オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市で台風で屋根の漆喰が剥がれて瓦がズレていました


泉大津市にお住いのU様より「近所で屋根を修理していた業者の方に、屋根が傷んでるよ、と教えてもらったんです。調査して見積もりをいただけますか?」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。
泉大津市の台風被害の調査です
近所で屋根の修理をしていた業者の方に、屋根の被害を教えていただたそうですが、信頼できる業者に頼もうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談くださりました。台風後、玄関のインターホンを鳴らして、「屋根の修理しますよ」と、何度も訪販の方が来られたそうです。
泉大津市のシルバーの釉薬瓦です
U様邸はシルバーの釉薬瓦(ゆうやくかわら)です。
釉薬瓦とは、粘土を瓦の形に形成し、釉薬という「うわ薬」を塗布して焼いた瓦のことです。表面がツルっとしていて、釉薬により色んな色の瓦をつくることができます。
泉大津市の地瓦が割れています
屋根に上がって確認すると、地瓦(屋根の面で使用する瓦)が割れている箇所が数カ所見つかりました。
屋根面は屋根に落ちてきた雨水が流れる経路になっていますので、その瓦割れると雨水が屋根内部に浸入してしまい、雨漏りすることがあります。
泉大津市の冠瓦がズレています
棟の冠瓦がズレていました。

棟とは屋根の頂点(三角になった水平部分)のことです。そこから雨水が入らないようにのし瓦と言う四角くて平らな瓦を積み上げて一番上に半丸状の冠瓦を固定しているのですが、その冠瓦ズレて浮き上がっていました。
冠瓦がズレて隙間から雨水が棟の内側に廻ると、下地の土が痩せて棟自体のバランスが崩れる危険性があります。
泉大津市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
また、棟の端に取付けている鬼瓦(装飾瓦)の取り合いの漆喰も強風ですべて剥がれてしまっていました。
漆喰は屋根のいたるところで使用されており、瓦の隙間を埋めたり、固定する役割があります。また、下地の土が流れ出るのも防いでいます。
泉大津市の谷樋の漆喰が剥がれています
谷樋の際の漆喰もポロポロと剥がれて、谷樋の中に転がっていました。
谷樋とは屋根の谷部分の取付ける雨樋のことです。谷樋は雨水がたくさん集まりますので、漆喰が剥がれると、下地の土が流れ出て瓦がズレる可能性がありますし、雨漏りの原因になることがあります。
ec646c927cda504d848aee3599f990e9-2-columns2
矢切(屋根の妻側)の壁際ののし瓦が飛散し、下地の土が流れていました。
のし瓦は棟でも使用されており、雨水が内部に浸入しないよう勾配を付けて葺かれています。のし瓦は雨を切る水切りの役割も担っています。
泉大津市ののし瓦がズレています
下屋の棟ののし瓦もズレていました。
棟は屋根面よりも高く積み上げられていますので、風や揺れの影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線などを通して固定されているのですが、銅線が緩むとこのように瓦がズレることがあります。
修復工事の際は瓦のズレを防止するため、コーキングで瓦同士を繋いで固定させていただきます。
泉大津市の雨樋が下がっています
雨樋にも被害がありました。
軒樋という横方向の樋を固定している受け金具が外れて樋が下がっていました。
雨樋に不具合があると、雨水が溢れたり漏れたりして建物自体の劣化を進めてしまいます。
泉大津市の樋の中に草が生えています
台風被害ではありませんが、樋の中に草が生えている箇所もありました。放置すると樋の詰まりの原因になりますので、工事の際にきれいに掃除させていただきます。
U様邸は全体的に漆喰が傷んでいますので、きちんと修復し、瓦のズレや飛散を防止するためコーキングで瓦を固定することになりました。

次は工事の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

泉大津市の谷樋の漆喰が剥がれています

2019/10/30/ 泉大津市の袖瓦の固定や谷樋の際の漆喰詰め直しと補強工事

泉大津市の屋根修復工事で漆喰の詰め直しなどの様子をご紹介します。U様邸は去年の台風で瓦が割れたりズレる被害があり、屋根で使用している漆喰も至る所で剥がれてしまいました。

泉大津市の冠瓦がズレています

2019/10/29/ 泉大津市の強風でズレた冠瓦の再固定やコーキングでの補強

泉大津市の台風被害に遭った屋根の棟の修復の様子をご紹介します。U様邸はシルバーの釉薬瓦で、台風で瓦ズレたり割れる被害に遭いました。また、屋根のいたるところで使用されている漆喰も風雨の影響で剥がれてしまいました。この工事で、棟の冠瓦を固定しな...........

泉大津市の台風被害の調査です

2019/10/28/ 泉大津市で台風で屋根の漆喰が剥がれて瓦がズレていました

泉大津市にお住いのU様より「近所で屋根を修理していた業者の方に、屋根が傷んでるよ、と教えてもらったんです。調査して見積もりをいただけますか?」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747