オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の台風で剥がれた軒天井の化粧合板をケイカル板に張替!


岸和田市の軒天井の修理です。K様邸は重量鉄骨造の2階建てで、台風で屋根の化粧スレートや棟の板金などが飛散するなどの被害に遭い、2階のお部屋の天井で雨漏りが発生しました。この記事では破損した軒天井板の張替の様子をご紹介します。

軒とは外壁よりも突き出た部分のことで、その裏面に張った板などの仕上げを軒天井と言います。K様邸の軒天井には化粧合板を張っているのですが、台風の強風で表面が剥がれてボロボロになっていました。今回の修理で屋根・外壁の塗装もされるので軒天井もきれいになりますが、先に表面が剥がれたり劣化して強度が低下している部分の軒天井を張り替えて耐久性を向上させます。
岸和田市の台風で破損した軒天井を貼り替えます
軒天井の被害状況です。ここは2階の屋根の裏面で、化粧合板を張って仕上げていました。
化粧合板とは薄いベニヤ板を何枚も貼り重ねて加工し、表面に色や模様をプリントした板を張った合板のことです。
ベニヤ板を接着剤で張り合わせていますので、何度も水に濡れたり、湿気が多い箇所に用いると、接着効果が低下して表面が剥がれてくることがあります。K様邸は台風の強風で軒天井の表面が剥がれてしまいました。
被害に遭った軒天井を張り替える際に、ベランダに設置しているテラス屋根の波板があると作業できないのですが、波板も台風でほとんど飛ばされている状態で、この工事で張り替えることになっていますので、先に波板を撤去してから作業します。
岸和田市の2階の軒天井板を撤去しました
テラスの波板を撤去し、破損した軒天井も剥がしました。
(テラス屋根と軒天井の隙間が狭いので波板があると作業できませんでした)

軒天井の板を撤去すると、屋根の下地の垂木や野地板が見えます。昔は軒天井になにも張らず、垂木などをそのまま見せる仕上げが多かったのですが、雨水が直接あたって大事な構造部分を腐食させることがありますので、化粧合板やケイカル板などの仕上げ材を張って保護することが多くなています。
岸和田市の既存の軒天井板を撤去し下地を設置
テラス屋根と軒天井との隙間が狭く、湿気がこもりやすいので、同じ化粧合板を張るとまた同じ症状が出てくる可能性があるため、この工事ではケイカル板(ケイ酸カルシウム板・建物の内装や外装で使用する建材)で復旧させていただきます。

ケイカル板をしっかりと固定するために、下地を設置していきます。
岸和田市の軒天井にケイカル板を張ります
続いてケイカル板を張っていきます。

既存の化粧合板とケイカル板の表面の仕上げが異なりますが、この部分は家の裏側で、テラス屋根に隠れてほとんど見えないので、ケイカル板を採用しました。(見た目にあまり影響を与えないため)
岸和田市の軒天井に小屋裏換気口を取付けました
小屋裏換気高口の蓋も破損していたので交換しました。

小屋裏とは天井裏から屋根の下の空間のことで、そこに外気を取り込んで換気することを小屋裏換気と言います。
軒天井や棟に開口を開け、専用の専用の部材を取付けて外気を出入りさせることで換気を行っています。
岸和田市の軒天井を塗装して仕上げます
台風被害に遭った2階の軒天井を張り替えました。

現状でも美しいのですが、既存の軒天井と色が異なり目立ってしまいますし、保護を兼ねて塗装して仕上げます。
K様邸はこの工事で屋根と外壁の塗装をされるので、その時に同時に塗装しました。
岸和田市の軒天塗装完了後
塗装後の様子です。

既存の軒天井と表面の仕上げのデザインが異なっていますが、塗装して仕上げたのでそれほど目立ちません。湿気がこもりやすいテラス屋根の上の軒天井もケイカル板に張り替えたので、以前のように表面がボロボロに剥がれてくることはありません。
岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています
1階の軒天井の張り替えも行います。

この部分はベランダの下端の軒で、ベランダの床に水が廻ったことで軒天井に雨漏りしていました。
軒天井を張り替えると見た目はきれいになりますが、ベランダに水が廻るとまた同じように傷んできますので、この工事でベランダの防水も行い、メンテナンスします。
この記事では、軒天井の張替の様子をお伝えします。
岸和田市の傷んだ軒天井板を撤去します
1階の軒天井は劣化が進んでいたのですべて張替えます。
既存の軒天井を解体して撤去していきます。

水が廻り、強度が低下していたので簡単に剥がすことができました。
岸和田市の軒天の補強の下地を設置
ケイカル板をしっかりと固定するために補強の下地を設置しました。

下地が弱いと新しい板を張っても強風で飛ばされる可能性があるため下地もきちんと補強しています。
岸和田市の1階の軒天井板も張り替えました
続いてケイカル板を張り、破損していた軒裏換気口の蓋も交換完了!
岸和田市の1階軒天塗装完了
屋根・外壁塗装の際に同時にきれいに塗り込みました。
見た目も美しく、また、以前よりも耐久性が向上しています。
岸和田市のテラスの波板を張り替え
工事の最後に飛散したテラス屋根の波板もきれいに張り替えました。
既存の波板は塩ビ製で、劣化が進むと割れやすくなることから、以前よりも耐用年数が長くなるようにポリカ波板に張り替えました。ポリカ波板は柔らかく衝撃に強いという特徴があり、塩ビ製のように劣化での変形や変色も少ないという利点があります。塩ビ波板よりも長期に渡って使用できるのがポリカ波板です。屋根の下も以前よりも明るくなりました。

軒天井は普段はあまり気にしない部分かもしれませんが、軒天井が傷むと屋根の大事な構造部分が劣化する原因にもなりますので、異変を感じたら業者に相談ましょう。

次は屋根・外壁塗装前のシーリング工事の様子をご紹介します。


この現場ブログの他の工事は下記のリンクよりご覧になってください  









同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の強風で剥がれた軒天井の撤去工事を行いました!

岸和田市の強風で外れた軒天
岸和田市の強風で外れた軒天を撤去
工事内容
破風板・軒天部分補修
台風
使用素材
梯子作業
築年数
築約32年
建坪
約22坪
保証
なし
工事費用
約4.8万円
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の軒天・軒裏

皆さまこんにちは。街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、急に冷え込んだり、気温が上がったりと寒暖差が激しく体調を崩しやすいのでお気をつけ下さいね。・・・・・・・・・・・・・・・・さて、今回は「軒天・のきてん」についてお話していきたいと思い...........

軒天とは

岸和田市の軒天の剥がれの現地調査です。「2階の軒下のトタンが外れて落ちそうになってるんです。近所に迷惑が掛からないように外してもらえますか?」というご相談をいただきました。

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747