オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の陸屋根の錆ついた鉄製手すりと物干し台の撤去/モルタルで補修


岸和田市の笠木の裏側の劣化
岸和田市の鉄骨造の住宅で雨漏りが発生し、外装をメンテナンスすることになりました。
今回は、その中の陸屋根改修を詳しくご紹介します。

Y様邸の陸屋根にはパラペットがあり、その上に施工している笠木の裏側が劣化して崩れ落ちて来ていました。
これ以上劣化が進まないように、この部分にタイルを積んで補修します。

パラペット・・陸屋根の周囲に取付けた背の低い壁(落下防止の手すりなど)
笠木・・壁や塀などの一番上に被せて施工する部材
岸和田市の陸屋根にブロックを積みます
前回の記事で、陸屋根のパラペットの手前・笠木の下部分にブロックを積む工事を詳しくご紹介しました。

写真はブロック積みを行っている様子で、この部分の隙間を埋めるようにブロックを積み上げて、表面インモルタルを塗って壁を作ります。
今回は、そのモルタル塗りなどをご紹介します。
岸和田市の陸屋根の手すりと物干し場撤去
モルタル塗りの前に劣化して錆びついた鉄製の手すりと物干し台の撤去をご紹介します。
こちらのお宅は現在お住いされていなく、今後陸屋根もあまり使用しないだろう、ということで手すりと物干し台を撤去することになりました。
岸和田市の陸屋根の鉄製の手すり劣化
陸屋根の手すりは鉄製で、表面の塗膜が劣化し剥がれてきており、錆ついていました。
鉄製の手すりは、セメントの笠木に直接埋め込まれている状態で、手すりの支柱の根元が錆びることにより生じる隙間から雨水が浸入してしまうことがよくあります。
ですので、今後使用しないのであれば、撤去してしまう方が雨漏りのリスクが低減されます。
岸和田市の鉄製の鉄製の物干しも錆ついています!
また、手すりと同じように鉄製の物干し台も錆ついてボロボロになっていました。
こちらも不要だということで、今回の工事で撤去します。
岸和田市の陸屋根の手すりをグラインダーでカットして手すり撤去
では、手すり撤去の様子をお伝えします。
鉄製の手すりはそのまま取り外せないので、グラインダーという電動工具で数か所に分けて解体し、支柱の根元もカットして撤去していきます。
岸和田市の陸屋根の手すりをカットすると水が出てきました!
電動工具でカットすると、切れ目から水が流れ出てきました。
鉄製の手すりは錆びが進むと穴が開いてしまいます。そこに雨水があたると、僅かに空いた針のような穴からでも雨水が浸入し、もともと空洞になっている手すりの内部を移動します。
写真は、浸入した雨水が抜けきれず手すり内部で溜まっていた雨水が出てきた様子です。
岸和田市の鉄製の手すりの中も腐食しています!
カットした断面を見てみると、手すりの内部が濡れて腐食していました。こうなると内側からも錆が進行してしまい、非常にもろい手すりとなり大変危険です。
このように、手すりの内部に浸入した雨水が手すりの支柱部分に流れると、そこから雨水が内部に浸入し、雨漏りに繋がってしまうことがありますので、今回は撤去のご提案をさせていただきました。
岸和田市の物干し台が屋根面と一体になっています!
物干し台も撤去します。
こちらの物干し台は、土台が陸屋根と一体になっており、柱が埋め込まてれている形状でした。
先ほどもお伝えしたように、支柱の根元が錆びるとそこから雨水が浸入してしまいますので、雨漏りの危険性が高まります。
岸和田市の陸屋根の物干し場の骨組みを撤去
物干し台の土台部分を電動ドリルで砕きながら解体・撤去していきます。
最後に支柱部分をカットして撤去します。

手すりの支柱撤去跡と物干し台の撤去跡はモルタルを塗ってきちんと補修します。
岸和田市の陸屋根のブロック部分にモルタルを塗りました!
続いて、パラペットの笠木の下に積んだブロックの表面にモルタルを塗った様子です。
このように、モルタルを塗って壁で仕上げます。
岸和田市の物干し台撤去跡もモルタルで補修
物干し台を撤去した跡にもモルタルを塗って補修しました。
解体する時に陸屋根面を砕きましたが、これで表面が平らになりました。
岸和田市の陸屋根の手すりの撤去跡も補修完了です!
撤去した鉄製の手すりの支柱部分の根元にもモルタルを塗って補修しました。
岸和田市の陸屋根補修完了です
パラペットの笠木の下にブロックを積み、表面にモルタルを塗って仕上げ、手すりや物干し台の撤去も終わりました。
これで、陸屋根を防水する準備が整いました。
防水工事は、ただ防水すればいいわけではなく、事前に劣化部分を適切に補修処理することが大切です。
防水工事のみを行っても、傷んだ部分が直るわけではないからです。

街の屋根やさん岸和田店は、ひとつひとつの工程を丁寧に行い、防水性能を発揮できるように、また、長持ちさせるように施工しておりますのでご安心ください。

陸屋根の防水などで心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。
街の屋根やさん岸和田店 0120-169-747まで。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

岸和田市のALCパネルの外壁

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング工事です。K様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根や軒天井などを修理し、屋根・外壁の塗装をすることになりました。K様邸は重量鉄骨造で、外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルとは不燃の軽量気泡コンクリ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747