オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市のベランダにウレタン防水を施し物干し竿受けも復旧


泉大津市のベランダ防水工事です。この記事ではウレタン樹脂を塗布した防水層の形成などの様子をご紹介します。
Y様邸はベランダの下のお部屋で雨漏りが発生し、調査を行うとベランダに施している防水が傷んで切れていることが原因の可能性が高いことからベランダを防水することになりました。
防水面になる既存のベランダに発生したひび割れを補修し、弱点になりやすい部分もあらかじめ防水し、カチオンクリートで下地を調整しました。続いてウレタン樹脂を塗布して新しい防水層を形成します。
泉大津市のベランダにカチオンクリートで下地を調整しました
写真は前回の記事でご紹介したベランダ防水の下地調整後の様子です。
ベランダの劣化の症状であるひび割れ箇所や立ち上がり壁との取り合いなどにシーリングを充填してきちんと補修した後、カチオンクリートをしごき塗りして新しい下地を形成しました。
カチオンクリートはあらゆる下地に強力に接着しますので、既存の下地の上に新しく下地を作ることが可能です。薄塗で仕上げられますので重量的に建物に負担をかけることはありません。
泉大津市の下地をスクレイパーで表面を平滑に
カチオンクリートを乾燥させてから防水層の形成を行います。
カチオンクリートが乾くと、少なからず表面に凹凸ができます。そこで、この上に形成する防水層を傷つけないようにスクレイパーという工具を使用して表面をこすって平滑に整えます。
泉大津市のベランダにプライマーを塗布します
下地調整完了後、プライマーを全体的に塗布していきます。
プライマーは透明の塗料で、主な働きは防水層を下地にしっかりと密着させる接着剤の効果があります。逆に言うと、プライマーの工程を飛ばして防水層を作ると、接着力が確保できず浮や剥がれの原因になってしまいます。
泉大津市のベランダの笠木部分は刷毛で丁寧に塗布
笠木部分は段差があるなど平坦な形状ではありませんので、刷毛を使用して丁寧に塗布しました。
笠木とは手すり壁や立ち上がり壁の上部の仕上げのことで、Y様邸のベランダは立ち上がり部分が低くモルタル仕上げの笠木です。笠木部分が傷んでも雨漏りすることがありますので、この工事できちんと防水します。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂を塗布します
プライマー塗布後、完全に乾く前にウレタン樹脂を塗布します。ウレタン樹脂は液体状の防水材です。乾くと弾力のあるゴム状になり雨水をシャットアウトしてくれます。
液体状ですので、立ち上がり壁から床にかけて継ぎ目なく施工でき、複雑で施工がしづらい箇所にも塗布することで施工可能ですので非常に優秀な防水材です。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂を2回塗布しました
ウレタン樹脂の性能を確保するには既定の厚みが必要です。
1回塗っただけでは厚みを持たせることができない場合が多く、均等に塗れず塗りムラが発生してしまいますので、1回目塗布後、乾燥させてから2回目を塗布して仕上げます。薄塗りすぎると丈夫な防水層を作ることができないので、2回に分けて塗膜を二重にする方法をとることがほとんどです。
泉大津市のトップコートを塗布します
ウレタン樹脂乾燥後、トップコートを塗布します。
トップコートは一番上に塗る塗料のことで、防水層を保護する役割があります。
ウレタン樹脂は紫外線にあたると劣化してしまいますので、紫外線から守るためにも必須の工程です。
泉大津市のベランダに刷毛で隅々塗布します
笠木や手すりの支柱の根元は刷毛を使用して隅々塗布しました。
トップコートが乾燥すると床の上を歩くことができるようになります。(ウレタン樹脂は乾いてもネバネバしていますので、歩くと床面を汚したり、汚れが付きやすい状態です)
泉大津市のベランダ防水完了
ベランダ防水完了です。
トップコートが傷んで切れたり剥がれることがあると、下にある防水層が紫外線に晒されて傷んでしまいます。防水層がダメージを受けると雨漏りの原因になりますので、防水層を長持ちさせるためにもトップコートが傷む前に塗り替えてあげましょう。
泉大津市のベランダにクッション材をしきました
Y様邸はベランダに物干し竿をかける物干し台を置かれています。支柱の足元がコンクリート製で重量があるタイプです。
防水の作業中は別の場所で保管していましたが、工事が終わりベランダを使えるようになったので、元の位置に戻させていただきました。重量があるコンクリートをそのまま床に置くと、せっかく施した防水面を傷つける危険性がありますので、下に弾力のあるシートを敷いてから置きました。

ベランダからの雨漏りが多く発生しています。ベランダの劣化が気になり始めたら雨漏りする前に一度業者に見てもらいましょう。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747