

雨樋は様々な部材を接続させることで各住宅の形状に合わせて取付けられています。
雨樋は塩化ビニールという硬い材料で作られていますので、曲げることができません。そこで、軒先から壁際、2階の軒樋から1階の軒樋までなど、距離がある部分に取り付ける際に曲がった形状の部材などをつなげて固定します。

軒樋(のきどい)とは、横方向の樋で、竪樋(たてどい)とは縦方向の樋のことです。集水器は軒樋に流れ落ちてきた雨水を集めて竪樋に排出するための桝で、呼び樋とは軒樋と竪樋とをつなぐ樋のことです。雨樋の向きを変えるための曲がった形状の部材をエルボと言います。

雨樋には他にも多数の部材があり、雨水がスムーズに流れるように、また、美観性も考慮して取付けられています。
岸和田市の雨樋のご相談です
ご相談があった雨樋は2階の軒樋です。
軒樋に集められた雨水は竪樋に流れるように斜めに勾配を付けているのですが、台風の強風で樋が押されて、流れと逆方向に垂れ下がってしまいました。
逆流した雨水が樋の端からあふれ出してお隣の住宅のガレージの屋根に直接流れ落ちている、とのことです。
泉大津市の垂れ下がった軒樋を調整します
お隣の方より、雨水が大量に流れ落ちてくるのでなんとかしてほしい、とのお声かけがあり「迷惑をかけているのでこの部分だけでも先に修理してもらえませんか?」とのご希望で、足場を建てる前に応急処置として早急に修理させていただきました。
幸い、勾配が変わっているだけで雨樋や受け金具の破損が無かったので、はしご作業で調整ができました。
泉大津市の樋の調整完了
軒樋は受け金具という金具にはめ込んで固定されています。そのため、勾配を調整するには受け金具を調整しないといけません。受け金具を上に持ち上げることで軒樋の角度や勾配を調整することができます。
写真は調整後の様子です。平行に見えますが、右端にある竪樋に向かって雨水が流れるように少し勾配を付けています。

お隣の屋根の上に雨水が落ちないように、応急的な調整ですので、足場を建ててからもう一度点検させていただき、今後のことを踏まえて銅線で固定させていただきます。
泉大津市で足場を設置しました
こちらの住宅では、雨樋が飛散した箇所もありました。また、棟違いで瓦屋根と板金屋根があり、両方に被害がありました。その部分を修理するために足場を建てさせていただきました。今見えている面のみに建てています。
足場を設置した時は強風が吹いていたので、風を受けて倒れないように周囲に取付けたメッシュシートはまとめておきました。
泉大津市の樋が一部飛散しています
軒樋が飛散したのは板金屋根の方です。
軒樋の一部と集水器、竪樋に接続する呼び樋が飛散して無くなっている状態でした。
このように雨樋が無くなると、屋根に落ちてきた雨水を受けることができず、そのまま下に流れ落ちてしまいます。
雨樋が飛散している箇所は前面道路に面していますので、雨が降った時には通行人のかたにご迷惑をかけているかもしれません。
泉大津市の軒樋を一列交換しました
一部の軒樋は残っていましたが、短いですし、材料費はそれほど変わらないので、継ぎ目で新旧の差が出ないようにすべて新しい樋に交換することになりました。
雨樋を支えて固定する受け金具は再利用できたので、既存の金具に樋をはめ込んで固定し、雨水がきちんと流れるように勾配を調整しました。
雨樋は取付ければいいという訳ではなく、きちんと勾配調整しないと溢れたり逆流してしまいます。
泉大津市の樋が下がらないように銅線で固定
今後、大きな台風が上陸するかもしれません。その時にまた飛散してしまわないように受け金具に銅線を通して引っ張って固定させていただきました。強風に押されて勾配が変わってしまった軒樋も同じように銅線でしっかりと固定したので安心です。
泉大津市の集水器や呼び樋も復旧
集水器や呼び樋も復旧しました。これで、軒樋から竪樋までの水路を確保できたので、地下まで雨水がきちんと排出されます。
雨樋は、大切な住まいを雨水から守る重大な役割を担っていますので、不具合を起こすと建物に悪影響を与えてしまいます。
雨樋が割れたり飛散するほかに、樋が詰まることで水が溢れて、外壁や建物の土台が頻繁に塗れるようになり、結果的に劣化を進めてしまうことになります。また、雨樋の不具合で雨漏りした事例もあります。
樋の詰まりは雨が降った時でないと発見しにくいですし、周りに雨が降っている時に不具合に気づいてもなかなか修理する気が起こらないかもしれませんが、建物の寿命を延ばすためにも必ず修理しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は雨樋の点検、修理、清掃などのご相談を承っておりますので、気になることがございましたらご相談ください。



この工事の現場ブログ

岸和田市の雨樋のご相談です

2020/01/27/ 泉大津市の雨樋の端から雨水が漏れて隣の屋根に落ちていました

岸和田市の貸家の雨樋のご相談です。オーナー様より「台風で貸家の雨樋が傷んで、お隣の家のガレージの屋根に雨水がバシャバシャと落ちてるみたいなんです。お隣の方に何とかしてほしいと言われたので、できるだけ早く修理してもらえませんか?」とのことでし...........

泉大津市で修理した雨樋の名称

2020/01/28/ 泉大津市の雨樋が強風で飛んでしまい交換及び調整しました

泉大津市の雨樋修理です。台風の強風で軒樋(横向きの雨樋)が押されて勾配が変わり、下に垂れ下がってしまいました。樋が下がった箇所は竪樋に接続されておらず、通常なら反対方向に雨水が流れる形状なのですが、勾配が逆になり、端から雨水が溢れてお隣の住...........

泉大津市の袖瓦がズレています

2020/01/29/ 泉大津市の台風で被害を受けた屋根の補修工事で棟や瓦ズレを修理

泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市で全面足場を建てました

岸和田市S様邸の雨樋の交換及び塗装のご紹介です。台風で屋根瓦が落下するなどの被害を受けてご相談をいただき、雨樋から雨水が漏れるとのことですべて交換しようかとご検討されていました。また、既存の雨樋が色褪せて古く見えるのも心配要素の一つでした。...........

岸和田市の屋根に被害があったとのご相談です

岸和田市のS様より「台風で瓦が落ちて雨漏りしたんですが、知り合いの大工さんにとりあえず応急処置はしてもらったのでその後は止まっています。応急処置の状態なのできちんと修理してもらえませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

貝塚市のテラス屋根の平板が飛散したとのご相談

貝塚市の台風被害箇所の現地調査です。「台風でテラスの屋根が飛んでしまったんです」とのご相談をいただきました。現地にお伺いし、お話をお聞きして確認すると、2階のバルコニーに設置されているテラス屋根の平板が4枚中3枚飛んでいました。また、玄関屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747