オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市のラバーロックした瓦が数枚まとめてズレたとのご相談です


泉大津市の屋根の調査です。N様邸は片流れの瓦屋根で、台風で瓦がズレてしまい、台風の後に近所に修理に来ていた業者の方にブルーシートで応急処置をしてもらったそうです。その後、修理の話が進まず3回ほど応急処置をし直し、いつまでもこのままでは見た目も悪いし心配だ、とのことで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。N様邸の屋根は以前ラバーロック(シーリングで瓦と瓦を繋げて固定する工法)をされていて、袖瓦が2列繋がった状態でズレていました。
泉大津市の台風被害に遭った屋根の調査
N様邸は片流れの屋根(一方向だけに流れ・勾配がある屋根)で、玄関側は棟(屋根の頂点の水平部)側になります。
被害に遭ったのは向かって左側の袖瓦です。(袖瓦とは屋根の流れの一番端の施工する瓦のことです)
2階建てですが、1部は3階になっていますので、屋根の勾配がかなりきつい屋根になります。応急処置をしてくれた業者の方は、裏側の低い屋根から屋根の上に登ったとのことで、そこから確認することになりました。
泉大津市の波板が飛散し張りじまいができません
屋根を調査する前に、テラス屋根のご相談がありました。
台風で2階のテラス屋根の波板が飛散し、ご自身で貼られたそうですが、最後の一枚が貼れない、とのことです。
テラスの波板は下から脚立などにのって貼ることができますが、最後の一枚は屋根の上に上るか、テラスの外側から貼らないといけないため、大変危険です。N様邸は特に、建物の形状で2階でも3階相当の高さがあります。
泉大津市の裏側の波板も飛散
家の裏側にもテラス屋根がありましたが、波板がすべて飛散していました。
N様邸はお隣の家との間が狭く、はしごを立てる場所が裏側しかありません。屋根の調査や修理をする際に、波板がない方が間から体を入れることができるので便利だと判断し、修理をされていませんでした。
泉大津市の屋根の調査状況
網板が飛散したテラスの骨組みの間にはしごを入れて、屋根に立てかけて調査をしました。

N様邸の屋根は急こう配ですので、当日屋根に上がることは控えて軒先から確認することになりました。(片流れの屋根ですので、軒先から屋根全体を見ることができます)
幸い、被害当初の様子をカメラで撮影されていたので、状況がほとんど確認できたこともあります。
泉大津市の屋根が応急処置されています
軒先から確認すると、屋根の端をブルーシートで覆って応急処置されているのが見えました。
軒先から見る限り、割れている瓦を除き、飛散したりズレている瓦はありませんでした。

応急処置しているブルーシートや土のうは紫外線や雨風の影響で次第に劣化してきます。N様邸も、数か月後には大きな音がして土のうが一つ地面に落ちてきたそうです。
泉大津市の袖瓦がまとめてずれています!
台風の被害に遭った直後の様子です。近所の家にお邪魔して撮影させてもらったそうです。屋根全体が映っていますので、修理のご提案をする時に参考になります。

向かって右側の袖瓦が2列、数枚繋がった状態で下にズレています。上記でご説明しましたが、N様邸は瓦のラバーロックをされています。ラバーロックは、シーリングを充填して瓦と瓦を繋げて補強する工法のことで、瓦がバラバラに飛散するのを防ぐというメリットがありますが、想定外の強風や地震の揺れを受けた時に、このように瓦がまとめてズレることがあります。ですが、瓦を繋げている強力なシーリングが切れるくらいの風を受けたわけですから、ラバーロックしていなかったらもっと被害が拡大していたかもしれません。また、白い点線部の瓦は、何かがぶつかったのか割れていました。
屋根の被害箇所を写真で確認し、修理のご提案をさせていただき、屋根の修復工事を行うことになりました。
泉大津市で足場を設置しました
N様邸は屋根が急こう配で、被害箇所が袖瓦部という、屋根の端になります。
職人が安全に作業できるように、足場を部分的に建てさせていただきました。
泉大津市の屋根の面戸漆喰が剥がれています
足場を設置し、応急処置をめくって被害状況を詳しく確認しました。
右側がズレてしまった袖瓦部です。また、棟の面戸漆喰も数カ所で剥がれていました。
面戸漆喰とは、瓦と瓦との隙間を埋める漆喰のことです。
泉大津市の瓦がシーリングで繋がっています
こちらがズレた瓦です。
瓦同士がシーリングで繋がった状態でズレて、下地の葺き土がむき出しになっています。
横には剥がれた棟の面戸漆喰が落ちていました。
泉大津市の屋根の葺き土が流れています
棟付近はむき出しになった葺き土がその後の雨で流れていました。
下葺きの防水シートがありますが、このシートは昔のもので経年で破損しやすいので応急処置されていなかったら雨漏りしたかもしれません。
泉大津市の屋根の瓦が割れています
まとまってズレた瓦がぶつかったのか、すぐ隣の瓦が割れていました。
屋根面の瓦が割れると、雨水が流れてくる過程で内側に浸入して雨漏りすることがあります。

N様邸の修理は割れた瓦を差替え、ズレた瓦を復旧し、ビス留めして補強、そして玄関側の波板の張りじまいを行います。

次は屋根修復工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747