オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風被害の調査で棟板金やスレートが飛散し樋も破損!


岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのことならなんでもご相談を承っております。お話をお聞きすると、2年前の台風直後、建ててもらった業者に相談し、来てもらえることになっていたのが、いつまでたっても連絡がなく、こちらから電話すると、混みあってて・・と言われたそうです。火災保険会社への申請もできないまま月日が流れ、屋根の被害は明らかで、部屋内にも雨漏りしていたことから「何とかしないと」と、ご相談をいただきました。
岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談
K様邸は2階建ての重量鉄骨造で、屋根はスレート葺き、外壁にはALCパネルを張った仕上げです。

スレートとは、セメントと繊維質などを圧縮加工し、板状に形成した屋根材で、ALCパネルとは、珪石、セメント、生石灰などを高温高圧蒸気養生という特殊な製法でパネル状にした軽量気泡コンクリートの外装板のことです。
「屋根と外壁の塗り替えを一度もしたことがないので、足場を建てるならこの機会に塗装も検討してるんです」とのお話があり、同時に調査をすることになりました。

2年前の台風で雨漏りが発生している、とのことでまずは部屋内を確認させていただきました。


岸和田市の2階の和室の天井に雨漏りしています
雨漏りしているのは2階の和室の天井です。

台風の時に天井から雨水がポタポタと落ちてきたそうです。
雨漏りは、目に見える部分に出てくると見つけやすいですが、普段あまり開けない押し入れの中などで発生すると発見が遅れて、木部がかなり傷んでいた・・・ということになりかねません。天井の上で雨音がしたり、大雨が降った後など、定期的に点検しましょう。
岸和田市の小屋裏に雨染みがあります
K様邸は廊下に設置されている収納の天井から小屋裏を確認することができます。そこから中を覗くと、雨漏りしている和室の天井の上の垂木(棟から桁にかけて渡した長い材)やその周辺に雨染みが残っていました。ここは屋根の降り棟付近になります。

棟とは屋根の頂点の三角になった取り合い部のことで、降り棟とは軒先方向に向かって降りる棟のことです。
岸和田市の台風で割れた窓ガラス
雨漏りしている和室の腰窓が台風の時に割れてしまい、ブルーシートを張って応急処置されていました。
「窓ガラスの交換もお願いできるんですか?」
街の屋根やさん岸和田店は、住まいのことなら何でもご相談を承っております。もちろん、窓ガラスの交換や窓自体の入替も施工可能です。
岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています
K様邸の屋根の被害状況です。

台風の強風で降り棟の板金が飛散し、下地の貫板も割れてボロボロになっていました。
ここは、雨漏りしている和室の上の屋根です。降り棟の板金が飛散してそこから雨水が浸入した可能性があります。
岸和田市のスレートが飛散
屋根の被害は全体的に広がっており、他にも板金が飛散したり、スレートが割れて剥がれている箇所がありました。

棟板金やスレートが剥がれても、下にルーフィングという防水シートを敷いていますので、雨漏りすることは少ないのですが、K様邸は雨漏りしていますので、ルーフィングが傷んでいる可能性があります。


岸和田市の水平棟もボロボロです
水平棟(横方向の棟)の板金は端から端まですべて飛散していました。また、下地の貫板も割れてほとんど残っていません。

修理の内容は、屋根に残った板金を仮撤去して貫板をすべて交換し、その後に板金を復旧、そして剥がれたスレートは差し替えするご提案です。

塗装に関しては塗り替え時期を過ぎている状態です。塗膜が剥がれて苔も発生していました。
スレートはセメントと繊維質を主につくられていて、もともと吸水性があるため表面に塗装をかけて防水性を加えています。塗膜が劣化してくるとスレートが雨水などの水分を吸い込むようになり、乾燥する動きで反りが生じたり割れやすくなってしまいます。スレート自体の劣化を遅らせるためにも10年~15年に一度の定期的な塗り替えが必要です。
岸和田市の雨樋が割れています
2階の軒樋(横方向の雨樋)のコーナー部分が割れて、雨が降ると雨水が落ちてくるそうです。

雨樋は部分的に交換することが可能なので破損している部分は交換し、塗装時に樋もきれいに塗り込みます。

塩ビ製の雨樋は、紫外線の影響で劣化が進みますので、塗装してあげると表面が保護されて劣化を遅らせることができますし、美観性も向上します。
岸和田市の換気口の蓋が飛散
軒天井に取り付けている小屋裏換気口の蓋が台風の強風で3箇所飛ばされていました。

小屋裏換気とは、屋根と天井の間の小屋裏に外気を取り込んで換気することです。軒天井や棟などに換気専用の部材を取付けて空気が出入りできるようにすることで小屋裏を換気できます。
岸和田市のベランダの波板が飛散
ベランダに設置されているテラスの波板が台風の時にほとんど飛散したので張替て欲しい、とのご希望です。

波板のほとんどが飛ばされていますので、雨水が直接ベランダにあたり、雨漏りのリスクが高くなっている状態です。
既存の波板は塩ビ製(塩化ビニール製)で、劣化すると割れやすくなる素材でしたので、張替えの際は衝撃に強く耐久性のあるポリカ波板に張り替えます。
岸和田市の1階の波板は本体も撤去
家の裏側に設置されていた波板も飛散していましたが、ここには物を置いたりすることが無いので本体も一緒に撤去してほしい、とのご希望です。

本体は鉄製ですので、撤去の際はグラインダーという電動工具を使用してカットして解体させていただきます。
岸和田市の配管の保温材
「配管のカバーがボロボロになってるので工事の時にまき直してくれると助かります」とのお話がありました。

経年で配管に巻いていた保温材がボロボロに剥がれている状態です。この作業は設備職人が行います。
岸和田市の外壁にチョーキングを起こしています
外壁塗装に関しては、屋根と同様に塗り替え時期を迎え「チョーキング」を起こしていました。

チョーキングとは古くなった塗膜が粉状になって剥がれてきている状態のことを表しています。チョーキングを起こした外壁を手で触ると、粉状になった塗膜が付きます。
岸和田市のALCの目地が割れています
K様邸の外壁はALCパネルを張っていて、継ぎ目に充填されているシーリングが痩せてひび割れてきていました。

ALCパネルは軽量気泡コンクリートで、もともと防水性が低い建材です。そのため、定期的に継ぎ目のシーリングの打ち替えや塗り替えを行わないとALCパネル自体の劣化が進んでしまいます。
「火災保険会社への申請がまだできていない」ということで、被害状況の写真と修理のお見積書をお預けしました。

後日ご連絡があり、「保険が適応された金額と自費を追加して、その中で必ず工事したほうがいい箇所を優先して、他はできる範囲で検討したいんです」とのご相談があり、何度か打ちあわせをさせていただき、塗装の範囲を狭くし、お住いされている住宅のみ塗装することになりました。(ガレージ側とその下屋は塗装しません)

次は屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747