オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

阪南市で屋根の瓦が落下したとのご相談でお見積りの調査に伺いました


阪南市の屋根の調査です。「台風で屋根の瓦が落ちたりズレるなどの被害を受けて、業者に依頼してブルーシートで応急処置はしたけどその後の見積もりが届かないので、調査して修理の見積もりをいただけませんか?」とのご相談をいただきました。
阪南市の屋根修理の見積もりの調査です
S様邸の屋根は土葺きの瓦屋根で、台風の強風で瓦がズレていました。袖瓦は数枚が飛散し、代用の瓦を入れて仮復旧されている状態です。瓦が割れている部分もありましたが、全体的にズレていたので、修理の際にはまずは瓦のズレを戻さないといけません。瓦がズレると隙間が生じ、雨漏りすることがあります。また、瓦の隙間に強風が吹き込むとめくれ上がる危険性があります。
阪南市の袖瓦がズレています
詳しい屋根の被害状況です。
袖瓦が大きくズレていました。袖瓦とは、屋根の流れの方向の一番端に葺く瓦のことで、この部分はケラバになり、ケラバ瓦とも言います。
阪南市の屋根の瓦を並べて土のうで押さえています!
屋根の上から見た様子です。
袖瓦が数枚落下して代用の瓦をのせて上から土のうで押さえて応急処置されていました。また、棟の端に葺いている棟巴もズレていたのか土のうを重しにしていました。

棟とは屋根の頂点の水平部分で棟巴は棟の端、袖瓦の取り合い部に施工する瓦です。
阪南市の反対側の棟巴も土のうで押さえています
反対側の棟巴にも土のうをのせて応急処置されていました。
棟巴は袖瓦の一番上に葺く瓦で、屋根の頂点部になりますので風や地震の揺れをまともに受けてしまいます。そのため、ズレたり落下しないように銅線を通して固定されているのですが、その銅線が切れていました。
阪南市の冠瓦がズレています
棟瓦は飛散してはいませんでしたが、一番上に葺いている冠瓦がズレていました。棟は棟巴と同様に、屋根の一番高い位置にありますので、銅線を通して固定されているのですが、銅線が経年で緩んだり、切れることがあると、瓦が動いたり飛散する可能性が高くなってしまいます。
阪南市の谷樋の漆喰が剥がれています
棟の四角いのし瓦もズレていました。また、谷樋の際に詰められている漆喰もポロポロと剥がれています。
谷樋とは屋根の谷部分に設ける雨樋のことで、両際には屋根面の瓦を葺くための葺き土があります。その葺き土が雨水で流れないように、また、雨水が内部に浸入するのを防止するために漆喰が詰められています。
阪南市の軒先瓦が割れています
軒先瓦も割れていました。
軒先瓦が割れても部屋内に雨漏りすることはありませんが、軒先から雨水が染み込んで屋根の重要な下地板を腐食させてしまいます。また、割れ方によっては、屋根に落ちてきた雨水が下にある軒樋に落ちる前に漏れてしまうことがあります。
阪南市の屋根に発砲スチロールを挟んで瓦を固定
地瓦(屋根面の瓦)も飛散している箇所があり、代用の瓦を差し込んで応急処置されていました。
似た瓦を用いても形状や大きさが異なることがありますので、差し込んだ時に、隙間があいたり奥まで入らないなど、うまく納まらないことがあります。S様邸の地瓦もうまく納まっておらず、生じた隙間に発泡スチロールを挟んでテープで固定されていました。修理工事では、まずは瓦のズレを戻して熟練の屋根職人が隙間なくきちんと納めさせていただきますのでご安心ください。
阪南市の屋根の瓦が全体的にズレています
S様邸の屋根の瓦は全体的にズレが生じていました。屋根の上を歩くと、カタカタと瓦が動いていたので下地の葺き土が乾燥して痩せてきているのでしょう。
修理のご提案は台風の被害箇所の修復と、瓦のズレを戻し、今後の台風に備えてシーリングで瓦同士を繋いで補強する作業も加えさせていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根のことはもちろん、住まいのご相談も承っておりますので、気になることがありましたら何でもお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の木製テラスを補強してポリカ波板に張り替えた施工事例

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板の張替
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート波板(ブロンズ・4尺(1220mm)9枚)波板ビス(ポリカ座金)
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
1年
工事費用
約7.7万円(税込み・波板張替え工事のみ)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747