オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の強風でズレた冠瓦の再固定やコーキングでの補強


泉大津市の台風被害に遭った屋根の棟の修復の様子をご紹介します。
U様邸はシルバーの釉薬瓦で、台風で瓦ズレたり割れる被害に遭いました。また、屋根のいたるところで使用されている漆喰も風雨の影響で剥がれてしまいました。この工事で、棟の冠瓦を固定しなおし、剥がれた漆喰も詰め直します。
泉大津市の冠瓦がズレています
棟の被害状況です。

棟とは、屋根面と屋根面の頂点の取り合い部分のことで、雨水が入らないように瓦を積み上げて雨仕舞しています。一番上にのせている冠瓦と言う半丸の瓦が強風に煽られてズレていました。
泉大津市ののし瓦がズレています
こちらは下屋の棟の様子です。

冠瓦の下にある四角いのし瓦がズレて落下しそうになっていました。
棟は上に瓦を積み上げていることから風や地震の揺れの影響を受けやすいので、銅線やステンレス線を通して固定されているのですが、経年で銅線が緩むと瓦がズレやすくなってしまいます。
泉大津市で足場を設置
U様邸の工事は、棟から軒先付近まで広範囲にわたることから、仮設足場を設置することになりました。
足場があると屋根の上までの上り下りがスムーズに行えますし、職人が安全に、そしてより良い施工を行うために必要です。
作業範囲が狭い場合は部分的に足場を設置することも可能です。

棟の修復の様子

泉大津市の冠瓦を仮撤去
U様邸は土葺きの屋根です。
土葺きの屋根は粘り気のある葺き土を下地に、瓦を密着させて葺いています。葺き土が新しいうちはしっかりと瓦が固定されていますが、経年で土が乾燥して痩せてくると瓦が動きやすくなってしまいます。U様邸の棟の冠瓦は全体的にズレていたので、すべて仮撤去して固定しなおします。
泉大津市の棟に葺き土を足します
冠瓦をめくると、葺き土が露になりました。
葺き土が乾燥して痩せると、瓦との間に隙間ができて密着背が低下してしまいます。
瓦をもう一度しっかりと固定するために、新しい葺き土をのせて瓦を積み直します。
泉大津市の棟に冠瓦を密着させます
葺き土の上に冠瓦をのせて押しつけると、隙間から葺き土がはみ出てきました。これにより、冠瓦がきちんと密着されていることが分かります。先ほどもお伝えしましたが、葺き土と瓦との隙間がないほどより密着します。
泉大津市の棟のはみ出た土を取り除きました
冠瓦を葺いて、はみ出た葺き土をきれいに取り除きました。
のし瓦から出ている銅線は、既存の銅線です。この後、棟を包んでしっかりと固定しなおします。
泉大津市の棟を銅線とコーキングで固定
銅線を通して緩みがないようにきちんと固定し、鬼瓦との取り合いの漆喰も詰め直しました。最後に瓦同士の継ぎ目にコーキングを充填してズレや飛散を防止しました。
現地調査の際に、棟部分に漆喰やセメントを隙間なくベタベタに塗っている住宅を見ることがあり、お話をお聞きすると、以前雨漏りして、その時の修理の跡なんです、と言われる方がほとんどですが、棟はデリケートな箇所ですので、かえって雨漏りしたり、湿気により木部が腐食することがありますので、気を付けましょう。
泉大津市の隅棟は積み直します
隅棟(軒先方向に降りている棟)の瓦もズレて、下地の葺き土が流れていたので一度ばらして積み直し、先端にある鬼瓦も固定しなおします。
泉大津市の隅棟に葺き土をのせて復旧します
冠瓦とのし瓦の一部を仮撤去して、新しい葺き土をのせて復旧します。
泉大津市の隅棟復旧完了
隅棟の漆喰は、ほとんど剥がれ落ちていたのできちんと詰め直しました。また、大棟(一番高い屋根の棟)と同様にコーキングを用いてズレを防止しています。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を防いだり、下地の葺き土の流出も防止する役割があります。漆喰が傷んで剥がれてくると、雨水の浸入を許してしまい、雨漏りや瓦がズレる原因になりますので、定期的にメンテナンスしましょう。

次はラバーロックなどの様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

泉大津市の冠瓦がズレています

2019/10/29/ 泉大津市の強風でズレた冠瓦の再固定やコーキングでの補強

泉大津市の台風被害に遭った屋根の棟の修復の様子をご紹介します。U様邸はシルバーの釉薬瓦で、台風で瓦ズレたり割れる被害に遭いました。また、屋根のいたるところで使用されている漆喰も風雨の影響で剥がれてしまいました。この工事で、棟の冠瓦を固定しな...........

泉大津市の台風被害の調査です

2019/10/28/ 泉大津市で台風で屋根の漆喰が剥がれて瓦がズレていました

泉大津市にお住いのU様より「近所で屋根を修理していた業者の方に、屋根が傷んでるよ、と教えてもらったんです。調査して見積もりをいただけますか?」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

泉大津市の谷樋の漆喰が剥がれています

2019/10/30/ 泉大津市の袖瓦の固定や谷樋の際の漆喰詰め直しと補強工事

泉大津市の屋根修復工事で漆喰の詰め直しなどの様子をご紹介します。U様邸は去年の台風で瓦が割れたりズレる被害があり、屋根で使用している漆喰も至る所で剥がれてしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

泉佐野市の破風板と鼻隠し

泉佐野市の破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。破風とは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。対して鼻隠しとは、雨樋が付いている軒先部分のことで、雨樋の下地板としての役...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747