オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市の割れたスレートと野地板を一部めくってルーフィングも復旧


泉南市の屋根修理です。M様邸は台風の強風で飛散物が屋根にぶつかり、野地板まで穴があいてしまいました。屋根材は化粧スレートという薄くて平らな屋根材で、強風で飛ばされてきた陶器瓦が屋根に付き刺さり、防水シートや野地板まで破損している状態でした。スレート屋根を防水しているのはルーフィングという防水シートですので、その部分が破損すると、内側に雨水が廻ってしまいます。割れたスレートをめくって破損した野地板を部分的にカットして張替え、ルーフィングを復旧した後、新しいスレートを葺きました。
泉南市の棟板金を仮撤去してスレートをめくります
写真は屋根の被害箇所です。野地板(構造用合板)まで穴があいてしまったため、知り合いの業者に依頼し応急処置されていました。

割れた化粧スレートを張り替える際に、降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の棟板金を取り外さないといけません。
スレートは1枚1枚釘留めされており、その上から棟板金を施工されていますので、スレートをめくるには板金も外さないとめくれません。
泉南市の棟の貫板も一部仮撤去します
棟板金をめくり、その下にある貫板と言う下地板も一部仮撤去します。貫板を部分的に撤去するためカットさせていただきました。(貫板は長さがありますので、カットしないで撤去しようとすると、周辺の板金もめくらないといけないため)
泉南市の割れているスレートを撤去します
棟板金と貫板を仮撤去すると、下に隠れているスレートの端が露になり、スレートを剥がすことができます。
M様邸は以前屋根塗装をされていて、現在のスレートの色は白です。黒っぽい色がもともとのスレートの色です。
スレートを固定している釘を抜き、割れたスレートを撤去します。
泉南市の屋根の防水シートも破損しています
割れたスレートを撤去すると、飛んできた陶器瓦が残っており、防水シートも破損していました。
防水シートは雨水から屋根を守る重要な役割があります。破損した部分を剥がして耐久性のあるルーフィングという防水シートで復旧します。
泉南市の屋根の野地板を一部カットして張り替えます
防水シートを剥がすと、野地板の破損個所が見えました。
破損した野地板を部分的にカットして新しい野地板を張ります。
野地板を修理するために、破損箇所周辺のスレートも仮撤去しました。
泉南市の屋根に新しい野地板を張ります
破損した野地板をカットしました。
ここに新しい野地板を張って復旧します。
泉南市の屋根に下地を設置します
カットした部分に野地板をそのまま張ることはできないので、開口の周囲に下地の角材を取付けました。下地を設置することで、カットした開口周りの補強にもなります。
泉南市の屋根に野地板を張ります
下地の角材に向かって野地板を張ります。
これで野地板の破損個所が修復されました。
泉南市の屋根にルーフィングを張ります
続いてルーフィングを敷きました。
水上は既存の防水シートの下にルーフィングを差し込み、水下は既存の防水シートの上になるようにルーフィングを敷き雨仕舞しました。(あまじまいとは、雨水が内部に浸入しないようにすることです)
泉南市のスレートをコーキングで固定します
ルーフィングできちんと防水してから新しいスレートを葺きます。
スレートは軒先部分から釘留めされており、上に次のスレートを重ねて葺いていくことから、部分的な差し替えの場合はコーキングで接着・固定する方法をとります。
(上に既存のスレートがある場合、釘留めできないため)
泉南市の屋根のスレートを釘留め
上に既存のスレートがない部分は釘留めして復旧できます。
この上にもう1枚スレートを葺くのですが、釘留めできないのでコーキングで固定させていただきました。
スレートの部分的な差し替えの場合は、コーキングでの固定が一般的で、強度的にも問題ありませんのでご安心ください。
泉南市の屋根の貫板と棟板金を復旧
屋根を修理した後、仮撤去していた貫板と棟板金を復旧します。
カットした貫板を張り、その上に棟板金を取付けます。板金同士の継ぎ目にはコーキングを充填してきちんと防水させていただきました。
泉南市の棟板金をしっかりとビス留め
棟板金は風の影響を受けやすいため、飛散を防止するためにビスを使用してしっかりと固定させていただきました。
泉南市の屋根修理完了
屋根修理完了です。
先ほどもお伝えしましたが、M様邸は以前屋根塗装をされて白い色になっています。差し替えた新しいスレートは黒っぽい色をしていますので、修理箇所が目立ってしまいます。そのため塗装で色合わせをすることになりました。塗装は以前お願いしたことがある塗装の業者に依頼されたので、弊社での修理はここまでとなります。(街の屋根やさん岸和田店でも塗装可能です)

スレート屋根のことで気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

泉南市の棟板金を仮撤去してスレートをめくります

2020/01/14/ 泉南市の割れたスレートと野地板を一部めくってルーフィングも復旧

泉南市の屋根修理です。M様邸は台風の強風で飛散物が屋根にぶつかり、野地板まで穴があいてしまいました。屋根材は化粧スレートという薄くて平らな屋根材で、強風で飛ばされてきた陶器瓦が屋根に付き刺さり、防水シートや野地板まで破損している状態でした。...........

泉南市の化粧スレートが割れたとのご相談

2020/01/13/ 泉南市で台風でスレートと野地板に穴があいたとのご相談です

泉南市のM様より「台風でスレートに穴があいてしまったんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は平らな屋根材のスレート葺きで、台風の強風で何かが飛ばされてきたのか、スレートが割れて穴があき、下地の野地板まで割れている状態で...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の穴が開いたベランダの波板をポリカ波板に交換!

泉南市の波板張替え
泉南市のテラスの波板張替え後
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
約7.4万円(税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747