オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市でスレートや棟板金が飛散し玄関屋根の雨樋も破損!


泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。
I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。
泉大津市の台風被害の現地調査
I様ご夫婦にお会いしてお話をお聞きすると、「台風の後に雨漏りしていないので大丈夫かなぁ、と思っていたんだけど、お隣の家の人に屋根がいっぱい剥がれてますよ!って教えてもらったんです。屋根の上が見えないので、相談させてもらいました」とのことでした。
台風21号の被害では、I様のように屋根に被害があることをご近所の方に教えてもらったり、ご近所の方の屋根の修理をしている職人に教えてもらったりするケースがあります。どちらにしても、目に見えない分、不安が募ります。そんな時は信頼できる業者に依頼してみてもらいましょう。
泉大津市の棟板金と貫板、カラーベストが飛散
屋根に上がって確認させていただきました。

I様邸の屋根はスレートで、屋根の頂点部分の棟板金と下地の貫板と言う角材、スレートが飛散している状態でした。

スレート屋根では屋根面と屋根面の頂点の取り合い部から雨水が入らないように板金を被せているのですが、風の影響ですべて飛ばされていました。板金の下のスレートも一緒に剥がれてしまったのでしょう。
棟板金が飛散すると、そこから雨水がスレートの内側に浸入することがありますが、スレートの下にはルーフィングという丈夫な防水シートを敷いていますので、その防水シートが破損していなければすぐに雨漏りすることはありません。ただ、雨漏りしないからと長期にわたって放置し続けるとルーフィングの劣化の原因になりますので必ず修理しましょう。
泉大津市のケラバ水切りが飛散
屋根のケラバ水切りも一部飛散していました。

ケラバとは雨樋が付いていない屋根の端のことで、屋根材や下地の野地板の端になります。その部分に取付ける板金をケラバ水切りと言います。
ケラバ水切りがないと雨水が染み込んで野地板を腐食させて劣化を早めてしまいます。
板金は飛散した部分のみの交換が可能ですが、新旧の差が出ますので気になる方は色合わせで板金部分を塗装することもできます。
泉大津市の板金を固定している釘が抜けてきています
スレート屋根には棟やケラバ、軒先、壁際などの雨仕舞で板金が使われています。
板金はほとんどの場合釘留めされているのですが、長年渡って外気に晒されているうちに緩んで少しづつ抜けてきてしまいます。板金を固定してる釘が緩んで抜けかかっていると、風で飛ばされる可能性が高くなってしまいますので、修理の際はしっかりと打ち直すか、抜けにくいビスで補強します。
泉大津市の玄関屋根の天井が剥がれています
玄関の屋根にも被害がありました。

玄関屋根の天井板に水が廻って腐食し剥がれてきていました。
このままでは見た目の印象も悪いですし、張替えのご提案をさせていただきました。
天井板を張替えても雨漏りが止まっていなければまた同じように傷んできますので、屋根の処置も必要です。

泉大津市の玄関屋根の樋が飛散
玄関屋根の樋も飛散していました。

屋根に落ちてきた雨水を集めて竪樋に排出する集水器と、玄関用の装飾雨樋(雨水がくさりを伝って流れ落ちる樋)も外れて落下していました。
泉大津市の板金の飛散などはありません
玄関屋根を確認すると板金を張った屋根で、飛散やめくれなどの被害はありませんでした。
屋根の樋部分のとの取り合いなどが傷んで割れてきていたのでシーリングを充填するか張替えなどの処置が必要です。
泉大津市の雨戸が変形しています
「台風の強風の影響で雨戸が変形し、開け閉めできなくなってしまった」というご相談もありました。
確認すると、雨戸が歪んでおり、動かなくなっていました。
泉大津市で長い竪樋が庭に落ちていたそうです
「家の裏に樋が落ちてたんです」とのことで、すべての樋を確認しましたが、どの樋も飛散していませんでした。
台風21号は強風が吹き荒れたので、色んなものが飛ばされてきました。他の家の方の屋根材や樋、波板などが飛散してきた事例も数多くあります。この樋も、周辺の住宅の樋だと思われます。
台風21号から数か月経ち、少しづつ工事も進んでいますが、まだまだお困りのかたがたくさんおられます。
街の屋根やさん岸和田店は、順番に調査の方にお伺いしていますので、ご予約になりますが、心配なことがございましたらご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747