オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市で崩れた棟を修復し台風や地震に備えて棟を補強しました


泉大津市の屋根修理です。台風で棟の瓦がバラバラに飛散したというご相談をいただき棟の修復・補強工事を行いました。

H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と増築した部分の板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方でした。
棟は屋根の頂点部のことで、瓦屋根の場合、四角いのし瓦と丸瓦(冠瓦)を積み上げて屋根面よりも高くなっています。屋根面よりも高い位置にあることから風の影響をまともに受けて棟瓦が崩れている状態でした。
棟は風や地震時の揺れの影響を大きく受けてしまうため、銅線を仕込んで棟を包んで固定されているのですが、その銅線が切れて瓦が飛散していたので棟瓦を修復した後にもう一度しっかりと固定させていただきました。
泉大津市で足場を設置します
H様邸の工事では、すべての棟を修復・補強します。降り棟は軒先まで伸びている為、職人が安全に作業するために全周に足場が必要でした。

軒先は屋根の先端部分ですので、屋根の上から作業すると、バランスを崩した時に下に落下してしまいます。屋根は勾配が付いていますのでそれだけでも体が下に傾くので大変危険です。
作業中の職人の安全を確保し、作業効率を上げて品質を高めるために足場を設置させていただきました。

屋根の被害状況

泉大津市の屋根に降り棟に被害があり養生されています
H様邸の屋根の被害は棟に集中していました。

台風直後に近所に来ていた業者に依頼して被害箇所を養生(保護)してもらったそうです。

写真は降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の被害状況です。ブルーシートをめくると瓦がいくつも飛散していました。
泉大津市の棟の銅線が切れているのでテープを貼って処置されていました
こちらの棟は見た感じ被害を受けているようには見えませんが、台風の強風で丸瓦(一番上に葺く瓦)がめくれたりズレてしまったとのことです。

当時養生してくれた業者がズレた瓦を戻して、また飛ばされないようにテープで固定してくれていました。
棟を固定している銅線が切れて瓦がズレてしまったので、この工事ではすべての棟を銅線で固定しなおします。
泉大津市のもう一つの棟瓦も被害に遭っています
H様邸の降り棟は4カ所あり、台風で3カ所に被害がありました。

瓦がめくれていなかった棟も銅線が切れたり丸瓦が動いている状態でしたので、次の台風で被害を受けないように丸瓦を積み直して補強することになりました。
泉大津市の棟の丸瓦がほとんど残っていません
この工事では4箇所すべての降り棟と水平棟1箇所を補修及び補強します。

すべての棟を解体して積み直すとなると費用が掛かってしまうため、被害箇所と耐久性が低下している部分を補修する形で作業します。

屋根工事の様子

泉大津市の既存の葺き土を湿らせます
今回の降り棟の修復工事はすべて同じ手順で行います。

この降り棟は丸瓦がほとんど飛散していました。
まずは既存の葺き土に霧吹きで水をかけて湿らせます。

葺き土は施工した当初は粘り気がありますが、経年で乾燥してきます。乾燥した土の上に新しい葺き土を載せると水分が吸い取られてしまいますので、先に湿らせて準備を整えました。
泉大津市の降り棟に葺き土を載せて丸瓦を積みます
既存の葺き土を湿らせてから新しい葺き土を載せ、丸瓦を密着させて葺いていきます。

乾燥した土では瓦を固定できないですし、土が痩せた状態だと瓦との間に隙間ができるのでやはり固定できません。
丸瓦との間に隙間ができないように、葺き土を多めにのせてしっかりと密着させました。
泉大津市の降り棟修復完了
既存の葺き土を湿らせ、新しい葺き土を載せて降り棟の丸瓦を端から端まで葺きました。

これで棟から雨水が入る心配はありません。
泉大津市の水平棟の丸瓦も固定しなおします
水平棟(横方向の棟)を補強している銅線も緩んだり切れている箇所があり、丸瓦も動いていたので、丸瓦を仮撤去して葺き直します。
泉大津市の水平棟の既存の葺き土を湿らせます!
降り棟と同様に既存の葺き土を水で湿らせます。

このように乾燥した葺き土を湿らすことで上にのせる新しい葺き土に馴染みやすくなります。
泉大津市の水平棟に葺き土を足して丸瓦を固定
丸瓦との間に隙間ができないように葺き土を多めに載せて瓦を葺きました。

はみ出た葺き土は最後に取り除いてきれいに掃除させていただきます。
泉大津市の降り棟を銅線でしっかりと固定
棟の瓦を復旧した後、太い銅線でしっかりと固定しました。

棟の両側ののし瓦(四角い瓦)の間に長いビスを打ち込んで、そこに銅線をくくり付けて交互に渡して締め付けて固定・補強しています。
泉大津市の鬼瓦の取り合いの漆喰は詰め直しました
鬼瓦の取り合いの漆喰が劣化してポロポロと剥がれてきていたので、この工事で詰め直しました。

鬼瓦の取り合い部の漆喰は雨風に晒されますので、厚みを持たせて詰めました。
泉大津市の降り棟をシーリングで補強
降り棟・水平棟共に銅線でしっかりと固定したと、瓦の継ぎ目にシーリングを充填して補強させていただきました。

このようにシーリングで瓦同士を繋げて補強することを「ラバーロック」と言います。
瓦と瓦を繋げて重量を持たせることでズレを防止し、瓦がバラバラに飛散するのも防ぐとこができます。
泉大津市の降り棟の補強完了です
降り棟の補強完了です。

棟を修復した後、銅線とシーリングで補強したので以前よりも耐久性がアップしました。
次に台風が上陸した時にできるだけ備えることができるように工事を執り行いました。
泉大津市の水平棟もしっかりと固定されています
水平棟も銅線とシーリングでしっかりと固定されています。

台風や地震の被害に遭いやすい棟を補強し、今後の自然災害に備えることができました。

「最近、大型の台風がよく上陸するし、地震もいつ襲てくるか分からないのでできるだけ備えたい」とご検討されている方は街の屋根やさん岸和田店にご相談ください!一級建築士の代表が建物について詳しくご説明させていただきます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747