オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市のズレた瓦を持ち上げてコーキングでズレを防止しました!


泉大津市の屋根全体の瓦が波打っています
泉大津市の平屋で押入れの天井に雨漏りが発生し、現地調査を行ったところ、屋根全体の瓦がズレてきていることが分かりました。
昔の屋根は、ほとんどが土葺き工法で、葺き土の上に瓦をのせて葺く工法の屋根でした。
土葺き工法は、土と瓦を密着させて固定しているので、年月とともに土が痩せてくると瓦が動きやすくなってしまいます。(最近の屋根は瓦を釘で固定しています)
泉大津市の瓦がズレて隙間が開いています
瓦がズレると、写真のように瓦同士の間に隙間ができて、雨水が入りやすくなってしまいます。
また、強風の影響で、瓦が落下する可能性もありますので、瓦のズレを見つけたら出来るだけ早めに業者に見てもらいましょう。
今回は屋根全体の瓦がズレてきていましたが、雨漏りを止める範囲のみの工事となりましたので、屋根の約半分の瓦のズレを直します。
泉大津市の既存のコーキングに切り目を入れます
こちらのお宅は、以前にも雨漏りされたことがあり、その時の修理で部分的に瓦のズレ防止でコーキングを充填していました。
そのコーキングがあると瓦同士がくっついているので、ズレをきちんと直せません。ですので、カッターでコーキングに切り込みを入れて瓦を動くようにします。
泉大津市の瓦を上に持ち上げます
次に、木の板を瓦の先に水平に当てて、トントン、と持ち上げて瓦のずれを修正します。
今回は屋根全体の瓦がズレているので、先にある程度ズレを戻しておきます。
泉大津市の瓦を一枚一枚ズレを直します
全体的に瓦を持ち上げた後、ズレがひどい瓦を一枚一枚叩いてズレを修正していきます。
瓦のズレは下地の土が痩せてくることで発生します。瓦は土で密着して固定しているので、土が痩せると接着力が弱くなり、瓦が動きます。瓦が動くと、隙間ができ、そこから雨水が浸入して更に土が流されて・・・・、と悪循環になります。
そうならないように、瓦同士をコーキングでくっつけてズレを防止します。
それを「ラバーロック」と言います。
泉大津市の瓦をコーキングでズレを防止します

地震の揺れや台風時の強風などで瓦がズレることもあります。そういう時にこの「ラバーロック」が有効です。

しかし、施工方法を間違えるとかえって雨漏りしたり、屋根に悪影響を与える可能性があります。
例えば、瓦の周囲にコーキングを充填して隙間を完全に埋めてしまうと、瓦の内側に湿気が溜まり、下地の野地板を腐食させてしまうことがあります。そうなると、屋根自体を葺き替えないといけない事態に陥り、工事費用が高額になってしまいます。
泉大津市で行ったラバーロック完了

また、瓦の下部分をコーキングで埋めてしまうと、換気が悪くなる上に、万が一瓦の下に雨水が浸入した時に雨水の逃げ場が無くなってしまい、部屋内に出てしまう可能性があります。
そうならないように、コーキングは必ず瓦の山になっている部分(瓦の高い位置)のみに施工し、隙間を確保することが正しい施工方法です。
コーキングを最小限に充填すると、見た目にもあまり影響しません。
泉大津市の瓦の隙間が広い部分には板金を挿入
今回は、瓦のズレがひどく、下地の土の状態もあまりよくなかったので、隙間がきちんと納まらない箇所がありました。
隙間が広い箇所には板金を挿入したので、これにより瓦が動くのを押さえつつ、雨水が奥まで浸入するのを防ぐことができます。
泉大津市の外壁のひび割れもコーキングで補修
同時にに外壁のひび割れにもコーキングを充填して補修しました。
外壁のひび割れは、大きさや深さにもよりますが、雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。ですので、大きいひび割れはコーキングで処置させていただきました。
雨漏りして初めて瓦のズレに気づくことが多いですが、瓦のズレを放置し続けると、確実に屋根に悪影響を及ぼします。
瓦にズレが生じて隙間が開き、その隙間から雨水が浸入し、雨漏りに発展したり下地の腐食の原因にもなり得ます。
被害が拡大すると、その分修繕費用も増えますので、被害を最小限に抑えるためにも定期的に点検をしてもらいましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検も行っていますので、この記事を読んで気になる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747