オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市で降り棟の一部を修復し全体的にしっかりと固定しました


泉南市の台風被害に遭った瓦屋根の修理です。
T様邸はシルバーの釉薬瓦で、降り棟(屋根の流れの方向に降りる棟)一部が崩れたり、瓦が割れる被害に遭いました。この記事では降り棟の修復と漆喰の詰め直しの様子をご紹介します。
泉南市の飛散した降り棟を修復します
棟とは二つの屋根が合流する頂点の取り合い部のことで、横方向の棟を「水平棟」、軒先に向かって降りる棟を「降り棟」と言います。棟から内部に雨水が入らないように瓦を積み上げていますので、施工や修理には技術が必要です。
街の屋根やさん岸和田店は熟練の屋根職人により作業させていただきますのでご安心ください。
泉南市で仮設足場を設置しました
H様邸はこの工事で足場を建てることもあり、ちょうど塗り替えの時期に来ていた外壁の塗装も行います。塗装では建物の周囲に足場が必要ですので、全周足場を建てさせていただきました。
泉南市で使用するシルバーの釉薬瓦です
H様邸で使用するシルバーの釉薬瓦です。
釉薬瓦とは、粘土を瓦の形に形成したあとガラス質の釉薬をかけてから焼いた瓦のことです。表面がガラス質でコーティングされていますので、ツルツルとしています。
泉南市の降り棟ののし瓦に勾配を付けて積み上げます
降り棟の崩れた部分を修復します。

降り棟全体を積み直すことも可能ですが、費用がかさんでしまいますので、崩れた部分のみ修復します。
新しい葺き土をのせて、のし瓦という四角くて平らな瓦を積み上げます。
泉南市の降り棟の雨水が屋根面に流れます
棟の両側にのし瓦を積みます。
雨水が屋根面にきちんと流れるように勾配をつけて積みます。勾配が悪いと棟の内側に雨水が廻って雨漏りすることがありますので、デリケートな作業です。
泉南市の降り棟に冠瓦を積みます
のし瓦を積んだ後、上に葺き土をのせて冠瓦を固定します。

土葺きの屋根はこのように粘度のある葺き土を下地にして瓦を密着させて固定していますので、経年で土が乾燥して痩せてくると、瓦がズレたり飛散することがあります。修理の際は新しい葺き土できちんと修復させていただきます。
泉南市の降り棟の漆喰を詰め直します
続いて、降り棟の面戸漆喰が傷んできていたので詰め直します。

漆喰は瓦と瓦の隙間を塞ぐ役割があり、この漆喰がないと葺き土に直接雨があたり流れてしまいます。土が流れると棟のバランスが崩れて雨漏りする危険性があります。



泉南市の降り棟に新しい漆喰を詰めました
既存の漆喰が傷んでポロポロと剥がれてきている状態のまま、上に漆喰を塗っても下にある漆喰と一緒に剥がれてくる可能性がありますので、既存の漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰めました。また、古い漆喰の上から新しい漆喰を詰めると、漆喰が手前に出過ぎてかえって雨漏りする危険性がありますので注意が必要です。
泉南市の降り棟を銅線とコーキングで固定
最後に、降り棟に太い銅線を二股に渡して飛散を防止し、瓦と瓦の間にコーキングを充填してズレも防止しました。
近年、予想もつかない大型の台風が上陸することがありますので、今後の被害を想定してしっかりと補強させていただきました。
泉南市の降り棟復旧完了!
降り棟の修復完了です。
冠瓦の色が濃い部分が修復した箇所です。被害に遭った箇所だけでなく、コーキングや銅線を用いて降り棟全体を固定しなおしたので安心ですね。
T様邸は台風で屋根の他にも被害がありました。

次の記事で大屋根(一番高い屋根)の水平棟の修理及び再固定の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747