オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町のベランダの外壁の補修でシリコンテックスを塗装しました


熊取町の雨漏り修理です。F様邸は2階の和室の天井に雨漏りが発生しました。以前にも同じ箇所で雨漏りが発生し、ご主人様が手を尽くして処置し、止まっていたのですが、また同じ箇所から雨漏りが発生してしまいました。雨漏りをきちんと止めるためにご提案させていただいたのがベランダ防水と壁の修復、他、板金などのシーリング処置です。前回の記事でベランダのウレタン防水の様子をご紹介し、次は壁の補修とシーリング処置です。ベランダの床には塗料を塗って処置したので、次に怪しいのは壁だと判断されてカチオン系の塗料を塗って処置されていましたが、壁も施工当初のように修復させていただきます。
熊取町の壁の塗膜を剥がして壁を復旧
ベランダの壁の現況です。
以前雨漏りした時にご主人様が床面に塗料を塗って様子を見たところ、雨漏りが止まり、その後また雨漏りしたので今度は壁が怪しいと判断されてカチオン系の塗料を塗って再び処置されていました。壁から雨水が染み込んで、見えない部分の劣化している箇所から雨漏りしている可能性もあるため、表面の塗膜を剥がして新しい下地を設置しました。
熊取町のベランダの壁にカチオンクリートで下地を処理
表面の塗膜を落とし、ベランダ防水の下地調整と同じカチオンクリートをしごき塗りして壁にも新たに下地を設置しました。
カチオンクリートはコンクリートやモルタル面はもちろん、他の特殊な下地にもしっかりと密着しますので、下地をリセットしたい時などに使用されています。
熊取町のベランダの壁の下塗り
壁の下地をリセットし、塗装して仕上げます。
屋根や外壁の塗装と同じ工程で、下塗り・中塗り・上塗りして仕上げます。
まずは下塗りです。下塗りはこの上に塗り重ねる塗料をしっかりと密着させる役割があります。
熊取町のベランダの壁の中塗り
下塗り後、中塗りします。今回は、中塗り及び上塗り塗料でシリコンテックスという塗料を使用しました。
シリコンテックスは水性の塗料で、アクリルシリコン樹脂系単層弾性塗料になります。弾力があるので塗膜に厚みを付けることができます。
熊取町のベランダの壁の上塗りで完了です
中塗りだけでは塗りムラができますし、塗膜に十分な厚みを持たせるために中塗り乾燥後、上塗りして仕上げます。
シリコンテックスは外壁に細かいひび割れがあっても塗膜に厚みを付けて塗装することができますので、そういった外壁の塗り替えに最適な塗料です。
熊取町のベランダの壁の防水完了
塗料を3回塗り重ねて壁の修復完了です。
ご主人様が塗られていた塗料では、雨水を吸い込み内部で雨漏りしている可能性があったため、下地をリセットしてからきちんと塗装させていただきました。これで壁の部分から雨水が入る可能性が低くなりました。
熊取町のケラバ水切りの取り合いにシーリング充填
メンテナンスしたベランダの壁の上には屋根のケラバ水切りが取り付けられています。
ケラバとは屋根の雨樋が付いていない面の端のことで、そこから雨水が内部に浸入するのを防ぐために取り付けられた板金をケラバ水切りと言います。
ケラバ水切りと屋根材との間に雨水が浸入しても内部に入ることは少ないのですが、F様邸はケラバ水切りの軒先にベランダの手すり壁の笠木(天端の仕上げ)があり、形状が複雑なので、水切りに流れ込む雨水が少ない方がいいと判断し、取り合いにシーリングを充填することになりました。
熊取町の雨水が屋根面に流れるように板金を取付け
先ほどお伝えした屋根のケラバ水切りとベランダの笠木の取り合い部です。ケラバ水切りに流れ込んだ雨水が下にあるベランダの笠木の取り合いに浸入する形状になっていたため、小さくカットした板金を取付けて雨水が屋根面の方に流れるようにしました。
熊取町のベランダの笠木の継ぎ目も防水
ベランダの手すり壁の天端の笠木の継ぎ目から雨水が浸入して雨漏りすることがありますので、継ぎ目にシーリングを充填して防水させていただきました。 雨水は屋根だけでなく、建物の継ぎ目や劣化した様々な部分から浸入します。この工事で、シーリングで処置できる箇所は、きちんと対応させていただきました。
熊取町のベランダの笠木を固定している釘頭も防水
ベランダの笠木を固定している釘頭にもシーリングを充填して防水させていただきました。
これで、シーリングでの処置完了です。
雨漏りを止めるために、ベランダの防水、壁の修復、怪しい箇所のシーリング処置を施しました。
今回の雨漏り修理はこれで完了です。雨水はその時の風の向きや雨の量で入る時と入らない時があります。今後の雨で様子を見ていただくことになりました。

街の屋根やさん岸和田店は雨漏りのご相談やベランダ防水のご相談など承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747