オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市の台風で剥がれたスレートと棟板金・貫板の交換工事


泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになりました。スレートも一部割れて無くなっている状態でしたので部分的に差し替えます。

※棟は屋根の頂部の水平部分のことで、そこに取り付ける板金を棟板金と言います。
泉大津市の棟板金が飛散しています
泉大津市のスレートが割れて貫板が飛散
屋根の被害状況です。

台風直後から数カ月が経過し、屋根にかけて応急処置していたブルーシートがめくれ上がって被害箇所がむき出しになっていました。

台風の強風で棟板金が飛散し、下地の貫板も割れたり飛んでいる状態です。よく見ると、スレートも剥がれていることが分かります。
泉大津市で足場を設置
Y様邸の屋根はそれほど勾配がきつくなく、屋根の上にあがって作業できることから、昇降用の足場を部分的に設置し、工事を行うことになりました。
修理で使用する資材を手に抱えて梯子を行き来すると大変危険ですし、時間もかかります。職人が屋根の上まで安全に動けるように設置した足場です。
泉大津市で使用する棟板金と貫板
Y様邸で使用する資材です。

棟に取り付ける貫板(棟板金の下地)と、ガルバリウム鋼板製の棟板金です。
棟板金は棟の形状に合わせて加工されています。
泉大津市で使用する化粧スレート
屋根に葺くスレートです。

スレートは平らな板状の屋根材で、屋根面に向かって釘留めして葺きます。
泉大津市の傷んだ貫板を交換します
飛散せず屋根に残っている板金は再利用し、それ以外を復旧します。
傷んだ貫板の上には板金をしっかりと固定できないので、貫板を撤去して交換します。
貫板の下に剥がれたスレートがありますので、先にスレートを差替えてから棟の復旧を行いました。
泉大津市のスレートを張替
傷んだ貫板を撤去し、スレートを差替え、新しい貫板を取付けました。
棟板金は貫板に向かって固定されるので、貫板がしっかりしている方がビスがよく効きます。
泉大津市の貫板の際にシーリングを充填
貫板を取り付けた後、屋根面との取り合いにシーリングを充填しました。
貫板の上には板金を被せますので直接雨水にあたることは少ないのですが、板金と屋根面の隙間から雨水が染み込んで貫板が腐食する可能性がありますので、シーリングを充填して防水しました。
泉大津市の板金をビス留め
続いて棟板金を被せて固定します。
貫板は屋根面に向かってビス留めし、板金は横方向から「貫板に向かってビス留めします。
ビス頭が天を向いているとビス頭から雨水が染み込む危険性がありますので、横方向から固定しました。
泉大津市の板金の継ぎ目にシーリング充填
貫板の規格サイズは4m、棟板金の規格サイズは2mと決まっている為、棟の長さに合わせて数本の貫板及び板金を繋いで固定します。
棟板金の端には「水返し」という加工がされていて、継ぎ目から雨水が浸入しにくい形状になっているのですが、念のためシーリングを充填して防水させていただきました。
泉大津市の棟板金とスレート差し替え完了
板金を取付けた後、継ぎ目の上にもシーリングを充填して防水・固定しました。

板金や貫板が剥がれてダメージを受けていた屋根を修理し、見た目もきれいになり、安心を得られました。
泉大津市の棟板金をビスで留め直します
屋根に残った棟板金はそのまま再利用するのですが、すべて釘で固定されており、抜けかかってきていたので、抜けにくいビスに交換してしっかりと固定させていただきます。
泉大津市の棟板金固定完了
釘をビスに交換して既存の棟板金固定完了です!
板金を固定している釘が緩んでいると強風を受けた時に板金がズレたり飛ばされることがあります。修理をしたのに、今度は別の板金が飛ばされた・・と、ならないように補強しています。
泉大津市の水切り板金の形を整えます
下屋のケラバ水切りが、台風の強風で揺れた隣接する電柱に押されて変形していたので、板金職人が道具を使って形を整えました。
ケラバ水切りは、屋根の雨樋が付いていない面の端に取り付ける板金のことです。
泉大津市の水切り補修完了
変形していた水切りの形を整えて補修完了です。
ケラバ水切りはスレートの下に潜り込んでいる為、交換する際はスレートをめくらないといけません。そうすると大掛かりな工事になるため、形を整えるだけにしました。
「長い間修理できずそのままにしていて心配でしたが、これでようやく安心して生活できます」
Y様が安心して暮らせるようになり良かったです。

棟板金は棟から雨水が入らないように雨仕舞している部分ですが、下にルーフィングという防水シートを敷いていますので飛ばされてもすぐに雨漏りすることはありません。ですがルーフィングが傷んでいたり、板金が無い状態のまま長い間放置し続けるとスレートを固定している釘頭から雨水が染み込んで雨漏りすることがありますので必ず修理しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747