泉大津市の台風で被害を受けた屋根の補修工事で棟や瓦ズレを修理


泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。
瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。
瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地震の揺れの影響を受けやすい袖瓦はビスで留め付けて固定、棟板金もガルバリウム鋼板で復旧しました。
泉大津市の袖瓦がズレています
修理前の屋根の様子です。
手前に見えるのが板金の屋根で、奥の青い屋根が陶器瓦の屋根です。

台風の強風で、袖瓦がズレていることが確認できます。袖瓦とは、屋根の雨樋が付いていない面の一番端の瓦のことで、屋根の端にあるので強風などで動きやすい箇所です。袖瓦は大きくズレていたので、一番上に施工している棟巴という瓦を一度めくってからズレを戻します。
泉大津市の棟巴を仮撤去
袖瓦の一番上に施工している棟巴を仮撤去しました。

屋根の頂点の水平部分を棟と言い、棟の端、袖瓦の上に施工する瓦を棟巴と言います。棟巴は丸瓦の先に巴が付いた瓦です。
泉大津市の瓦のズレを戻します
上から順に袖瓦のズレを戻しました。

瓦がズレて隙間があくと、そこから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。また、隙間に強風が吹き込むと瓦が飛散しやすくなりますので注意が必要です。
泉大津市の棟巴を太い銅線で固定
袖瓦のズレを戻してから、棟巴を復旧し太い銅線を通してしっかりと固定し、漆喰も詰めました。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めて固定する役割があります。また、下地の土が雨で流れるのも防ぐことができます。
泉大津市の鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直します
鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました。
鬼瓦は棟の端(大棟、降り棟、隅棟など)に施工される装飾瓦のことで、雨仕舞の役割や厄除け、魔よけの意味合いもあります。
泉大津市の袖瓦はビス留めします
先ほどもお伝えしましたが、袖瓦は動きやすいので1枚1枚ビス留めさせていただきました。
ビスで固定すると、強風や地震の揺れが発生した時に瓦がバラバラに飛散するのを防止、または少なくすることができます。
泉大津市の袖瓦のビス頭にシーリング充填
袖瓦を固定しているビス頭にシーリングを充填して、ビス頭から雨水が浸入するのを防止しました。
シーリングを充填していると、ビスの緩みも抑えることができます。
泉大津市の棟を再固定します
近年は、大型の台風が頻繁に上陸します。その時に棟瓦が飛散しないようにシーリングを充填して固定することになりました。
棟部分も自然災害の影響を受けやすい箇所ですので、銅線を通して固定されていますが、銅線が緩むと瓦が飛散したり動く可能性がありますので、一度銅線を外して締め直します。更に補強するためにシーリングを充填することになりました。
泉大津市の棟瓦もシーリングと銅線でしっかりと固定
先にシーリングを充填して瓦同士を繋いで固定し、銅線を通してしっかりと固定させていただきました。
瓦同士の隙間をシーリングですべて埋めてしまうとかえって雨漏りする危険性がありますので、隙間を確保して充填しています。
泉大津市の地瓦もシーリングで固定しました
地瓦(屋根の面で使用する瓦)もズレが生じていたのでズレを戻してからシーリングで固定しました。
瓦の形状で、谷(へこんでいる)部分は雨水が流れる経路で、そこにシーリングを充填すると毛細管現象(水が吸い上げられる現象)を引き起こして雨漏りしてしまいますので、必ず山になっている部分で固定しないといけません。
泉大津市の屋根の流れの方向にも充填しています
屋根の流れの方向にもシーリングを充填しました。
谷部分をシーリングで埋めてしまうと毛細管現象を引き起こすとお伝えしましたが、万が一瓦の内側に雨水が入った時に水が抜けなくなり、雨漏りの原因になることもあります。また、水が長時間にわたり滞在することになりますので、湿気の影響で下地の野地板の劣化を進めてしまいます。
雨漏りの現地調査でお伺いした時に確認すると、瓦の谷部分にシーリングを充填して隙間を塞いでしまっている住宅があります。シーリングをカッターで切ると、中から水が出てくることがありますので、雨漏りの原因になりえるということです。

岸和田市の棟板金が飛散して隙間が空いています
続いて板金屋根の修理も行いました。
板金屋根の方は片流れの屋根(流れが一方の屋根)で、台風の強風で棟の板金が飛散し、金の取り合いの隙間から雨水が浸入する危険性がありました。
泉大津市の棟に棟板金を取付けました
ガルバリウム鋼板を加工して棟に取付けました。
今度は抜けにくいビスでしっかりと固定したので安心です。
板金の継ぎ目やビス頭にもシーリングを充填してきちんと防水しています。
屋根は毎日外気の影響を受けて過酷な環境下に置かれていますので、日々劣化していきます。雨水から住まいを守る重要な役割がある屋根をきちんとメンテナンスし、長持ちさせましょう。

この工事の現場ブログ

泉大津市で修理した雨樋の名称

2020/01/28/ 泉大津市の雨樋が強風で飛んでしまい交換及び調整しました

泉大津市の雨樋修理です。台風の強風で軒樋(横向きの雨樋)が押されて勾配が変わり、下に垂れ下がってしまいました。樋が下がった箇所は竪樋に接続されておらず、通常なら反対方向に雨水が流れる形状なのですが、勾配が逆になり、端から雨水が溢れてお隣の住...........

熊取町で窓枠から雨漏りが発生したとのご相談

2020/01/24/ 熊取町で雨漏りが発生し水切り板金の劣化や棟板金が飛散していました

熊取町の雨漏り調査です。台風で窓枠から雨水が滝のように流れてきたとのご相談です。N様邸は平屋建てで、屋根が化粧スレート、外壁はカラー鋼板を張った仕上げです。化粧スレートとは平らな薄い屋根材のことで、カラー鋼板とは表面を印刷加工された鋼板のこ...........

泉大津市の袖瓦がズレています

2020/01/29/ 泉大津市の台風で被害を受けた屋根の補修工事で棟や瓦ズレを修理

泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市で足場を設置しました

和泉市の貸家の屋根修理を行いました。2018年に発生した台風で屋根に被害があり雨漏りしていると家主の方よりご相談がありました。雨漏りしているとのことでしたので調査の時にブルーシートで応急処置させていただき工事に至ります。この記事では被害に遭...........

和泉市の屋根の調査と応急処置

和泉市の住宅で、台風被害に遭った屋根の現地調査と応急処置を行いました。こちらは貸家で、家主さんから「台風で瓦が落ちて雨漏りしてるみたいなので点検して応急処置してもらえませんか?」とご相談をいただきました。

岸和田市の離れの軒天井に水が廻っています

岸和田市の晒し葺きの屋根の葺き替えです。離れの晒し葺きの屋根の軒天井の木部に水が廻り腐食してきていたので部分的でもいいので修理してほしいとのご相談でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747