岸和田市の屋根の調査で鬼瓦などが飛散しモルタル外壁も剥離!


岸和田市のS様より「台風で鬼瓦が落下して瓦も割れてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
岸和田市の瓦屋根の調査に伺いました
S様邸は和瓦で、棟(屋根の頂部の水平部分)ののし瓦(冠瓦の下に施工している四角い瓦)を高く積み上げている立派な屋根です。
のし瓦の継ぎ目から雨水が浸入しやすいので、間に漆喰をはさみながら継ぎ目の位置をずらして積み上げています。
のし瓦の段数が高いほど雨水が浸入しにくく意匠性も持たせられますが、高く積み上げるほど風などの影響を受けやすくなってしまいます。
岸和田市の冠瓦と鬼瓦が飛散
屋根の被害状況です。

棟の冠瓦と棟の端に施工している鬼瓦が飛散していました。

棟は二つの屋根面が鋭角に結合している部分で、そこから雨水が入らないように瓦を積み上げています。また、棟の一番上に施工する瓦を冠瓦と言い、雨水が棟の内側に入るのを防いでいます。
鬼瓦は水平棟(横方向の棟)の両端や降り棟(軒先に向かって下りる棟)の先端に取り付ける装飾瓦のことです。
岸和田市の降棟の鬼瓦も飛散
S様邸は大きくて立派な鬼瓦が取り付けられています。
鬼瓦は重量があり落下すると危険ですので、漆喰で接着して銅線などでしっかりと固定されていますが、経年で漆喰が剥がれたり銅線が緩んでくると、動きやすくなりズレたり落下する可能性が高くなってしまいます。
台風21号の被害で、鬼瓦の落下やズレのご相談も数多くあり、銅線でかろうじてぶら下がっている住宅もありました。
岸和田市の冠瓦がズレています
降棟の冠瓦のズレ

棟も鬼瓦と同様に銅線などで固定されていますが、強風の影響でズレてしまっていました。
のし瓦と冠瓦の間に挟んでいる漆喰や葺き土が経年で乾燥し、痩せてくると瓦同士の密着力が弱くなり、動きやすくなってしまいます。
岸和田市の降棟の冠瓦も飛散
降棟の冠瓦の飛散 

棟を固定している銅線が切れると写真のように飛散してしまいます。
下地の土がむき出しになるとそこから棟の内側に雨水が浸入し、雨漏りの原因になることがありますし、棟自体が崩れる危険性もありますので必ず修復しないといけません。
岸和田市の下屋の地瓦も割れて養生していました
下屋の地瓦(屋根の平場で使用する瓦)も割れたり飛散してしまい、ご自身でブルーシートを張って応急処置されていました。
岸和田市のテラスの波板も割れています
木製テラスの波板も飛散していました。
台風21号では波板の飛散のご相談も多く、「洗濯物を干す時に不便だ」とのお声がありました。
岸和田市の外壁のモルタルが剥離しています
岸和田市のモルタルが粉々になっています
強風の影響で、外壁のモルタルが剥がれて落下し、粉々になっていました。
この場合の修理は、剥離してきている部分をたたいて落としてから新たにモルタルを塗って、塗装で仕上げます。
S様邸は表面のモルタルだけの被害でしたが、壁がごっそりと剥がれて下地の木材がむき出しになっている住宅もたくさんありました。内部の木部が雨水などで濡れ続けると次第に腐食し、強度的に心配になりますし、白蟻の被害も発生するかもしれません。
特に屋根は、雨から建物を守ってくれる重要な役割を担っています。「雨漏りしていないから」と放置せず、被害に遭った箇所は必ず修理して安心して暮らせるようにメンテナンスしましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、皆様の心配を取り除くお手伝いができるようスタッフ全員で奮闘しております。
何か気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........