オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市のモルタル外壁の塗膜が膨らみ剥がれてきていました!


和泉市のモルタル外壁の塗装の調査です。T様邸は木造で、手前に鉄骨造の建物を増築して二つを繋げていました。その鉄骨造の陸屋根の下にあるお部屋の天井に雨漏りが発生し、ご相談をいただきました。雨漏りは上にある陸屋根とベランダの防水が劣化していることが原因の可能性が高いことが分かりましたが、外壁も傷んできているので塗り替えをご検討されている、とのことでした。塗膜の劣化症状の一つである「チョーキング」を起こしており、壁の内側に水が廻ったことで塗膜が押されて膨れてきている箇所もありました。また、クラック(ひび割れ)も多数発生している状態です。
泉大津市の雨漏りのご相談です
T様邸の外観です。
手前が増築した鉄骨造、奥が木造部になります。
鉄骨造の陸屋根の下のお部屋に雨漏りが発生し、ご相談をいただきました。
塗装のご提案は、鉄骨造、木造、両方塗り替えるご提案をさせていただきます。
和泉市の外壁が全体的に色褪せています
裏から見た様子です。
塗膜が薄くなり、全体的に色褪せています。
塗膜の劣化が進むと、色褪せて見た目に古い印象を与えてしまいます。外壁を塗り替えると、美しい外観を取り戻すことができ、色を変えることでイメージチェンジもできます。
和泉市の外壁のチョーキング
T様邸の外壁はモルタルの塗り壁です。
モルタルはもともと雨水を吸い込む性質がありますので、表面を塗装して防水性を持たせています。塗装して何年かは雨水を弾く機能を保っていますが、経年で塗膜が傷んで剥がれてくると、雨水を吸い込むようになり、防水性が低下してしまいます。
塗膜の劣化症状で「チョーキング」という現象があります。
写真のように外壁を手で触ると、傷んで剥がれてきている塗膜が手に付く現象です。T様邸の外壁はチョーキングを起こしていました。

和泉市の外壁のひび割れ
また、外壁にひび割れ(クラック)が多数発生していました。
ひび割れは、髪の毛ほどの細さの「ヘアークラック」や、建物の構造に影響を及ぼす可能性がある「構造クラック」など、奥行きや幅の広さによって呼び方が異なります。そして、そのひび割れの大きさによって補修方法が変わってきます。
幅が0.2~0.3mm以下の細くて深さが浅い、髪の毛ほどの細さのものがヘアークラックで、幅が0.3mm以上で深さが5mm以上ある大きなひび割れが構造クラックとされています。

和泉市で発生した横方向のひび割れは雨水を受けてしまいます
ヘアークラックは、壁に塗られたモルタルが乾燥する過程の収縮など発生します。細いひび割れですので、目につきにくく、気にせずに放置されることが多いのですが、そこから雨水が浸入して内部の木部を腐食させることがあります。また、建物に構造的な欠陥があったり、地震の揺れなどを受けた時に生じた構造クラックを放置すると、建物の強度が低下し、バランスが悪くなるなど悪影響を与えてしまいますので、早急に適切な処置をしないといけません。外壁を塗り替えると、その時はひび割れが目立たなくなりますが、構造クラックなどの大きなひび割れは塗装するだけでは修理できませんので、同じ箇所からまた割れてきます。建物の耐久性を確保するためにも必ず補修が必要です。

写真のように、外壁に対して横方向に走っているひび割れは、外壁を伝ってきた雨水を受けてしまいますので、内部に浸入しやすく、雨漏りの原因になる可能性が高いひび割れです。
和泉市の誘発目地の割れ
モルタル外壁は乾燥する過程でひび割れが生じます。また、地震や強風の影響でも割れることがあります。ですので、割れることを前提に、ひび割れが集中するようにあらかじめ一定間隔で目地を設けていることがあります。その目地を「誘発目地」と言います。誘発目地が割れるということは、想定内なのですが、このままでは雨水が浸入してしまい、雨漏りしたり内部の木部を腐食させてしまうかもしれないので、塗装前に処置しないといけません。
和泉市の処置したシーリングが傷んでいます
以前、ひび割れにシーリングを充填して処置されている箇所がいくつかありましたが、そのシーリングも傷んで割れてきていました。
ひび割れの大きさによってはシーリングで補修可能ですが、シーリングも永久的には続くものではなく、必ず傷んできます。塗装前に補修し、上から塗膜で覆ってあげると、シーリングが直接紫外線にあたるのを防ぐことができ、長持ちします。また、補修箇所も目立たなくなります。
泉大津市のベランダの下端に雨水が廻った形跡があります
T様邸は鉄骨造の陸屋根の下の部屋で雨漏りしていました。
陸屋根の下端を確認すると、表面の塗膜が葺売れて割れて剥がれてきていました。
これは、陸屋根部から雨水が浸入し、その雨水が下端に廻っていることを表しています。塗膜は基本的に水や空気を通さないので、上から入ってきた雨水が塗膜でせき止められ、何度も繰り返しているうちに塗膜が剥がれて浮き上がってしまいます。
泉大津市の外壁のひび割れと塗膜の浮き
雨漏り箇所にかかっている木造部のベランダの下端の外壁も塗膜が浮いて膨らみ、水が廻っていることが分かりました。
このまま放置すると、陸屋根の下端のように塗膜が割れて剥がれてきてしまいます。
塗膜が膨れている上にはひび割れがあり、そこからも雨水が入る状態でした。
和泉市の外壁の塗膜が浮いています
外壁の塗膜の浮き
和泉市の外壁の塗膜が浮いて割れています
外壁の塗膜の浮き・剥離
ベランダや陸屋根の下端以外にも塗膜の浮きが見受けられました。
モルタルの内部に雨水が浸入すると、内側から塗膜が押されて密着力が低下し剥がれてきます。それ以上劣化が進むと、壁自体も剥離することがありますので注意が必要です。剥離してきている塗膜の上に、いくらいい塗料を塗っても下にある塗膜と一緒に剥がれてきてしまいますので、塗装前に、剥離してきている塗膜はあらかじめ撤去させていただきます。また、劣化が進んでモルタル壁自体が剥離してきている場合は、傷んでいる部分を落としてモルタルを塗り直し、塗装することになります。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りのご相談と同時に、お住いのことで気になっていることのご相談も承っております。小さなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747