オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の苔が生えたスレート屋根が塗装で美しくなりました!


岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほしい、とご希望で工事に至ります。前回の記事でトス前の高圧洗浄の様子をお伝えしたので、続いてスレート屋根の塗装の様子を分かりやすくご紹介します。

スレートとは薄型の板状の屋根材で、もともと吸水性があるため塗装して防水の性能を加えています。塗膜が外気の影響で劣化し、素地から剥がれてくると防水性が低下してスレートの反りや割れなどの問題が発生しますので、定期的な塗り替えが必要です。防水面はもちろん、美観性を維持するためにも10年~15年に1一度のペースでの塗り替えをお勧めしています。
岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です
増築部のスレート屋根です。
高圧洗浄を行うと、屋根に付いていた汚れや苔がきれいに落ち、旧塗膜もほとんど剥がれました。

表面の塗膜が高圧洗浄で剥がれるということは、塗膜の耐久性が低下していることですので、塗り替え時期を迎えていたことになります。このように、塗装する前に高圧洗浄で塗装面をきれいにしないと、塗装した時に汚れなどが絡んで美しく仕上げることができないですし、せっかく塗った塗膜がしっかりと密着しないので早い段階で剥がれてしまいます。

岸和田市の屋根の下塗りです
岸和田市の本宅の屋根も下塗りしました
スレートはセメントや繊維質が主原料ですので、水分を吸いこむ性質を持っています。そのままでは屋根を守ることができないですし、傷むのも早いので表面を塗装して防水性を加えています。高圧洗浄で塗膜がほとんど剥がれたので、この上に直接仕上げの塗料を塗ると、塗料が吸い込まれて表面に残る塗膜が薄くなり、塗料の性能を発揮させることができません。
下塗りの工程で、スレートの吸い込みを抑える塗料を使用し、塗装面の状態を整えます。
下塗りは塗料の吸い込みを抑えたり、上塗り塗料をしっかりと密着させる接着剤のような役割があり、塗装工事では欠かせない工程です。
増築部と、本宅側の葺き替えた屋根の軒先にある小さな屋根も丁寧に下塗りしました。
岸和田市の屋根を中塗りで色付けします
下塗り後、中塗りします。

屋根や外壁の塗装は先ほどご説明した「下塗り」に加えて「中塗り」「上塗り」の工程があります。

中塗りと上塗りでお好みの色に着色していきます。
また、この段階で耐候性や耐久性などの性能が含まれた塗料を使用します。
岸和田市の屋根を中塗り乾燥後に上塗りします
塗料の性能を発揮させるためには塗膜に既定の厚みが必要です。塗膜が薄いと性能を活かすことができません。

中塗り後、乾燥させてから上塗りすることで塗膜を二重にして厚膜に仕上げていきます。
2回に分けて塗装すると、塗り残しや塗りムラなくきれいに仕上げることができます。
岸和田市の本宅の屋根も中塗り・上塗りで仕上げます
本宅側の屋根も3工程に分けて塗装しました。

屋根は外壁よりも過酷な環境下にありますので、耐久性のある塗料をお勧めしています。今回使用したのは日本ペイントの屋根用遮熱塗料サーモアイSiです。シリコン樹脂を使用した塗料で、耐候性や光沢保持性に優れています。
「遮熱」とは、日光を反射する力のことです。塗料に遮熱効果を加えることで屋根の表面や屋根材に熱がこもりにくくなり、内部の暑さを和らげることに繋がります。
before1
岸和田市の塗膜が劣化し苔が生えています
増築部の塗装前の屋根です。

表面の塗膜が剥がれ、苔が生えて緑色になっていました。
苔は水分を含みますので、スレート自体の劣化を進めてしまいます。
horizontal
after1
岸和田市の屋根塗装完了
高圧洗浄で苔や汚れ、旧塗膜を洗い落としてから3工程に分けて丁寧に塗装しました。

使用したのは日本ペイントのサーモアイSiで、色はクールブラックです。
色褪せて古い印象を与えていた屋根が、艶のあるシックな屋根に生まれ変わりました。
岸和田市の屋根の板金も塗装完了
屋根に施工している板金も屋根と同じ色で塗り込みました。

塗膜が劣化して雨水などの水分を吸い込むようになっていましたが、塗り替えたことでまた防水性の高い屋根になりました。
見た目も美しくなり、本当に良かったです!
before1
岸和田市の本宅の屋根現況
本宅側の軒先の小さな屋根も、増築部と同様に塗膜が劣化して苔がびっしりと生えていました。
スレートが水分を吸い込むようになると、汚れが付着しやすくなり、苔も生えやすくなってしまいます。
horizontal
after1
岸和田市の本宅側の屋根も塗装完了
陶器瓦をスレートに葺き替えて、軒先の屋根は塗装でメンテナンスしました。

葺き替えた屋根のスレートもブラックにしたので、統一感があるスッキリとした外観になりました。
街の屋根やさん岸和田店は、塗装のご相談も承っております。塗料の性能など、詳しくご説明させていただきますので、ご検討されている方はお気軽にご相談ください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦の塗装でひび割れを修理してから塗装しました

岸和田市の屋根塗装
岸和田市の屋根塗装完了
工事内容
屋根塗装
使用素材
セメント瓦専用塗料
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年
工事費用
屋根塗装費用・・49万円 足場費用・・26万円(すべて税込み)
施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市のスレート屋根を塗装します

岸和田市にお住いのU様より「樋が詰まっているのか庇の上に雨水が落ちてくるんです。それと、夏場、2階の部屋が暑くてしょうがないので、そういうのを抑える塗料があるって聞いたんですが、塗装できますか?」というご相談をいただき工事に至ります。この記...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747