オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の雨漏りの原因は棟板金とルーフィングの破損でした!


岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。

M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。

「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり、知っている業者の方が安心感があるし」と、嬉しいお言葉をいただきました。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆M様邸は鉄骨造の3階建ての住宅です☆

屋根・・スレート葺き(平型の薄い屋根材)

雨漏り箇所・・3階の和室の天井と屋根裏収納部

雨漏りの原因・・棟の板金・ルーフィングの飛散

台風で3階の和室の天井に雨漏りが発生し、現地を確認すると棟板金、下地の貫板、ルーフィングが飛散している状態でした。雨漏りの直接的な原因は屋根を防水しているルーフィングの飛散です。

棟の被害状況

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

M様邸は3階建ての住宅で、屋根はスレート葺きです。

スレートとは・・厚みが5mmほどの板状の屋根材で「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。

台風の強風で棟板金、下地の貫板、ルーフィングが飛散して3階の部屋に雨漏りが発生しました。

棟は屋根の頂点の取り合いのことで、そこに取り付ける板金を「棟板金」と言います。
岸和田市の防水シートが飛散

棟板金が飛散しても、下に敷いているルーフィングという防水シートが破損していなければすぐに雨漏りすることはないのですが、M様邸はルーフィングも剥がれている状態でした。

また、鉄骨造の屋根の構造の割り付けの関係で、棟に大きな隙間があいていたので、雨水が入りやすい状況下に置かれていました。
屋根を防水しているのは瓦やスレートなどの「屋根材」だと思っていませんか?

実は、屋根を防水しているのは「屋根の下葺き材」とも呼ばれているルーフィング(アスファルトルーフィング)なのです。

ルーフィングは耐久性のある防水シートで、さらに改良された丈夫なルーフィングを「改質アスファルトルーフィング」または「ゴムアスルーフィング」と言います。

ルーフィングが無いと、屋根材の内側に浸入した雨水が野地板に廻り、腐食させて強度が低下します。

野地板は屋根材を支えている下地になりますので、腐食すると屋根を保持することができなくなってしまいます。また、野地板の継ぎ目から雨水が入って部屋内に雨漏りしてしまいます。

☆ ルーフィングは屋根を雨水から守る重要な役割があり、必要不可欠なのです!

棟板金取り付けまでの流れ

棟をまたいでルーフィングを施工!
屋根の葺き替えを行った際の写真です。

屋根の下地(野地板)の上にルーフィングを敷き、その上にスレートを葺きます。棟部分から雨水が入らないようにルーフィングをまたがせて施工しないといけません。

スレートの下に控えているルーフィングが雨水を弾いて防水しています!
棟板金と貫板
スレートを葺いた後、棟に「貫板」と呼ばれる下地の板を取付け、その上に棟板金を被せて固定します。

棟板金を取付けることで、棟の取り合いが覆われて、雨仕舞のいい屋根になります。

雨仕舞(あまじまい)とは・・雨水が内部に入らないようにすること

M様邸の棟修理の様子

岸和田市の棟を修理します


M様邸の棟は、棟板金と貫板、ルーフィングが飛散している状態です。

このままでは、棟板金が飛散するたびに雨漏りしてしまいますので、棟に耐久性のある防水テープを貼って処置することになりました。

破損したルーフィングを交換するとなると、スレートの釘を抜いてめくらないといけません。その時に既存のルーフィングを傷めると元も子もないですし、費用も掛かってしまいますので、今回は防水テープでの処置になりました。


岸和田市の棟に貫板を取付け

棟の両側の屋根面に貫板をビスでしっかりと締め付けて取付けました。

貫板を固定するビスはスレートとルーフィングを貫通していますが、この上に取り付ける棟板金は貫板の側面にビス留めするため、屋根面に干渉することなく施工することができます。そのため、板金を固定しているビス頭から万が一雨水が浸入しても、スレートの内側に入ることがありません。


岸和田市の棟に防水テープを貼りました
貫板を取付けた後、念のため防水テープを貼りました。

貫板の下と上に防水テープを貼り、防水を二重にして万が一に備えました。
近年、勢力の強い台風や突風に見舞われることがありますので、被害を少なくするためにきちんと処置しています。
岸和田市の貫板の取り合いにシーリング充填
続いて貫板とスレートの取り合いにシーリングを充填して防水しました。

雨水の量が多い日は少なからず貫板が濡れる可能性があるため、シーリングを充填しておくと貫板の腐食を防ぐことができます。
●●●● 貫板とは? ●●●●

「貫板」は、棟板金を取付けるための長い木の板のことです。

棟板金を直接屋根面に打ち付けると、釘が屋根材とルーフィングを貫通して屋根下地の野地板まで達することになりますので、釘頭から雨水が染み込んだ時に野地板まで流れていき、腐食させてしまいます。そのため、貫板を先に取り付けて、その上に板金を被せて貫板に取付けることで雨仕舞のいい棟になります。

貫板が腐食すると・・・?

貫板に雨水が廻ったり、湿気の影響などで腐食すると、強度が低下して棟板金を固定している釘が効かなくなり、風で板金が飛散する原因になってしまいます。

⚠ 板金の飛散を防ぐためにも、定期的に屋根を点検しましょう。
岸和田市の棟板金をビス留め
貫板を取付けた後、棟板金を被せて横方向からビス留めしました。

棟板金の規格の大きさは2mと決まっていますので、数枚の板金を繋いで施工します。
岸和田市の板金を固定しているビス頭にシーリング充填
棟板金を取付けた後、ビス頭にシーリングを充填!

ビス頭にシーリングを充填すると、雨水が染み込むのを防ぐことができ、ビスの緩みも防止できます。
岸和田市の板金の継ぎ目にもシーリングを充填しました



すべての棟板金を取付けた後、板金の継ぎ目にもシーリングを充填しました。

板金を繋ぐ際にもシーリングを充填し、板金の上からも充填することで、継ぎ目から雨水が浸入するのを防止することができますし、板金同士が繋がれますのでバラバラに飛散するのを防ぐことができます。
岸和田市の棟板金復旧完了


台風被害に遭った棟の修理完了です!

板金が飛散し、大きく口をあけていた棟をきちんと復旧したので安心ですね。

工事完了後、雨が降った後に確認にお伺いすると、雨漏りしていないとのご報告がありました。
「台風で急に雨漏りしたので、どうなるか心配でしたが、早く対応してくれて助かりました。雨漏りも止まったので安心しています。これからも何かあったらよろしくお願いします」

M様のお力になれて嬉しく思っています。
屋根のことはもちろん、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください!

M様邸はこの工事で剥がれたスレートの修理も行いました

before1
岸和田市の飛散したスレートを復旧します
M様邸は台風で棟の被害の他に、スレートやケラバ水切りも飛散してしまいました。

この部分は雨漏りとは関係のない部分ですが、この工事できちんと修理しています。
horizontal
after1
岸和田市の飛散したスレート復旧完了
飛散したケラバ水切りとスレートを復旧!

スレートの新旧の差がありますが、この屋根面はどの角度からも見えないので、色合わせの塗装をせず完了となりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747