和泉市の倉庫の波型スレートの明かり取り付近から雨漏りが発生!


和泉市の倉庫で発生した雨漏りの現地調査及び修理のご紹介です。
屋根は波型スレートで、経年で傷んできており、以前から数カ所で雨漏りしていて修理箇所がいくつかありました。今回のご相談は屋根に設置した明り取り部分の付近からの雨漏りです。
和泉市の倉庫の屋根で雨漏り発生
こちらが、雨漏りしている倉庫です。
担当の方にお声をかけて、お仕事の邪魔にならないよう梯子をかけて屋根を調査させていただきました。
和泉市の倉庫の明かり取りの窓付近から雨漏り
屋根には明かり取り部分があり、その付近から雨水がポタポタと落ちてきて、床に水たまりができるそうです。
和泉市の波型スレートの屋根です
屋根は波型スレートです。
波型スレートはセメントと繊維質を主に波型に形成した建材です。2004年までは繊維としてアスベストが含まれていましたが、2004年以降はほぼ含まれていません。
アスベスト、と言うと心配になるかもしれませんが、割ったり砕いたりしない限り飛散しないですし、老朽化による飛散することもありません。
和泉市の倉庫の屋根をブルーシートで処置されていました
耐久性や耐火性に優れた波型スレートは、主に倉庫や工場の屋根で使用されています。
アスベストを含んでいるスレートを葺き替える場合、特殊な工事となりますので費用がかさんでしまいます。そのため、雨漏りの発生時には部分修理をされる方がほとんどです。
去年の台風でも屋根に被害があり、ブルーシートを張って処置されていました。
和泉市のスレートが割れています
今回のご相談は、明り取り付近からの雨漏りです。
確認すると、スレートが割れている箇所がありました。以前、コーキングで修理されていた横からまた割れている状態でした。今回もコーキングにて修理します。
和泉市のスレートを留めているかさ釘が浮いています
雨漏りがあった明かり取りの波型スレートを留めているかさ釘が錆びつき、緩んで浮いてきていました。
かさ釘が抜けてしまうと、強風でスレートが剥がれる原因になりますし、取り合いから雨漏りする可能性がありますので、打ち直して釘頭にコーキングを充填して防水します。
和泉市の倉庫の屋根をコーキングで処置します
修理で使用するコーキングとプライマーです。
コーキングとは、乾くとゴム状になる防水材で、水回りなど防水が必要な箇所に充填したり、隙間を埋める際に使用されます。プライマーは、コーキングをしっかりと密着させるための接着効果のある塗料です。
和泉市のスレートのひび割れにプライマーを塗布します
波型スレートのひび割れ箇所にプライマーを塗布します。
以前修理されていた箇所にもコーキングを増し打ちしますので、プライマーを丁寧に塗布します。
和泉市のスレートのひび割れにコーキング充填
続いてコーキングを充填します。
ひび割れを完全に覆うように多めに充填して防水します。
コーキングを充填する際は専用のガンが必要です。
和泉市のコーキングをヘラで均します
ガンでコーキングを充填しただけだと、ひび割れの上にコーキングがのっている状態ですので、ひび割れにしっかりと密着するようにヘラで押さえて均します。
和泉市のスレートの割れ補修完了
ひび割れの補修完了です。
波型スレートの調査や修理の際は、スレートの踏み抜き事故の恐れがありますので、安全第一で慎重に作業をします。
和泉市のかさ釘周りも防水完了
かさ釘も打ち直して周囲にコーキングを充填して防水しました。コーキングを充填しておくと、釘が抜けるのも防ぐことができます。
今回発生した雨漏りで原因の可能性がある箇所を修理させていただきましたので、今後の雨で様子を見ていただくことになりました。

波型スレートを固定しているボルトなどの金属類が錆びついてくると、雨漏りの原因になりますので、交換するなど対処しましょう。また、先ほどもお伝えしたように波型スレートの劣化が進むと、修理の際などに踏み抜く恐れがあり、危険作業となりますので、将来の修繕費用のことも検討しながらメンテナンスしていきましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のオレンジの釉薬瓦です

泉佐野市の屋根修理の様子をご紹介します。I様邸は土葺きの屋根で、オレンジの釉薬瓦を使用しています。釉薬瓦とは、表面に釉薬と言うウワグスリを塗布して焼いた瓦のことで、新品の釉薬瓦は表面がツルツルしています。台風の強風で瓦が飛ばされて、ズレや割...........

和泉市の屋根が急こう配で上がれません

和泉市の化粧スレートの差し替え工事です。U様邸は台風で2階の天窓から雨漏りが発生し、アンテナの倒壊や樋の破損などの被害がありました。

和泉市の雨漏りなどのご相談

和泉市にお住いのU様より「台風でテレビのアンテナが倒れて樋に刺さって穴が開いたんです。ベランダの樋からも水が漏れてて、天窓から雨漏りもしてるので調査に来てもらえますか?」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747