オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の突風で剥がれたスレートとケラバ水切りの修理工事


以前、街の屋根やさん岸和田店でキッチンの出窓からの雨漏りを修理させていただいた岸和田市のM様より
「台風で雨漏りして困ってるんです」とのご相談をいただき、屋根の修理を行うことになりました。

M様邸は・・鉄骨造・3階建て

屋根は・・化粧スレート葺き

外壁は・・ALCパネル張り

雨漏りしているのは・・3階の和室と屋根裏収納部



現地調査時・室内の雨漏り状況

岸和田市の天井の雨漏り
台風の最中に3階の和室の天井に雨漏りが発生!

雨漏りは1か所だけでなく和室の天井の数カ所で発生していました。

「台風の時に天井のあちこちから雨水が落ちてきてびっくりしたんです。タオルやバケツで水を受けるので精いっぱいでした」

現地調査時のM様の声です。

岸和田市の押入れの中でも雨漏りしています
押入れを開けると中でも雨漏りしていました!

押入れの中にも雨水が入ってきていました。
ここは、M様もお気づきになっていなかった部分です。

押入れの中はあまり気にされることが少ないかもしれませんが、意外と雨漏りしていることが多い部分です。

目につきにくい部分で雨漏りが進行しないように、押入れやクローゼットの中も点検しましょう。

M様邸は屋根裏収納があったので、そちらも確認させていただくと、
棟付近から雨水が入ってきていることが分かりました!

現地調査時・屋根の被害状況

岸和田市のスレートが飛散

M様邸の屋根はスレート葺きで、台風の強風でまとめて剥がれていました!

スレートとは・・厚みが5mmほどの薄型の屋根材で陶器瓦に比べて軽量なのが特徴です

スレートは1枚ずつ釘留めにより葺かれている為、地震の揺れには強いのですが、スレートの劣化が進むとM様邸のように強風で剥がれることがあります。
このように、スレートが飛散すると「雨漏りするかも!」と、心配されるかもしれませんが、
下に敷いているルーフィング(防水シート)が破損していなければすぐに雨漏りすることはありません!
岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

棟板金・下地の貫板・ルーフィングも飛散していました!

棟とは・・屋根の頂点の水平部分のことで、そこに取り付ける板金を「棟板金」と言います

貫板とは・・棟板金を固定するための下地の長い材

ルーフィングとは・・屋根の下葺き材で、耐久性のある防水シートになります


M様邸の雨漏りの直接的な原因は、棟部分のルーフィングが破損したことでした!

スレートの修理の様子

岸和田市の飛散したスレートを復旧します
スレートは平らな板状の屋根材で、釘で固定して葺かれています。

1枚1枚固定されていますので地震で建物が揺れた時に、陶器瓦のように落下する危険性は少ないのですが、台風の強風により、M様邸のようにスレートが剥がれる被害を受けた住宅が多くありました。

●●● スレートが剥がれる原因 ●●●

● 経年でスレート自体の劣化が進み脆くなっている
● スレートが劣化してひび割れが生じている
● スレートが劣化して反りにより隙間が生じて、風が吹き込みやすくなっている
● 想定外の強風が吹いた時

スレートは釘留めされていますが、釘を抜くことにより部分的な張替が可能です!
岸和田市の割れたスレートを剥がしました


破損しているスレートを剥がしました。

スレートは釘留めされていますので、飛散する時は釘が抜けるか、割れて剥がれるかの2択です。
釘留めしている部分はスレートの重なり代の下に隠れている為、スレートが飛散しても屋根面に残っていることがほとんどです。そのため、専用の道具で釘を抜かないとスレートを剥がすことができません。

スレートは雨水をスレートの上で流すために継ぎ目が交互になるように葺かれていますので、割れた部分を剥がすと写真のようにスレートが残りました。
岸和田市でケラバ水切りを取付け


台風で飛散したケラバ水切りを取付けました。

ケラバとは・・屋根の妻側(雨樋が付いていない方)の端部のことです

水切りとは・・雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物で、ケラバに取り付けるみずきりを「ケラバ水切り」と言います

水切りが無いと、屋根の野地板の小口が露になりますので、そこから雨水が染み込んで腐食させてしまいます!また、雨水が内部に浸入して雨漏りの原因にもなってしまいます!

水切りは屋根や外壁の雨仕舞(あまじまい・雨水が内部に浸入しないようにすること)が必要な部分に取り付けられています。
ケラバ、軒先、壁際、土台などに取り付けられる水切りは目立たないですが、建物の防水性を高める重要な役割を担っています。
岸和田市のスレートをビス留め

新しいスレートをビスで固定していきます。

飛散したスレートはケラバ水切りの際部分ですので、水切りの中に差し込んで葺きます。
ケラバ水切りはコの字型になっていますので、雨水が外側に流れるのを防ぐことができます。

スレートは下から順に葺くのが鉄則で、上に上に重なり代をとって葺き上げます。

岸和田市で使用したスレートカッター!
スレートは幅が約90㎝と決まっていますので、屋根の形状に合わせてカットしないといけません。

スレートカッターはスレートを切るための専用の道具です。
屋根を葺き替える時はスレートカッターを屋根の上に置いて作業します。
岸和田市で使用した化粧スレートの大きさ
スレート1枚は約90㎝になります。

このスレートを継ぎ目が揃わないように交互に葺きます。
スレートの半分くらいが重なり代になり、釘留めする箇所に穴があいています。
岸和田市のスレートの大きさ
飛散した部分に新しいスレートを葺きました。

「長い」と記している部分はスレート1枚を使用していて、「短い」と記している部分はスレートをカットしています。

長いスレートを葺いた部分は上に既存のスレートがありますので釘留めする部分が隠れているため、シーリングを併用して葺きました。
岸和田市で簡易足場を設置しての作業
M様邸の屋根は勾配がきつく、作業する際に危険が伴いました。

屋根まで落下防止の足場を設置しましたが、今回は屋根足場を設置しなかったので、足場にロープをくくり付けて簡易足場を設置しての作業になりました。
岸和田市の飛散したスレート復旧完了
ケラバ水切り及びスレートの飛散した部分のスレートの復旧完了です!

M様邸は以前、屋根を塗装されていますので、できるだけ近い色のスレートで復旧させていただきましたが、どうしても色の差が出てしまいます。修理した箇所が目立たないように塗装することも可能ですので、別途費用が掛かりますが気になる方はお申し付け下さい。

屋根を防水しているのはスレートではなく下に控えているルーフィングですので、スレートが剥がれてもすぐに雨漏りする可能性は低いですが、ルーフィングが破損していると雨漏りに直結してしまいますので、必ず点検しましょう。

次は棟の修理の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747